ブルームーンあれもこれも!!ザ・昭和の時代を駆け抜けたお勧めのオールディーズを動画でプレイバック!!!! 

このページの記事目次 (カテゴリー: 1976年の洋楽

← 前のページ  

ホテル・カリフォルニア(Hotel California)/イーグルス

   ↑  2010/04/10 (土)  カテゴリー: 1976年の洋楽
年度1976年昭和 51 年
作詞・作曲Donald Hugh Henley
Glenn Lewis Frey
Don Felder
ドン・ヘンリー
グレン・フライ
ドン・フェルダー
アーティストEaglesイーグルス

ホテル・カリフォルニアは5人のメンバーで構成されたアメリカのロックバンド、イーグルスが1976年に発表した曲である。アルバム・タイトルと同名である『ホテル・カリフォルニア』に収録された。
1977年にシングル・カットされ全米シングル・チャートでナンバーワンを記録 この曲が収録されたスタジオアルバムも全米アルバム・チャートにおいて8週連続全米第1位を記録、洋楽史上最大のヒットとなった。このアルバムはゴールド・ディスクの認定を受け1978年にはグラミー賞最優秀レコード賞も獲得した。
※架空のホテル「ホテル・カリフォルニア」を舞台に曲作りがされた。

►ホテル・カリフォルニア(Hotel California)の歌詞はこちらから
Eagles ディスコグラフィー

Eagles - Hotel California





ホテル・カリフォルニア(SACD/CDハイブリッド盤)ホテル・カリフォルニア(SACD/CDハイブリッド盤
イーグルス
商品詳細を見る
20世紀を代表する不滅の最高傑作アルバム。本作よりバーニー・リードンに代わりジョー・ウォルシュが参加。よりパワフルかつ切れ味のよいサウンドがここに完成(1976年/第5作目/全米アルバム・チャート:8週連続第1位)◎SACD/CDハイブリッド盤

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカのロックバンド カントリー・ロック ソフト・ロック 全米No.1ヒット グラミー賞 70’s イーグルス 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-192.html

2010/04/10 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

二人だけ(We're All Alone)/ボズ・スキャッグス

   ↑  2010/01/06 (水)  カテゴリー: 1976年の洋楽
年度1976年昭和 51 年
作詞・作曲Boz Scaggsボズ・スキャッグス
アーティストBoz Scaggsボズ・スキャッグス

邦題は「二人だけ」ウィ・アー・オール・アローンはアメリカのシンガーソング・ライター、ボズ・スキャッグスが1976年に発表、アルバム『シルク・ディグリーズ(Silk Degrees)』に収録れた。アダルト・コンテンポラリーまさに大人の楽曲、バラードを切なく歌いあげています。
カバーをしたアーティストも多くその中でも1977年にアメリカのシンガー(リタ・クーリッジ)がカバーを行いアルバム『エニー・タイム・エニー・ホエア』に収録されたこの曲がシングルカットされ全米ビルボードHOT100で第7位を記録し大ヒットさせています。彼女の歌声も馴染みが深いのではないでしょうか?

►ウィ・アー・オール・アローン(We're All Alone)の歌詞はこちらから
Boz Scaggs ディスコグラフィー

Boz Scaggs - We're All Alone





シルク・ディグリーズ(紙ジャケット仕様)【2012年1月23日・再プレス盤】シルク・ディグリーズ
ボズ・スキャッグス
商品詳細を見る
1976年に発表され、ボズを一躍トップ・スターへと押し上げた代表的名盤。後にTOTOとなるロス周辺のミュージシャンを起用し、その洗練されたサウンドに乗ってスムーズに歌う本作は....

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカの男性シンガーソングライター AOR ソフト・ロック アダルト·コンテンポラリー 70’s 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-171.html

2010/01/06 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |