ブルームーン

あれもこれも!!ザ・昭和の時代を駆け抜けたお勧めのオールディーズを動画でプレイバック!!!!

TOP >  70’s >  1977年の洋楽 >  アントニオの歌(Antonio's Song)/マイケル・フランクス

アントニオの歌(Antonio's Song)/マイケル・フランクス

年度1977年昭和 52 年
作詞・作曲Michael Franksマイケル・フランクス
アーティストMichael Franksマイケル・フランクス

アントニオの歌(虹を綴って/The Rainbow)は、アメリカのジャズ・ボーカリストであるマイケル・フランクスによって作られた楽曲である。 1977年のスタジオ・アルバム『Sleeping Gypsy』に収録されている。この曲はボサノヴァの父アントニオ・カルロス・ジョビンに捧げるために、マイケル・フランクス自身が歌った。柔らかい感触に満ちた彼のソフトな声はボサノヴァのリズムに乗り、都会のお洒落な夜を奏でる。

►アントニオの歌(Antonio's Song)の歌詞はこちらから
Michael Franks ディスコグラフィー

Antonio's Song - Michael Franks





スリーピング・ジプシー(紙ジャケット/SHM-CD)スリーピング・ジプシー(紙ジャケット/SHM-CD)
マイケル・フランクス
商品詳細を見る
ミスターAOR” マイケル・フランクスの名作が待望の紙ジャケットSHM-CDで蘇る。メジャー・デビュー・アルバム『アート・オブ・ティー』で絶賛された新感覚のシティ・ミュージックに磨きのかかったセカンド・アルバム(1977年作品)
関連記事

Last Modified : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可