ブルームーン

あれもこれも!!ザ・昭和の時代を駆け抜けたお勧めのオールディーズを動画でプレイバック!!!!

TOP >  60’s >  1968年の洋楽 >  ミスター・ボージャングルズ(Mr. Bojangles)/ニッティ・グリッティ・ダート・バンド

ミスター・ボージャングルズ(Mr. Bojangles)/ニッティ・グリッティ・ダート・バンド

年度1968年昭和 43 年
作詞・作曲Jerry Jeff Walkerジェリー・ジェフ・ウォーカー
アーティストJerry Jeff Walker
The Nitty Gritty Dirt Band
ジェリー・ジェフ・ウォーカー
ニッティ・グリッティ・ダート・バンド

ミスター・ボージャングルズはアメリカのカントリー・フォークシンガー、ジェリー・ジェフ・ウォーカーによって1968年に発表されました。ほのぼのとした哀愁漂う渋い名曲であります。 ジャンルを問わず数多くのアーティストにカバーされ、よく知られるところでは1970年にアメリカのカントリー・ロックバンドであるニッティ・グリッティ・ダート・バンドがカバー、全米シングル・チャートで9位まで記録されています。
タイトルの『ミスター・ボージャングルズ』ボージャングルとは監獄で知り合った老人の名前でありその時の話をもとにこの曲が作られています。「若い頃ダンサーであった彼は 人生について語った、そして笑い、ステップを踏んだ.......」
サミー・デイヴィスJr.もカバーしています。彼もまた歌詞の内容からして心が通じるものがあったのでしょう。

ミスター・ボージャングルズ(Mr. Bojangles)の歌詞はこちらから
ジェリー・ジェフ・ウォーカー ディスコグラフィー
ニッティ・グリッティ・ダート・バンド  ディスコグラフィー

Jerry Jeff Walker - Mr. Bojangles





ミスター・ボージャングルミスター・ボージャングル
ジェリー・ジェフ・ウォーカー
商品詳細を見る
フォークの時代がシンガー・ソングライターの時代に移り替わった頃の大名盤。ポップス、ロック、カントリー、ジャズなどに唄い継がれている名曲「ミスター・ボー・ジャングル」のオリジナル・ヴァージョンを収録。
1942年3月、ニューヨーク生まれ。フォーク・リヴァイヴァルの洗礼を受けて、ウディ・ガスリー、ジャック・エリオットなどに興味を持ち、ディランがフォーク・ロックをやり始めた頃、サーカス・マクシマムズというサイケ風ロック・バンドを結成。その後、デヴィッド・ブロンバーグという良きフォーク仲間と出会い、初心に戻ってフォーク歌手としてソロ活動を開始、現在はテキサス・オースティンで歌手人生を楽しんでいる


Nitty Gritty Dirt Band - Mr. Bojangles





アンクル・チャーリーと愛犬テディアンクル・チャーリーと愛犬テディ
ニッティ・グリッティ・ダート・バンド、ニッティー・グリッティー・ダート・バンド 他
商品詳細を見る
カントリーやブルーグラスの世界をロックに溶かしたサウンドで一時代を築いたニッティ・グリティ(後のダート・バンド)の文句なく最高傑作が,このアルバム。誰もが一度は耳にしたことがあるだろう古典的名作も含め,まさにヴィンテージの一枚。
関連記事

Last Modified : 2015-04-02

Comment







管理者にだけ表示を許可