ブルームーン

あれもこれも!!ザ・昭和の時代を駆け抜けたお勧めのオールディーズを動画でプレイバック!!!!

TOP >  60’s >  1967年の洋楽 >  別れの朝(The Music Played)/マット・モンロー

別れの朝(The Music Played)/マット・モンロー

年度1967年昭和 42 年
作詞・作曲Udo Jürgensウド・ユルゲンス
アーティストMatt Monroマット・モンロー

原題は『ヴァス・イッヒ・ディ・ザーゲン・ヴィル(Was ich dir sagen will)』1967年にオーストリアのシンガーソングライター、ウド・ユルゲンスが発表した楽曲。邦題は「夕映えの二人」
イギリスでも英訳され歌手マット・モンローが1968年にカバーその時の曲名が『The Music Played』で紹介されています。
日本でも作詞家なかにし礼によって和訳され、1971年にペドロ&カプリシャスがカバー、邦題『別れの朝』で発表、初代ヴォーカル前野曜子が大歌手として不動の地位を築いた楽曲でもあります。二代目ヴォーカル高橋真梨子へと引き継がれています。

►別れの朝(The Music Played)マット・モンロー歌詞はこちらから
Matt Monro ディスコグラフィー

Matt Monro - The Music Played



関連記事

Last Modified : 2014-08-03

Comment







管理者にだけ表示を許可