ブルームーン

あれもこれも!!ザ・昭和の時代を駆け抜けたお勧めのオールディーズを動画でプレイバック!!!!

TOP >  おすすめのフュージョン >  フュージョン(Vol.16)シャカタク/ナイト・バーズ

フュージョン(Vol.16)シャカタク/ナイト・バーズ

イギリスのフュージョンバンド、シャカタク(Shakatak)はポリドール・レコードから1980年にシングル「Steppin'」でデビュー。1981年には『Drivin' Hard』でファースト・アルバムが発表された。※現在のレーベルはJVCケンウッド・ビクターエンタテインメント
デビューから35年もたつのにお洒落で繊細、少しも色褪せる事はない。スムーズジャズの代名詞となってしまった感のあるシャカタクだが日本での人気は今でも健在である。ジャズ・フュージョンのコーナーには一番目立つ所にディスプレイしてあり人気の高さがうかがえる。

シャカタク

現在の主要メンバーは、ビル・シャープ(Bill Sharpe)/ピアノ・キーボード、ジル・セイワード(Jill Saward)/ヴォーカル、ジョージ・アンダーソン(George Anderson)/ベース、 ロジャー・オデル(Roger Odell)/ドラムスの4名で活動を行っている。
女性コーラスをフィーチャーし、インストゥルメンタルでスピードと都会的なイメージを音で表現するミュージシャンはそう多くはない。
1982年に発表され日本で大ブレイクした2ndアルバム『ナイト・バーズ(Night Birds)』、3rdアルバム『インヴィテイションズ』が大ヒット作となる。1984年の通算5枚目のアルバムとなる『ダウン・オン・ザ・ストリート』で現在のヴォーカリストであるジル・セイワードをリード・ヴォーカルに起用しダンスポップ路線へと移行していった。

Shakatak - Nightbirds

ナイト・バーズjpg

デジタルダウンロード

収録曲

1. ナイト・バーズ(Night Birds)
2. ストリートウォーキン(Streetwalkin)
3. リオ・ナイツ(Rio Nights)
4. フライ・ザ・ウインド(Fly the Wind)
5. イージアー・セッド・ザン・ダン(Easier Said Than Done)
6. ビッチ・トゥ・ザ・ボーイズ(Bitch to the Boys)
7. ライト・オン・マイ・ライフ(Light on My Life)
8. テイキン・オフ(Takin' Off)



関連記事
[Tag] * スムーズジャズ

Last Modified : 2015-12-23

Comment







管理者にだけ表示を許可