ブルームーンお勧めのオールディーズを動画で試聴【ポップ・ジャズ・ロック・映画音楽】歌詞・ダウンロード 




この記事に含まれるタグ :
アメリカの女性歌手  ポップ  映画で使われた曲  60’s  全米No.1ヒット  



アイ・ウィル・フォロー・ヒム(I Will Follow Him)/リトル・ペギー・マーチ

   ↑  2013/03/29 (金)  カテゴリー: 1963年の洋楽
年度1963年昭和 38 年
作詞Jacques Plante
Norman Gimbel
ジャック・プラント
ノーマン・ギンベル(英訳)
作曲Franck Pourcel
Paul Mauriat
Arthur Altman
フランク・プゥルセル
ポール・モーリア
アーサー・アルトマン
アーティストLittle Peggy Marchリトル・ペギー・マーチ

アイ・ウイル・フォロー・ヒムはアメリカのポピュラー歌手リトル・ペギー・マーチが1963年に発表したナンバー。
全米シングル・チャートで1位を記録、このチャート・ランキングで若干14歳での女性最年少1位の記録も更新している。
オリジナルの表題は 愛のシャリオ(Chariot) 原曲はインストゥルメンタルの曲であった。フランク・プゥルセル、ポール・モーリア、アーサー・アルトマンの共同で制作され歌詞はフランスの作詞家ジャック・プラントが書いている。
アメリカの作詞家ノーマン・ギンベルによって英語の歌詞がつけられ彼女が歌い多くの人に知られるようになった。
1992年の主演ウーピー・ゴールドバーグのアメリカ映画『天使にラブ・ソングを…(Sister Act)』の中でこの曲が使われていた。

►アイ・ウィル・フォロー・ヒム(I Will Follow Him)の歌詞はこちらから
Little Peggy March ディスコグラフィー

Little Peggy March - I Will Follow Him





日本語で歌うペギー・マーチ日本語で歌うペギー・マーチ
ペギー・マーチ、ベニー・トーマス 他
商品詳細を見る
「アイ・ウィル・フォロー・ヒム」「さよなら! 初恋」他、全30曲の日本語詞による楽曲を集めて収録したアルバム。


天使にラブ・ソングを… [Blu-ray]天使にラブ・ソングを…
ウーピー・ゴールドバーグ、マギー・スミス 他
商品詳細を見る
しがないクラブ歌手のデロリスは、殺人現場を目撃したためにギャングに命を狙われている。身を隠すための意外な場所は、なんと、お堅い修道院! 命惜しさにじっと我慢のデロリスだったが、やっぱりとってもミスマッチ。ところが一転、聖歌隊のリーダーに任命されてからは実力発揮。それまでのヘタクソなコーラスに代って教会から流れてくるのはソウルやロックの"賛美歌"! ....
関連記事


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカの女性歌手 ポップ 映画で使われた曲 60’s 全米No.1ヒット 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-375.html

2013/03/29 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: アイ・ウィル・フォロー・ヒム(I Will Follow Him)/リトル・ペギー・マーチ

お気軽にコメントをどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback