ブルームーンお勧めのオールディーズを動画で試聴【ポップ・ジャズ・ロック・映画音楽】歌詞・ダウンロード 




この記事に含まれるタグ :
アメリカのジャズ・ピアニスト  アメリカの女性ジャズ歌手  ジャズ・スタンダード    



バードランドの子守唄(lullaby of birdland)/ジョージ・シアリング

   ↑  2009/02/22 (日)  カテゴリー: 1950年代の洋楽
年度1952年昭和 27 年
作詞George David Weiss
B.Y. Forster
ジョージ・デビッド・ワイス
B.Y.フォスター
作曲George Shearingジョージ・シアリング
アーティストChris Connorクリス・コナー

邦題「バードランドの子守唄」ララバイ・オブ・バードランドは盲目のジャズ・ピアニスト(ジョージ・シアリング)1952年に発表したジャズのスタンダード・ナンバーです。
ジャズ・アーティストの間でもとても愛されているこの曲はエラ・フィッツジェラルド、サラ・ヴォーンなどの大物黒人歌手のカバーで知られている曲です。特に日本ではクリス・コナーのバージョンが人気があるようです。
「バードランド」とはニューヨークマンハッタン52丁目のジャズ・クラブのことを指します。1965年に一度閉店し、現在は再開していますが当時このクラブで演奏するミュージシャンたちの多くはステージの最後に、この曲を演 奏していたそうです。バードランドの夜 Vol.1(Art Blakey & the Jazz Messengers)でも、この曲がバックで流れています。
今夜は1953年クリス・コナーの名盤であり彼女の代表的アルバム「Sings Lullabies of Birdland」 に収録されたこの曲に注目しました。
白人ジャズ歌手のクリス・コナー、Stan Kenton(スタン・ケントン)楽団に在籍していた時期もあった彼女、低音でハスキーな声が魅力です。

バードランドの子守唄 (Lullaby of Birdland)の歌詞はこちらから
George Shearing ディスコグラフィー
Chris Connor ディスコグラフィー

Lullaby of Birdland - George Shearing - 1987





ベスト・オブ・ジョージ・シアリングベスト・オブ・ジョージ・シアリング
ジョージ・シアリング、ビリー・エクスタイン 他
商品詳細を見る
根強い人気の名ピアニスト、ジョージ・シアリングの入門に最適なベスト・アルバムが低価格で登場。《ジャズ・ジャイアンツ決定盤》シリーズの1枚で、レーベルを超えて編集。バートンらとの共演が聴ける。


Chris Connor – Lullaby of birdland





バードランドの子守唄+2(K2HD/紙ジャケット仕様)バードランドの子守唄+2(K2HD/紙ジャケット仕様)
クリス・コナー
商品詳細を見る
スタン・ケントン楽団の専属の歌手アニタ・オデイ、ジューン・クリスティの後に入団した白人女性ジャズ歌手クリス・コナーは楽団の専属歌手として活躍した。アルバム『バードランドの子守唄』は、当時にリリースされたクリス・コナーの名盤である。
関連記事


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカのジャズ・ピアニスト アメリカの女性ジャズ歌手 ジャズ・スタンダード  

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-3.html

2009/02/22 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: バードランドの子守唄(lullaby of birdland)/ジョージ・シアリング

お気軽にコメントをどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback