ブルームーン

あれもこれも!!ザ・昭和の時代を駆け抜けたお勧めのオールディーズを動画でプレイバック!!!!

TOP >  オールディーズ >  1940年代以降の洋楽 >  トゥート・トゥート・トゥーツィー(グッドバイ)(Toot Toot Tootsie!(Good Bye))/アル・ジョルソン

トゥート・トゥート・トゥーツィー(グッドバイ)(Toot Toot Tootsie!(Good Bye))/アル・ジョルソン

年度1922年大正 11 年
作詞Gus Kahnガス・カーン
作曲Ernie Erdman
Ted Fiorito
Dan Russo
アーニー・アードマン
テッド・フィオリト
ダン・ラッソ
アーティストAl Jolson
Tuxedo Junction
アル・ジョルスン
タキシード・ジャンクション

今夜の楽曲のご紹介は『トゥート・トゥート・トゥーツィー(グッドバイ)』1922年にアル・ジョルソンによってこの楽曲が初めて紹介されています。アル・ジョルソンは、アメリカの歌手、俳優でありトーキー映画時代から活躍、ステージでは奇抜な黒塗りの顔で現れパフォーマンス、アメリカを代表する元祖のエンターテイナーです。
この曲のカバーアーティストはジェリー・リー・ルイス、ディーン・マーチン、イーディ・ゴーメ、ブレンダ・リー等がカバーをしているみたいですね。日本でカバーしたアーティストもあまりいないようですね。日本ではあまりなじみがない楽曲のようです。アル・ジョルソの名前は知っているがこの曲は?というかたも多いのでは。私は大好きな楽曲なんですが。
※トゥート・トゥート・トゥーツィー変な曲名ですよね、要するに汽車ポッポの汽笛の音なのです。

►トゥート・トゥート・トゥーツィー( Toot Toot Tootsie! (Good Bye)の歌詞はこちらから
Al Jolson ディスコグラフィー
Tuxedo Junction ディスコグラフィー
Wikipedia  Al Jolson

Al Jolson - Toot, Toot, Tootsie (Goo' Bye) (1922)





Golden Years of Al JolsonGolden Years of Al Jolson
Al Jolson
商品詳細を見る
アル・ジョルスン最初のトーキー映画『ジャズ・シンガー』に出演。歌手としての代表作はジョージ・ガーシュウィンの「スワニー」である。アル・ジョルスンSP時代以降の録音代表曲20曲を収録。


Tuxedo Junction - Toot Toot Tootsie





Best of Tuxedo JunctionBest of Tuxedo Junction
Various Artists
商品詳細を見る
タキシード・ジャンクションは1978年にアメリカで人気があった女性3人のユニットでおもにスタンダード曲を歌うコーラスグループです。ビッグバンドをバックにお洒落でリズミカルにアレンジしてあるサウンドはお酒が似合うおしゃれな大人の楽曲といえるでしょう。


ヴァンプス・ザ・ローリング20’Sヴァンプス・ザ・ローリング20’S
イーディ・ゴーメ
商品詳細を見る
ドン・ゴスタ楽団をはじめオーケストラをバックに熱唱したスタンダード・ナンバー集。「シカゴ」や「マイ・バディ」など、若き日のゴーメの溌剌とした魅力を十二分に堪能できるアルバムだ。
関連記事

Last Modified : 2017-09-08

Comment







管理者にだけ表示を許可