ブルームーンあれもこれも!!ザ・昭和の時代を駆け抜けたお勧めのオールディーズを動画でプレイバック!!!! 

フュージョン(Vol.14)ハービー・マン/メンフィス・アンダーグラウンド

   ↑  2015/09/23 (水)  カテゴリー: おすすめのフュージョン
アメリカ・メンフィス出身のフルート奏者ハービー・マン(Herbie Mann)といえば、ポップ・アーティストのイメージがある。1962年にヒットしたカミン・ホーム・ベイビー(Comin' Home Baby)、1975年のッディスコナンバーハイジャック( Hi-Jack)などの大ヒット作を残しているせいなのだろうか?。
60年代にブラジルのボサ・ノヴァが世界的な大ブームとなった。いち早く彼はボサ・ノヴァを世界に発信し、多大な貢献をした一人でもある。ワールド・ミュージック、フュージョンにも大きな影響を与えたジャズミュージシャンである。

herbiemann.jpg

1969年にレーベル、アトランティック・レコードから発表された『メンフィス・アンダーグラウンド』当時のヒット曲ソウル・ミュージックのアーティストが発表した3曲がカバー、初めの1曲目と最後の5曲目がオリジナルナンバーとなっている。ソニー・シャーロック&ラリー・コリエルのギタリストをフィーチャーしている。
ジャズメンのフルート奏者は多くないフルートをここまでファンキーにカッコ良く演奏出来るアーティストは後にも先にもハービー・マンくらいだろう。このアルバムはフュージョンの基礎ともなった代表作として価値のある作品なのだ。

Herbie Mann - Memphis Underground

メンフィス・アンダーグラウンド

デジタル・ダウンロード

収録曲

1. メンフィス・アンダーグラウンド(Memphis Underground)
2. ニュー・オリンズ(New Orleans)
3. ホールド・オン(Hold On, I'm Comin' )サム&デイヴ
4. チェイン・オブ・フールズ(Chain of Fools)アレサ・フランクリン
5. リパブリック讃歌(The Battle Hymn of the Republic)



関連記事

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

FC2スレッドテーマ : フュージョン名盤 (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-519.html

2015/09/23 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: フュージョン(Vol.14)ハービー・マン/メンフィス・アンダーグラウンド

お気軽にコメントをどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback