ブルームーン

あれもこれも!!ザ・昭和の時代を駆け抜けたお勧めのオールディーズを動画でプレイバック!!!!

TOP >  60’s >  1963年の洋楽 >  なぎさの誓い(So Much in Love)/ザ・タイムズ

なぎさの誓い(So Much in Love)/ザ・タイムズ

年度1963年昭和 38 年
作詞・作曲George Williams
Bill Jackson
 Roy Straigis
ジョージ・ウィリアムズ
ビル・ジャクソン
ロイ・ストレイジス
アーティストThe Tymesザ・タイムズ

ソー・マッチ・イン・ラヴのオリジナルは、1963年に アメリカのアカペラR&Bグループのザ・タイムズが歌い全米ビルボードシングルチャートでナンバーワンとなった名曲です。邦題は「なぎさの誓い」で紹介されました。
1982年イーグルスのメンバーでもあったティモシー・B・シュミット、1988年にはアート・ガーファンクル、1993年にはアメリカのアカペラグループのオール・フォー・ワンがカバー全米ビルボードで第5位まで記録され大ヒットしている。日本では 山下達郎2001年にアルバム 「君の声に恋してる」に収録された。それぞれにヒットしカバーを行ったアーティストは実力派ぞろいであり、この曲のオリジナルはだったのか?迷ってしまいそうだ!

►なぎさの誓い(So Much in Love)の歌詞はこちらから
The Tymesディスコグラフィー

The Tymes - So Much In Love





グレース&サヴァイヴァー:コンプリート・トラストメイカー&ピープル・アルバムグレース&サヴァイヴァー:コンプリート・トラストメイカー&ピープル・アルバム
ザ・タイムス
商品詳細を見る
オール・フォー・ワンや山下達郎など多くのカヴァー・ヴァージョンを生んだドゥーワップ・バラードの名曲「ソー・マッチ・イン・ラブ」でしられるペンシルバニア出身の黒人コーラス・グループ、ザ・タイムス。本作は彼らのフィリー・ソウル時代の2作品、『TRUSTMAKER』(RCA/1974年)と『PEOPLE』(CBS/1968年)にシングル・トラックなどを追加カップリングで初CD化。
関連記事

Last Modified : 2016-04-13

Comment







管理者にだけ表示を許可