ブルームーン

あれもこれも!!ザ・昭和の時代を駆け抜けたお勧めのオールディーズを動画でプレイバック!!!!

TOP >  80’s >  1984年の洋楽 >  探偵物語(Whose Side Are You On?)/マット・ビアンコ

探偵物語(Whose Side Are You On?)/マット・ビアンコ

年度1984年昭和59年
作詞・作曲Peter Ross
Mark  Reilly
Daniel White
ピーター・ローズ
マーク・ライリー
ダニー・ホワイト
アーティストMatt Biancoマット・ビアンコ

マット・ビアンコはサルサやサンバのラテン・ミュージックの要素をファンクに取り入れたイギリスのユニットである。1984年にレイズィー・ベッド(Get Out Of Your Lazy Bed)でシングル・デビューを果たしている。セルフタイトルにもなったこの曲と共にアルバム『探偵物語』に収録された。発表時はマーク・ライリー、ダニー・ホワイト、バーシアの3人である。
このあとダニー・ホワイトと女性ボーカルのバーシアが脱退、残ったマーク・ライリーは新しくマーク・フィッシャーを招きコンビを結成する。ドゥービー・ブラザーズの「ホワット・ア・フール・ビリーヴス」のカヴァーでもよく知られている。

►探偵物語(Whose Side Are You On?)の歌詞はこちらから
Matt Bianco ディスコグラフィー

Matt Bianco - Whose Side Are You On






探偵物語
マット・ビアンコ
ヴォーカルにバーシアを迎え、1980年代のロンドンをオシャレに飾った、マット・ビアンコのデビュー・アルバム。ファンクとラテンを融合させたサウンド=ファンカ・ラ・ティーナの名盤と言える、1984年.......
関連記事
[Tag] * 80’s

Last Modified : 2017-09-08

Comment







管理者にだけ表示を許可