ブルームーンお勧めのオールディーズを動画で試聴【ポップ・ジャズ・ロック・映画音楽】歌詞・ダウンロード 




この記事に含まれるタグ :
アメリカの女性ジャズ歌手  アメリカのジャズバンド  ジャズ・スタンダード  クインシー・ジョーンズ  



テイク・ファイブ(Take Five)/カーメン・マクレエ

   ↑  2009/01/19 (月)  カテゴリー: 1950年代の洋楽
年度1959年昭和 47 年
作詞Iola Brubeck
Dave Brubeck
アイオラ・ブルーベック
デイブ・ブルーベック
作曲Paul Desmondポール・デスモンド
アーティストCarmen McRaeカーメン・マクレエ

テイク・ファイヴは1959年、ウェスト・コースト・ジャズのデイヴ・ブルーベック・カルテット(The Dave Brubeck Quartet)によって発表され、アルバムは『タイム・アウト』の中に収録されています。
ジャズの定番曲として名高いこの曲を作曲したサックス奏者のポール・デスモンドが演奏する軽快なサウンドは、日本でもCM、BGMで等でよく流れているので、どこかで耳にされたことがあるでしょう。
後に歌詞がつけられヴォーカルでは1962年にカーメン・マクレエ、1977年アル・ジャロウがカバーをしたことでもよく知られています。
1963年にはクインシー・ジョーンズも独自のアレンジでカバーを行っています。

►テイク・ファイブ(Take Five)の歌詞はこちらから
The Dave Brubeck Quartet ディスコグラフィー
Paul Desmond ディスコグラフィー
Carmen McRae ディスコグラフィー
Quincy Jones ディスコグラフィー

Dave Brubeck - Take Five





タイム・アウトタイム・アウト
デイブ・ブルーベック
商品詳細を見る
おそらく最も有名なジャズの楽曲であり、最も有名な5拍子の曲である「テイク・ファイブ」を収録した名盤中の名盤。各曲のクオリティの高さはジャズの枠を超え、様々なジャンルで高く評価されている。


Carmen McRae -Take Five





テイク・ファイヴテイク・ファイヴ
カーメン・マクレエ&デイヴ・ブルーベック、カーメン・マクレエ 他
商品詳細を見る
86年の来日公演がビデオ化され,マクレエのライヴならではの素晴らしさを目の当たりにしたが,やはりライヴが一番,’60~’61年ニューヨークでの録音。タイトル曲以外は総てブルーベックの作品でクラブらしいリラックスした雰囲気も伝わる。


Quincy Jones - Take Five





ソウル・ボサノヴァ~ベスト・オブ・ジャズ・ファンクソウル・ボサノヴァ~ベスト・オブ・ジャズ・ファンク
クインシー・ジョーンズ
商品詳細を見る
ローランド・カークを配したビッグバンド時代のアルバムなどからセレクトされた作品集。カフェ・ブームなどで再評価されるボッサ・ナンバーや、ジャズ作品のリメイクはクラブ・シーンの定番
関連記事


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカの女性ジャズ歌手 アメリカのジャズバンド ジャズ・スタンダード クインシー・ジョーンズ 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-79.html

2009/01/19 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: テイク・ファイブ(Take Five)/カーメン・マクレエ

お気軽にコメントをどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback