ブルームーンあれもこれも!!ザ・昭和の時代を駆け抜けたお勧めのオールディーズを動画でプレイバック!!!! 

このページの記事目次 (ボビー・コールドウェル の検索結果)

フュージョン(Vol.19)ボニー・ジェイムス/ボディー・ランゲージ

   ↑  2016/01/28 (木)  カテゴリー: おすすめのフュージョン
ボニー・ジェイムス (Boney James)はアメリカ合衆国マサチューセッツ出身のサックス・プレイヤー、ファースト・アルバム『Trust』で1992年にデビュー以来通算で16枚のアルバムを発表している。デビューする以前はAORサウンドを代表するシンガーボビー・コールドウェルのバックミュージシャンとして活躍したプレイヤーとしてもよく知られている。

Boney James

ボニー・ジェイムお勧めの一枚は1999年レーベル、ワーナー・ブラザースから通算で5枚目のアルバムとなった『ボディー・ランゲージ』はいかがであろうか。オープニングを飾るアー・ユー・レディ?はチェレ・デイビスの心地よくハスキーなヴォーカルから始まる。8曲目のアイ・ゲット・ロンリーはジャネット・ジャクソンのカバー、R&Bのテイストがブレンドされ、クールでお洒落な曲をチョイスしたいならこのアルバムはお勧めの一枚である。

Boney James - Body Language

Body Language

デジタル・ダウンロード

収録曲

1. アー・ユー・レディ?(Are You Ready?)
2.イントゥ・ザ・ブルー(Into the Blue)
3.ボディ・ランゲージ(Body Language)
4.アイル・オールウェイズ・ラヴ・ユー (フィーチャリング・SHAI)(I'll Always Love You)
5.ボニーイズム(Boneyizm)
6.ラヴフェスト(Love Fest)
7.ベッドタイム・ストーリー (Bedtime Story)
8.アイ・ゲット・ロンリー(I Get Lonely)
9.オール・ナイト・ロング(All Night Long)

Boney James - Into The Blue




はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

FC2スレッドテーマ : フュージョン名盤 (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-543.html

2016/01/28 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

風のシルエット(What You Won't Do For Love)/ボビー・コールドウェル

   ↑  2015/07/17 (金)  カテゴリー: 1978年の洋楽
年度1978年昭和53年
作詞・作曲Alfons Kettner
Bobby Caldwell
アルフォンス・ケトナー
ボビー・コールドウェル
アーティストBobby Caldwellボビー・コールドウェル

アメリカ、ブルー・アイド・ソウルのソングライター、ボビー・コールドウェルのデビュー曲となった「ホワット・ユー・ウォント・ドゥー・フォー・ラブ」は1978年に発表された。彼の記念すべきファースト・アルバムとなった『Bobby Caldwell』に、この曲が収録されている。
哀愁にみち洗練された都会的な香りがする彼のサウンドはアメリカより日本でのファンが多いようだ。

►風のシルエット(What You Won't Do For Love)の歌詞はこちらから
Bobby Caldwell ディスコグラフィー

Bobby Caldwell - What You Won't Do For Love






 ボビー・コールドウェル・ザ・ベスト

 ボビー・コールドウェル

 地元本国ではいまいちなのに、日本で大ヒットするアーティストはけっこう多いボビー・コールドウェルもこの一人なのだろうか?まあどうでもいいことなのだろうが、AORの先駆者、哀愁にみちた彼の声は日本人のハートを揺さぶるのだ。
はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカの男性シンガーソングライター AOR ブルー・アイド・ソウル スムーズジャズ R&B 70’s 

FC2スレッドテーマ : Soul, R&B, Funk (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-515.html

2015/07/17 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この用語を含む記事は見つかりませんでした。 
記事に設定している ユーザータグ (Keyword) での検索もお試しください。

FC2 Management