ブルームーンお勧めのオールディーズを動画で試聴【ポップ・ジャズ・ロック・映画音楽】歌詞・ダウンロード 




この記事に含まれるタグ :
イギリスの男性ポップ歌手  ポップ  ブルー・アイド・ソウル  イタリアの曲  60’s  



ラブ・ミー・トゥナイト(Love Me Tonight)/トム・ジョーンズ

   ↑  2011/02/17 (木)  カテゴリー: 1969年の洋楽
年度1969年昭和 44 年
作詞Mario Panzeriマリオ・パンツェリ
作曲Lorenzo Pilatロレンツォ・ピラット
アーティストTom Jonesトム・ジョーンズ

ラブ・ミー・トゥナイトはイギリスの歌手トム・ジョーンズが1969年に発表した曲として知られている。英訳された彼のバージョンが世界的なヒットとなります。
この曲のオリジナル原曲は『Alla Fine Della Strada』邦題は、『恋の終わり』イタリアの歌手ジュニア・マッリ(Junior Magli)によって1969年サンレモ音楽祭で初めて紹介されています。

►ラブ・ミー・トゥナイト(Love Me Tonight)の歌詞はこちらから
Tom Jones ディスコグラフィー
Tom Jones オフィシャルサイト

Tom Jones - Love Me Tonight





ベスト・オブ・トム・ジョーンズベスト・オブ・トム・ジョーンズ
トム・ジョーンズ、アート・オブ・ノイズ 他
商品詳細を見る
『マーズ・アタック!』でそのギトギトねっとり感の不滅ぶりを天下に再び示したトムの60~70年代のヒットをごっそり収録し、88年のプリンスのカヴァー「キッス」を加えたうれしいコンピレーション。1人で勝手に盛り上がるパワーが熱すぎる。


グレイテスト・ヒッツグレイテスト・ヒッツ
トム・ジョーンズ
商品詳細を見る
「何かいいことないか仔猫チャン」のヒットで知られるトム・ジョーンズのベスト・アルバム。ヒット・シングルでCM使用曲「恋はメキメキ」ほか、ねちっこい彼のヴォーカルが存分に堪能できる一枚。
関連記事


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : イギリスの男性ポップ歌手 ポップ ブルー・アイド・ソウル イタリアの曲 60’s 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-261.html

2011/02/17 | Comment (1) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


ラブ・ミー・トゥナイト

ラブ・ミー・トゥナイトの説明の中でカジュアルズが後でカヴァーしたと書いてありますが、カジュアルズはサンレモ音楽祭でジュニア・マッリのパートナー(当時はダブル・キャスト)として歌い、彼らの歌もオリジナルであり、カヴァーではありません。なぜダブル・キャスとで音楽祭で歌うのかと言うと、サンレモ音楽祭は新曲コンクールであり、本来歌手の善し悪しを競うコンクールでないからです。

cnz27hiro |  2012/06/02 (土) 15:51 [ 編集 ] No.7

コメントを投稿する 記事: ラブ・ミー・トゥナイト(Love Me Tonight)/トム・ジョーンズ

お気軽にコメントをどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback