ブルームーン

あれもこれも!!ザ・昭和の時代を駆け抜けたお勧めのオールディーズを動画でプレイバック!!!!

TOP >  60’s >  1964年の洋楽 >  悲しき願い(Don't Let Me Be Misunderstood)/アニマルズ

悲しき願い(Don't Let Me Be Misunderstood)/アニマルズ

年度1964年昭和 39 年
作詞・作曲Bennie Benjamin
Gloria Caldwell
Sol Marcus
ベニー·ベンジャミン
グロリア· コールドウェル
ソル ·マーカス
アーティストNina Simone
The Animals
Santa Esmeralda
ニーナ・シモン
アニマルズ
サンタ・エスメラルダ

邦題「悲しき願い」ドント・レット・ミー・ビー・ミスアンダストゥッドのオリジナルは1964年アメリカのジャズ歌手ニーナ・シモンの曲として記録されています。全体的に情緒的でありピアノで弾き語るスローテンポな曲調だった。
1965年にイギリスのロックバンド アニマルズ によってリメイクされアップテンポとなったカバー・バージョンこちらが私たちには馴染みが深い。日本でもカバーされ日本語で尾藤イサオが 1965年に歌っている。1977年にはディスコ・ダンスミュージック調にアレンジされたアメリカのリロイ・ゴメス率いるサンタ・エスメラルダ がカバーしてリバイバルヒットしています。

►悲しき願い(Don't Let Me Be Misunderstood)の歌詞はこちらから
Nina Simone ディスコグラフィー
The Animals  ディスコグラフィー
Santa Esmeralda ディスコグラフィー

Nina Simone - Don't let me be misunderstood





ベスト・オブ・ニーナ・シモンベスト・オブ・ニーナ・シモン
ニーナ・シモン
商品詳細を見る
独特の弾き語りスタイルで黒人女性ジャズ・ヴォーカリストとして人気を集めたニーナ・シモン。「朝日のあたる家」「ヒア・カムズ・ザ・サン」などジャズ以外のジャンルのカヴァー曲も収録したベスト


Don´t Let Me Be Misunderstood- The Animals





ベスト・オブ・アニマルズベスト・オブ・アニマルズ
アニマルズ
商品詳細を見る
ニューキャッスルで58年に結成されたアラン・プライスのコンボが原型。エリック・バートンの黒っぽいヴォーカルは、ブルー・アイド・ソウルの原点として聴き手の興味を惹きつけずにはおかない


Santa Esmeralda - Don't Let Me Be Misunderstood (1977)





悲しき願い悲しき願い
サンタ・エスメラルダ
商品詳細を見る
アニマルズが大ヒットさせた同名曲をフラメンコ・ギターで歌うとこうなる。何ともエモーショナルな仕上りです。斬新なアレンジが意表をついてます。でも決してきわものではありませんゾ。ギターと声の調和が見事な大人のための贈り物。
関連記事

Last Modified : 2015-04-10

Comment







管理者にだけ表示を許可