ブルームーンお勧めのオールディーズを動画で試聴【ポップ・ジャズ・ロック・映画音楽】歌詞・ダウンロード 




この記事に含まれるタグ :
アメリカの女性ジャズ歌手  アメリカのジャズバンド  スイング・ジャズ    ビッグバンド  ジャズ・スタンダード  アニタ・オデイ  エラ・フィッツジェラルド  



A列車で行こう(Take The "A" Train)/デューク・エリントン

   ↑  2009/03/20 (金)  カテゴリー: 1940年代以降の洋楽
年度1939年昭和 14 年
作詞・作曲Billy Strayhビリー・ストレイホーン
アーティストElla Fitzgerald
Anita O'Day
エラ・フィッツジェラルド
アニタ・オデイ

テイク・ジ・エイ・トレインは、1939年デューク・エリントン楽団のピアニストでもあるメンバーのビリー・ストレイホーンによってこの曲が書かれています。楽団のテーマ曲として広く知られ、定番(ジャズスタンダード)の代名詞と言うべきこの曲は世界中で愛されている名曲です。
この曲は(エラ・フィッツジェラルド)のヴォーカルでも知られていますが、今日の動画はアニタ・オディをピックアップしてみました。 アニタ・オデイは白人女性ジャズシンガーの先駆けとして位置付けされています。ジーン・クルーパ楽団の専属歌手となり、後にスタン・ケントン楽団の専属歌手となります。日本でもアルバム製作しています。日本でアニタのファンが多いのもそのせいでしょうか?退団後もビッグバンドとの競演が多いアニタ・オデイその中からの一曲、定番中の定番「A列車で行こう」をどうぞ。

※「A列車」とは、ニューヨーク市地下鉄の、ブルックリン東地区からハーレムを経てマンハッタン北部を結ぶ8番街急行 の名称である。

A列車で行こう(Take The "A" Train )の歌詞はこちらから
Duke Ellington ディスコグラフィー
Ella Fitzgerald ディスコグラフィー
Anita O'Day ディスコグラフィー

Ella Fitzgerald with Duke Ellington - Take The "A" Train





デイドリーム~ベスト・オブ・デューク・エリントン・ソングブックデイドリーム~ベスト・オブ・デューク・エリントン・ソングブック
エラ・フィッツジェラルド
商品詳細を見る
エラのエリントン・ソングブックは3枚組CDで出ているが,これはそこから17曲をピックアップした作品。「A列車~」できこえるトランペットはスタジオに遊びにきたガレスピー。ほかにホッジス,ウェブスターなどソロイストも強力。文句なしの快作。


ザ・ポピュラー・デューク・エリントンザ・ポピュラー・デューク・エリントン
デューク・エリントン
商品詳細を見る
1966年発表の人気アルバム。それまでの名曲を集めたベスト盤的な内容で、自らセレクトした11曲を再演。1000曲とも言われるレパートリーの中の選りすぐりだけあって、どれも名曲中の名曲。入門書としても価値ある1枚。


Anita O'Day - Take The "A" Train


 


アニタ・オデイ・シングズ・ザ・ウィナーズ+7アニタ・オデイ・シングズ・ザ・ウィナーズ+7
アニタ・オデイ
商品詳細を見る
エリントン楽団やディジー・ガレスピー、マイルス・デイヴィスやスタン・ゲッツらと吹き込んだ代表的ヒット・ナンバーを、アニタ・オデイ自らがセレクトした好企画盤。今回は1952~62年録音の曲も追加収録。
関連記事


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカの女性ジャズ歌手 アメリカのジャズバンド スイング・ジャズ  ビッグバンド ジャズ・スタンダード アニタ・オデイ エラ・フィッツジェラルド 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-42.html

2009/03/20 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: A列車で行こう(Take The "A" Train)/デューク・エリントン

お気軽にコメントをどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback