ブルームーンあれもこれも!!ザ・昭和の時代を駆け抜けたお勧めのオールディーズを動画でプレイバック!!!! 

このページの記事目次 (カテゴリー: 1967年の洋楽

← 前のページ  total 4 pages  次のページ →  

ラストワルツ(The Last Waltz)/エンゲルベルト・フンパーディンク

   ↑  2011/02/01 (火)  カテゴリー: 1967年の洋楽
年度1967年昭和 42 年
作詞Barry Masonバリー・メイスン
作曲Les Reedレス・リード
アーティストEngelbert Humperdinck エンゲルベルト・フンパーディンク

ラスト・ワルツは、1967年に甘いマスクと声で女性に絶大な人気があった英国のポピュラー歌手エンゲルベルト・フンパーディンクが歌って大ヒットしたラブソングです。
全英チャートで1位、全米で25位まで記録された。
当時は同じく英国の歌手トム・ジョーンズと人気を二分していました。彼の代表曲である1967年の大ヒット曲「リリース・ミー」がイギリスで56週連続チャートインしたことはよく知られてます。

►ラストワルツ(The Last Waltz)の歌詞はこちらから
Engelbert Humperdinck ディスコグラフィー

Engelbert Humperdinck - The Last Waltz





ラスト・ワルツ/ベスト・オブ・エンゲルベルト・フンパーディンクラスト・ワルツ/ベスト・オブ・エンゲルベルト・フンパーディンク
エンゲルベルト・フンパーディンク
商品詳細を見る
ワイルドさで人気だったトム・ジョーンズと人気を競っていた、甘くソフトな魅力のヴォーカリスト、エンゲルベルト・フンパーディンク。彼の代表的な名唱を集めたベスト・アルバム。全英で第1位を記録した「ラスト・ワルツ」など、誰もが知っている名曲ばかり。

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : イギリスの男性歌手 ワルツ ポップ アダルト·コンテンポラリー 全英No.1ヒット 60’s 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-258.html

2011/02/01 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

恋のひとこと(Something Stupid)/ナンシー&フランク

   ↑  2010/04/28 (水)  カテゴリー: 1967年の洋楽
年度1967年昭和 42 年
作詞・作曲 Clarence Carson Parksカーソン・パークス
アーティスト Nancy   &  Sinatra
R. Williams & N. Kidman
ナンシー&フランク
R.ウィリアムス&N.キッドマン 

邦題『恋のひとこと』サムシング・スチューピッドは洋楽デュエット曲の定番でもあります。作詞・作曲はアメリカの カーソン・パークス1967年に、フランク・シナトラとナンシー・シナトラとの親子でのデュエットでアメリカ・ビルボードHot 100シングル・チャートでランキング1位を記録し大ヒットした曲です。
スタンダード曲としてカバーも多く2001年にはイギリスの歌手ロビー・ウィリアムスとアメリカの映画女優ニコール・キッドマンとのデュエットで全英ナンバーワンを記録 。日本でも竹内まりや & 大滝詠一とのデュエットでこの曲がカバーされています。

►恋のひとこと(Something Stupid)の歌詞はこちらから
Frank Sinatra  ディスコグラフィー
Nancy Sinatra  ディスコグラフィー
Robbie Williams  ディスコグラフィー

Something Stupid - Frank Sinatra / Nancy Sinatra



ニューヨーク・ニューヨークニューヨーク・ニューヨーク
フランク・シナトラ、ナンシー・シナトラ 他
商品詳細を見る
60,70年代を通じて,リプリーズに残した代表曲を集めたグレイテストもので,フランク・シナトラの魅力を気軽に楽しむことができる。日本だと,「マイ・ウェイ」が代名詞的な扱いを受けているが,もっと軽いタッチで,渋い味がだせるのが彼の凄さだ。


グレイテスト・ヒッツ~恋のひとことグレイテスト・ヒッツ~恋のひとこと
ナンシー・シナトラ、フランク・シナトラ 他
商品詳細を見る
60年代最大のアイドル、ナンシー・シナトラのベスト・アルバム。竹内まりやと大瀧詠一もデュエットした「恋のひとこと/Something Stupid」のオリジナル・ヴァージョンや「にくい貴方」「稲妻の女」「冷たい愛情」「007は二度死ぬ」など日本でもお馴染みの楽曲を多数収録した全26曲。


恋のひとこと Robbie Williams / Nicole Kidman



スウィング・ホエン・ユーアー・ウィニングスウィング・ホエン・ユーアー・ウィニング
ロビー・ウィリアムス、ジェーン・ホロックス 他
商品詳細を見る
UK屈指のスーパースター、ロビー・ウィリアムス。シナトラなどスタンダード・ナンバーのカヴァー集を日本先行発売。ニコール・キッドマンとのデュエットが収録されており、話題必至だ。

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカの男性ポップ歌手 アダルト・コンテンポラリー 全米No.1ヒット デュエット曲 60’s フランク・シナトラ  

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-197.html

2010/04/28 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

青い影(A whiter shade of pale)/プロコル・ハルム

   ↑  2009/11/12 (木)  カテゴリー: 1967年の洋楽
年度1967年昭和 42 年
作詞Keith Reidキース・リード
作曲 Gary Brookerゲイリー・ブルッカー
アーティストProcol Harumプロコル・ハルム

邦題『青い影』ア・ホワイター・シェイド・オブ・ペイルは、1967年にイギリスのロックバンドであるプロコル・ハルムが発表したナンバー。デヴュー曲がいきなり世界的な大ヒットとなる全英6週連続1位、全米最高位5位にランキングされた。作詞キース・リード、作曲はボーカルのゲイリー・ブルッカーが行っています。
マシュー・フィッシャーによる出だしのオルガン演奏がとても印象的であるこの曲はクラッシックの作曲家バッハの組曲からインスパイア(触発)されて制作されたことでも知られています。
この曲は多くのアーティストにも支持をされ影響も与えています。ジョー・コッカー、サラ・ブライトマン、ヘイリー・ロレン等のアーティストにカバーされ、スタンダード曲として映画やドラマなど数多くのシーンでもこの曲が使われています。

►青い影 (A whiter shade of pale )の歌詞はこちらから
Procol Harum ディスコグラフィー

Procol Harum - A whiter shade of pale





青い影+4(K2HD/紙ジャケット仕様)青い影+4(K2HD/紙ジャケット仕様)
プロコル・ハルム
商品詳細を見る
英国の5人組バンド不朽の名曲である67年に発表したデビュー盤「青い影」タイトル・トラックが入った、1967年リリースのデビュー・アルバム。

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : サイケデリック・ロック 全英No.1ヒット 60’s 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-162.html

2009/11/12 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

輝く星座(Aquarius/Let The Sunshine In)/フィフス・ディメンション

   ↑  2009/08/24 (月)  カテゴリー: 1967年の洋楽
年度1967年昭和 42 年
作詞George Ragni
James Rado
ジョージ・ラグニ
ジェームス・ラド
作曲Galt MacDermotガルト・マクダーモット
アーティスト5th Dimensionフィフス・ディメンション

アクエリアスと/ レット・ザ・サンシャイン・インの二つの曲は、1967年にブロード・ウェイのロック・ミュージカル『ヘアー』の中でで初めて紹介されています。
1969年にアメリカ5人組のヴォーカル・グループ、フィフス・ディメンションによって、邦題「輝く星座」が発表され全米ビルボード・シングルチャートで1位を記録、世界的な大ヒットとなり1970年グラミー賞最優秀レコード賞も受賞しています。
このミュージカルで使われた「アクエリアス」と「レット・ザ・サンシャイン・イン」の2曲が順に歌われる構成となっています。
1979年にはミロス・フォアマン監督によって映画化、1994年にはトム・ハンクス主演のアメリカ映画「フォレスト・ガンプ」のオリジナル・サウンドトラックでも使用されていました。

►輝く星座(Aquarius/Let The Sunshine In)の歌詞はこちらから
5th Dimension ディスコグラフィー

The 5th Dimension - The Age of Aquarius





ベストベスト
フィフス・ディメンション
商品詳細を見る
60年代後半のウエスト・コーストを華やかに彩った黒人ポップ・コーラス・グループ。ローラ・ニーロ,ジム・ウェッブなど,彼らに楽曲提供したことで注目を浴びたアーティストもいた。当時の空気をいっぱいにはらんだヒット曲が網羅されている。


Hair - Aquarius





ヘアー [DVD]ヘアー
ジョン・サベージ、トリート・ウィリアムズ 他
商品詳細を見る
フィフス・ディメンションの名アルバム『輝く星座(アクエリアス)』は、もとをたどればアマデウスの名を同名の映画で世間に知らしめた監督ミロス・フォアマンが生みの親といえる。ジェームズ・ラドー、ジェローム・ラグニ作詞、ガルト・マクダーモット作曲の画期的なミュージカルをフォアマンが映画化した『ヘアー』(1979年)は、時期的には『カッコーの巣の上で』と『アマデウス』(いずれもフォアマンが監督し、アカデミー賞に輝いている)の間に作られた.....

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカのヴォーカルグループ R&B  ソウル 全米No.1ヒット 映画で使われた曲 ミュージカル グラミー賞 60’s 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-149.html

2009/08/24 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

君の瞳に恋してる(Can't Take My Eyes Off You)/フォー・シーズンズ

   ↑  2009/08/22 (土)  カテゴリー: 1967年の洋楽
年度1967年昭和 42 年
作詞・作曲Bob Crewe
Bob Gaudio
ボブ・クリュー
ボブ・ゴーディオ
アーティストThe Four Seasons
Boys Town Gang
フォー・シーズンズ
ボーイズ・タウン・ギャング

今夜ご紹介する曲は『キャント・テイク・ マイ・アイズ・オフ・ユー』邦題は「君の瞳に恋してる」この曲もジャンル限らず多くのアーティストによってカバーされている名曲です。フランキー・ヴァリ(Frankie Valli)率いるフォー・シーズンズが1967年に始めて歌って全米ビルボード第2位を記録し大ヒットしました。
1968年にはアンディ・ウィリアムスやグロリア・ゲイナーのカバーなどがよく知られているところです。1982年にはボーイズ・タウン・ギャングがカバー、ディスコ調のアレンジでリバイバルヒットしました。

►君の瞳に恋してる(Can't Take My Eyes Off You)の歌詞はこちらから
Frankie Valli  ディスコグラフィー
Andy Williams ディスコグラフィー
Boys Town Gang ディスコグラフィー

Can't Take My Eyes off You - Frankie Valli and The 4 Seasons





ベスト・オブ・フランキー・ヴァリベスト・オブ・フランキー・ヴァリ
フランキー・ヴァリ
商品詳細を見る
フォー・シーズンズのリード・シンガーのソロ・ベスト。最近ローリン・ヒルがカヴァーしたことで再注目の名曲1は,やはりこのオリジナルも聴いてほしい。そのほか,ディスコ時代の大ヒット4など聴き物多し。


ベスト・オブ・アンディ・ウィリアムス・ヒッツベスト・オブ・アンディ・ウィリアムス・ヒッツ
アンディ・ウィリアムス
商品詳細を見る
少年時代から歌い続け、52年にソロ・デビューしてからも第一線でシンガー/エンタテイナーとして活躍する彼の、主たるヒット曲を網羅した2枚組CD。アメリカ白人の良心を象徴するような美声で、華麗にポップ作品を歌う。バックの豪華なアレンジも聴きものだ。


Boys Town Gang - Can't Take My Eyes Off You





君の瞳に恋してる~ベスト・オブ・ボーイズ・タウン・ギャング君の瞳に恋してる~ベスト・オブ・ボーイズ・タウン・ギャング
ボーイズ・タウン・ギャング
商品詳細を見る
サンフランシスコ(ゲイで有名な別名ボーイズ・タウン)のユニットで82年の大ヒット曲1で知られるボーイズ・タウン・ギャングのベスト。70年代のヒット曲をユーロビート・タッチにカヴァーした作品が多い。キャッチーなメロディと軽快なリズムで聴きやすい。

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカのロックバンド ソフト・ロック ドゥーワップ ディスコ 60’s フランキー・ヴァリ 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-148.html

2009/08/22 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |