あれもこれも!!ザ・昭和の時代を駆け抜けたお勧めのオールディーズを動画でプレイバック!!!!


スウィート・ホーム・シカゴ(Sweet Home Chicago)/ロバート・ジョンソン

年度1937年昭和12年
作詞・作曲Robert Johnsonロバート・ジョンソン
アーティストRobert Johnsonロバート・ジョンソン

スウィート・ホーム・シカゴはアメリカのブルース歌手ロバート・ジョンソンが1937年に発表した楽曲。ブルースの定番であり伝説的な存在となっているこの曲はブルースギターの入門曲となっている。
1980年に封切られたジョン・ベルーシ、ダン・エイクロイド主演のアメリカ映画『ブルースブラザーズ』でもこの曲が使用された。
2004年にはアメリカのロック歌手エリック・クラプトンもこの曲をカバー、アルバム『ミー&Mr.ジョンソン』に収録された。

►スウィート・ホーム・シカゴ(Sweet Home Chicago)の歌詞はこちらから
Robert Johnson ディスコグラフィー

Robert Johnson(Blues Brothers) - Sweet Home Chicago





コンプリート・レコーディングス~センテニアル・コレクションコンプリート・レコーディングス~センテニアル・コレクション
ロバート・ジョンソン
商品詳細を見る
生誕100年を超えたいまもブルースのみならずロック・シーンにまで多大なる影響を与え続ける偉大なるブルース・マンが、27年というその短い生涯にレコーディングした全27曲....


(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-470.html

谷間に三つの鐘が鳴る(Three Bells)/ザ・ブラウンズ

年度1939年昭和14年
作詞Bert Reisfeldベルト・ライスフェルト
作曲Jean Villard-Gillesジャン・ヴィラール・ジル
アーティストThe Brownsブラウンズ

オリジナルはフランスのシャンソンであり、タイトルは「Les Trois Cloches」1939年にエディット・ピアフ(Edith Piaf)が歌っている。
邦題「谷間に三つの鐘が鳴る」多くのミュージシャンにカバーされたスリー・ベルズだが1959年にアメリカの男女3人のカントリー・グループ 、ブラウンズが発表したバージョンがランキングで全米1位となり世界的に最も良く知られるようになった。

►谷間に三つの鐘が鳴る(Three Bells)の歌詞はこちらから
The Browns ディスコグラフィー

The Browns - Three Bells





Complete Pop & Country HitsComplete Pop & Country Hits
Browns
商品詳細を見る
アメリカのアカペラグループ、ザ・ブラウンズ。アメリカン・テイストをいっぱい詰め込んだベストアルバム日本では入手困難!貴重価値がありそう。全24曲


(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-448.html

アイ・ワナ・ビー・ラブ・バイ・ユー(I Wanna Be Loved By You)/マリリン・モンロー

年度1928年昭和 3 年
作詞Bert Kalmarバート・カルマル
作曲Herbert Stothart
Harry Ruby
ハーバート・ストサート
ハリー・ルビー
アーティストMarilyn Monroeマリリン・モンロー

プップッビドゥ~!でお馴染みのこの曲アイ・ワナ・ビー・ラブ・バイ・ユーのオリジナルは1928年のミュージカル「グッド・ボーイ(Good Boy)」のために書き下ろされた楽曲、パラマウント映画の漫画キャラクター、ベティ・ブープ(Betty Boop)のモデルとなったヘレン・ケイン(Helen Kane)が歌った。
1950年には、フレッド・アステア主演のアメリカのミュージカル映画『土曜は貴方に』でもこの曲が使われている。
監督ビリー・ワイルダー、主演マリリン・モンロー、トニー・カーティス、ジャック・レモン1959年に公開されたアメリカ・コメデ映画『お熱いのがお好き(Some Like It Hot)』のワンシーンで使わた。邦題は「あなたに愛されたいのに」、この曲が最も世界的に知られるようになった。

►アイ・ワナ・ビー・ラブ・バイ・ユー(I Wanna Be Loved By You)の歌詞はこちらから
Helen Kane ディスコグラフィー
Marilyn Monroe ディスコグラフィー

Marilyn Monroe - I Wanna Be Loved By You





ラブ!マリリン マリリン・モンロー・オリジナル・レコーディング集 1953-1958ラブ!マリリン マリリン・モンロー・オリジナル・レコーディング集 1953-1958
マリリン・モンロー
商品詳細を見る
永遠のアイドル、マリリン・モンローの歌声を。女優としてのマリリンは広く知られているのに、彼女が「歌手であった」事を 記憶している人がどれくらいいるのでしょうか?このアルバムを聴いてみてください。なんとステキな歌声でしょう?セクシー でコケティッシュ。どこを聴いてもマリリンです。


(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-398.html

嘘は罪(It's a Sin to Tell a Lie)/ファッツ·ウォーラー

年度1936年昭和 11 年
作詞・作曲Billy Mayhewビリー·メイヒュー
アーティストFats Wallerファッツ·ウォーラー

パット・ブーンの歌でよく知られているこの曲イッツ・ア・シン・トゥ・テル・ア・ライ 邦題は『嘘は罪』1936年ビリー·メイヒューによってこの曲が書かれ歌手ケイト・スミス(Kate Smith)が歌いました。
後にジャズピアニスト、ファッツ·ウォーラーがこの曲をカバーした事で有名になり、スタンダードナンバーとして多くのアーティストによってカバーされるようになりました。
日本では、『天使のダミ声』木村充揮率いるブルース・バンド憂歌団(ゆうかだん)がこの曲をリメイクしていました。

►嘘は罪(It's a Sin to Tell a Lie)の歌詞はこちらから
Fats Waller ディスコグラフィー
憂歌団 ディスコグラフィー 

Fats Waller - It's a Sin to Tell a Lie





浮気はやめた浮気はやめた
ファッツ・ウォーラー
商品詳細を見る
ジャズを始めるならこのアーティストから!ダミ声で味のあるな歌を聴かせるヴォーカル、ジャズピアニストでもあるファッツ・ウォーラー底抜けに明るいジャズを聴かせてくれる。定番スタンダードを集めたベストアルバム。


嘘は罪 - 憂歌団





Complete Best 1974-1997+LIVE アナログ(紙ジャケット仕様)(DVD付)Complete Best 1974-1997+LIVE アナログ
憂歌団
商品詳細を見る
フォーライフレコード設立35周年企画第2弾!!伝説のブルーズバンド 憂歌団のベストが Blu-spec CD(高品質CD)紙ジャケットで登場!トリオレコード、ワーナー、そしてフォーライフ、3つのレーベルの垣根を越えたコンプリートベスト!1970年結成....


(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-333.html

いつか王子様が(Someday My Prince will Come)/アドリアナ・カセロッティ

年度1937年昭和 12 年
作詞Larry Moreyラリー・モリー
作曲Frank Churchillフランク・チャーチル
アーティストAdriana Caselottiアドリアナ・カセロッティ

サムデイ・マイ・プリンス・ウィル・カム は1937年にディズニー・アニメーション・ミュージカル映画映画「白雪姫」の中で白雪姫の声を担当したアドリアナ・カセロッティ が歌い紹介されました。
マイルス・デイビス、ビル・エバンス、オスカーピーターソン 、ハービーハンコックなどのジャズ演奏でよく知られ、スタンダード・ナンバーとなりました。ジャンルを越えて多くのアーティストの間でカバーされるようになり、広く愛されてきた名曲です。

►いつか王子様が(Someday My Prince will Come)の歌詞はこちらから
Walt Disney Wikipedia
Disney オフィシャルサイト

Adriana Caselotti - Someday My Prince will Come





白雪姫 ダイヤモンド・コレクション/ブルーレイ (本編DVD付) [Blu-ray]白雪姫 ダイヤモンド・コレクション/ブルーレイ (本編DVD付) [Blu-ray]
ディズニー
商品詳細を見る
世界初、ディズニー初の長編クラシックスアニメーション『白雪姫』が、70年以上の時を経てディズニー新ブランド“ダイヤモンド・コレクション”として初めてブルーレイディスク化!オリジナルネガにまで立ち戻っての新技術を活用したブルーレイデジタルリマスターによる、美しい画像と迫力の7.1ch(ブルーレイのみ)サラウンドを実現!製作の舞台裏をバーチャルで見ることができる“ハイペリオン・スタジオのバーチャル・ツアー”などブルーレイならではのボーナス・コンテンツを多数収録!


Bill Evans Trio - Someday My Prince will Come





ポートレイト・イン・ジャズ+1ポートレイト・イン・ジャズ+1
ビル・エヴァンス
商品詳細を見る
名盤「ワルツ・フォー・デビー」「アンダーカレント」「サンデー・アット・ビレジバンガード」と並ぶビル・エバンス代表的アルバムの中の一枚買って失敗しない商品です。「サムデイ・マイ・プリンス・ウィル・カム 」もこのアルバムに収録されています。


サムデイ・マイ・プリンス・ウィル・カム+2サムデイ・マイ・プリンス・ウィル・カム+2
マイルス・デイヴィス
商品詳細を見る
ウィントン・ケリー(p)ハンク・モブレー(sax)ポール・チェンバース(b)ジミー・コブ(ds)というラインナップで録音された作品。タイトル曲でもあるディズニー映画主題歌の一曲目「サムデイ・マイ・プリンス・ウィル・カム」が収録「オールド・フォークス」「アイ・ソート・アバウト・ユー」の二曲のバラードも素晴らしい。ゲストで一曲にジョン・コルトレーン(sax)も参加している。


(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-48.html

全記事表示リンク
Tag List

サイト内キーワード検索

> tags
ロックンロール 50’s スイング・ジャズ アメリカのジャズバンド 60’s ブルース アメリカの男性シンガーソングライター エルヴィス・プレスリー 全米No.1ヒット 90’s ハードロック ディープ・パープル ラテン インストゥルメンタル 70’s ディスコ ポップ 映画で使われた曲 ポップ・ロック カントリー バブルガム・ポップ アメリカの男性ポップ歌手 イギリスのグループ ビージーズ 映画の主題歌 全英No.1ヒット イギリスのロックバンド 80’s アダルト·コンテンポラリー イギリスの男性ロック歌手 ビートルズ イージーリスニング デュエット曲 アメリカのポップ・デュオ ブルー・アイド・ソウル プログレッシブ・ロック ハード・ロック ニュー・ウェーヴ ニューエイジ カントリー・ロック イーグルス レゲエ R&B カンツォーネ フォーク・ロック ユーロ・ポップ アダルト・コンテンポラリー ブルース・ロック アメリカのロック・バンド ソウル ジャズ・ファンク フュージョン ブギウギ カーペンターズ ソフト・ロック グラミー賞 イギリスの女性シンガーソングライター アメリカの女性ヴォーカルグループ イギリスの女性歌手 カナダの女性ジャズ歌手 スムーズジャズ アメリカの女性シンガーソングライター スーパーグループ アメリカのフォークグループ AOR アメリカの男性ポップ・デュオ ファンク ダンス・ポップ マイケル・ジャクソン イギリスの男性歌手 シャンソン ミュージカル サイケデリック・ロック ジャズ・スタンダード アメリカの女性R&B歌手 アカデミー歌曲賞 40’s アメリカの女性ジャズ歌手 アメリカの女性ポップ歌手 クリスマスソング アメリカの男性ヴォーカルグループ ラテン・ポップ エルトン・ジョン イギリスの男性シンガーソングライター イタリアの男性歌手 ヘヴィメタル アメリカの男性カントリー歌手 バート・バカラック アメリカの女性歌手 アメリカのロックバンド ブラス・ロック シカゴ ダンス アメリカの男性R&B歌手 CMソング アメリカの作曲家 ビッグバンド アメリカのファンクグループ ゴスペル フランク・シナトラ ディズニー・ソング ヒップホップ アメリカの男性ロック歌手 ロカビリー ガールズバンド ジャズ・ファンク アカペラ アメリカのヴォーカルグループ ビー・ジーズ マリリン・モンロー アメリカの映画女優 モータウン グラム・ロック アート・ロック クイーン パンク・ロック アメリカの女性カントリー歌手 アントニオ・カルロス・ジョビン ボサノヴァ アンディ・ウィリアムス ダイアナ・ロス イギリスの男性ポップ・デュオ アメリカの男性R&Bボーカルグループ ドゥーワップ オーストラリアの女性歌手 オリビア・ニュートン・ジョン ダスティ・スプリングフィールド イギリスの女性ソウル歌手 サイケデリック・ポップ グロリア・エステファン フランキー・ヴァリ アメリカのR&Bボーカルグループ アメリカの男性ジャズ歌手 スプリームス 日本でリメイクされた曲 フレンチポップス イギリスの女性ポップ歌手 イギリスの女性ヴォーカルグループ アメリカの女性ボーカルグループ アメリカのジャズ・ピアニスト レイ・チャールズ ディオンヌ・ワーウィック ロッド・スチュワート イギリスのヴォーカルグループ マドンナ ジョン・レノン サイモン&ガーファンクル ナット・キング・コール イギリスの男性ポップ歌手 フォーク ルイ・アームストロング ディキシーランド・ジャズ ワルツ アメリカの男性ボーカルグループ チャック・ベリー ア・カペラ ラテン・ロック グレン・ミラー エラ・フィッツジェラルド 浅川マキ トニー・ベネット TVのテーマ曲 アメリカの男性歌手 ベニー・グッドマン ブルーノート ファンキー・ジャズ ソウル・ジャズ ブラジルの女性ジャズ歌手 ローズマリー・クルーニー ブラジルの男性シンガーソングライター イージー・リスニング フランスのシャンソン歌手 ジュリー・ロンドン イギリスの女性R&B歌手 ダイアナ・クラール アメリカのミュージカル女優 アストラッド・ジルベルト コール・ポーター