ブルームーン

あれもこれも!!ザ・昭和の時代を駆け抜けたお勧めのオールディーズを動画でプレイバック!!!!

TOP >  60’s >  1963年の洋楽 >  二人だけのデート(I Only Want To Be With You)/ダスティ・スプリングフィールド

二人だけのデート(I Only Want To Be With You)/ダスティ・スプリングフィールド

年度1963年昭和 38 年
作詞・作曲Mike Hawker
Ivor Raymonde
マイク・ホーカー
アイヴァー・レイモンド
アーティストDusty Springfieldダスティ・スプリングフィールド

邦題「二人だけのデート」アイ・オンリー・ウォント・トゥ・ビー・ウィズ・ユー直訳すると『私はあなたと一緒にいたいの!』 となるのでしょうか。1963年にイギリスの白人ソウル歌手ダスティ・スプリングフィールドの歌でヒットした楽曲です。彼女のヒット曲は数多くありますが私のお気に入りの1曲であります。
1976年にイギリスのポップ・ロックグループ「ベイ・シティ・ローラーズ」がこの曲のカバー、リバイバル・ヒットとなり全英チャートで4位まで記録されました。1988年にはサマンサ・フォックスのヴァージョン、ラテン・ポップ歌手の ルイス・ミゲルなどの歌手にカバーされています。

►二人だけのデート(I Only Want To Be With You)の歌詞はこちらから
Dusty Springfield ディスコグラフィー

Dusty Springfield - I Only Want to Be with You





この胸のときめきを~ベスト・オブ・ダスティ・スプリングフィールドこの胸のときめきを~ベスト・オブ・ダスティ・スプリングフィールド
ダスティ・スプリングフィールド
商品詳細を見る
「黒人の心を歌う白人ソウル・シンガー」とも評され、ハスキーな声が魅力のダスティ、究極のベスト・アルバム。世界的なヒットとなった「この胸のときめきを」など熱い歌声が聴ける。
関連記事

Last Modified : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可