ブルームーン

あれもこれも!!ザ・昭和の時代を駆け抜けたお勧めのオールディーズを動画でプレイバック!!!!

TOP >  オールディーズ >  1940年代以降の洋楽 >  ビギン・ザ・ビギン(Begin the Beguine)/アーティ・ショウ

ビギン・ザ・ビギン(Begin the Beguine)/アーティ・ショウ

年度1935年昭和 10 年
作詞・作曲Cole Porterコール・ポーター
アーティストTuxedo Junction タキシード・ジャンクション

ビギン・ザ・ビギンは1935年のミュージカル「ジュビリー(Jubilee)」で使用された楽曲であり、この曲も、コール・ポーターの作品です。1938年にはアーティー・ショー(Artie Shaw) の演奏で脚光を浴びました。
映画では1940年に制作されたフレッド・アステア主演のアメリカ・ミュージカル映画『踊るニュウ・ヨーク』でこの曲が使われました。
近年では2004年公開された『五線譜のラブレター』では,ミュージカルや、映画音楽で多くのヒット曲を手がけたアメリカの作曲家、コール・ポーターの半生を描いた作品です。もちろんこの中に、「ビギン・ザ・ビギン」以下「イッツ・ディ・ラブリー」 「レッツ・ミスビヘイブ」「イージー・トゥ・ラブ」.......etc コール・ポーターを思う存分堪能出来ます。スタンダードに興味ある方には、お勧めの映画でしょう。
本日は、アーティー・ショーの演奏とタキシード・ジャンクションのヴォーカルでどうぞ。
※タキシード・ジャンクションは曲名ではありません70年代に活躍したアメリカの3人女性コーラス・グループです。

►ビギン・ザ・ビギン(Begin the Beguine)の歌詞はこちらから
Cole Porter ディスコグラフィー
Tuxedo Junction ディスコグラフィー

Artie Shaw - Begin the Beguine





アーティ・ショウのすべてアーティ・ショウのすべて
アーティ・ショウ
商品詳細を見る
クラリネット奏者、バンド・リーダーとして高い人気を誇ったキング・オブ・クラリネット、アーティ・ショウのCD+DVDのベスト盤。大ヒット曲「ビギン・ザ・ビギン」「フレネシ」を中心に人気楽曲が収録。


コール・ポーター・グレイテスト・ヒッツコール・ポーター・グレイテスト・ヒッツ
オムニバス
商品詳細を見る
アメリカを代表する作詞・作曲家ポーターのヒット曲をスウィング系ミュージシャンやシンガーが取り上げたコンピレーション。大半が同時代の人たちによるパフォーマンスだけに味わいも深い。興味深いのはそれらがいまもまったく古さを感じさせないことだ。


Tuxedo Junction - Begin the Beguine





Take the Take the "A" Train 
Tuxedo Junction
商品詳細を見る
誰もが知っているスタンダード曲を歯切れよく聴かせてくれる。アルバムディスコ調にアレンジされた楽曲は聴きごたえ十分。このアルバムは希少価値が高く高値になるでしょう。


五線譜のラブレター(特別編) [DVD]五線譜のラブレター(特別編) [DVD]
ケビン・クライン、アシュレー・ジャド 他
商品詳細を見る
生涯に870曲を作曲し、永遠のスタンダード・ナンバーを生み出した天才作曲家、コール・ポーター。彼とその妻の半生を綴った珠玉のラブ・ストーリー!アカデミー賞俳優ケビン・クラインがコール・ポーター役を好演、本編では13曲のポーターの名曲を聞かせ、プロ並みのピアノの腕前を披露する。彼の妻役にアシュレイ・ジャド。 ポーターの代表曲を歌うのは、エルヴィス・コステロ、ナタリー・コール、シェリル・クロウ、アラニス・モリセット他、超豪華なアーティストたち。

関連記事

Last Modified : 2015-03-26

Comment







管理者にだけ表示を許可