ブルームーン

あれもこれも!!ザ・昭和の時代を駆け抜けたお勧めのオールディーズを動画でプレイバック!!!!

TOP >  80’s >  1984年の洋楽 >  ドクター・ビート(Dr.beat)/グロリア・エステファン&ザ・マイアミ・サウンド・マシーン

ドクター・ビート(Dr.beat)/グロリア・エステファン&ザ・マイアミ・サウンド・マシーン

年度1984年昭和 59 年
作詞・作曲Enrique  Garciaエンリケ・ガルシア
アーティストGloria Estefanグロリア・エステファン

キューバ出身でアメリカの歌手グロリア・エステファン率いるマイアミ・サウンド・マシーンが1984年に発表した曲。
ドクター・ビートは、英語ヴァージョンで初めて紹介された曲でもあるアルバム『Eyes of Innocence』に収録された。
全米ビルボード・ダンス部門では15位にランンクインしている。乗りのりのラテン系の明るい曲調が受け日本でもヒットした。

►ドクター・ビート(Dr.beat)の歌詞はこちらから
Gloria Estefan ディスコグラフィー

Miami sound machine - Dr.beat





プリミティヴ・ラヴプリミティヴ・ラヴ
マイアミ・サウンド・マシーン
商品詳細を見る
ダンス・ミックスのロング・ヴァージョン4曲がオマケになっているから,65分の大サーヴィス。でも今NYで主流のラテン・フレイヴァーのビートの効いたサウンドだから一気に聴けてしまう。これが9作目の貫録ながら,マイアミ・ブームで人気再上昇。


ベリー・ベスト・オブ・グロリア・エステファンベリー・ベスト・オブ・グロリア・エステファン
グロリア・エステファン、マイロ vs.マイアミ・サウンド・マシーン 他
商品詳細を見る
ラテン・ディーヴァ、グロリアのスーパー・ベスト!ラテン界の女王であり、未だにトップを走り続けるグロリア・エステファンのマイアミ・サウンドマシーン時代、1984年のデビューから2003年までの最新ヒットがぎゅーっと濃縮された1枚!リッキー・マーティンもマーク・アンソニーもグロリアがいなければ、その成功は無かったといっても過言ではありません。コンガも123も、ドント・ウォナ・ルーズ・ユーもリーチも今聴いてもまったく色あせない、キューバン・ルーツのラテン・グルーヴ、普遍的な美メロ、そして何よりもグロリアの歌声の素晴しさで、一家に1枚のベストです!
関連記事

Last Modified : 2017-09-08

Comment







管理者にだけ表示を許可