ブルームーン

あれもこれも!!ザ・昭和の時代を駆け抜けたお勧めのオールディーズを動画でプレイバック!!!!

TOP >  70’s >  1971年の洋楽 >  故郷へ帰りたい(Take Me Home Country Roads)/ジョン・デンバー

故郷へ帰りたい(Take Me Home Country Roads)/ジョン・デンバー

年度1971年昭和 46 年
作詞・作曲Bill Danoff
John Denver
ビル・ダノフ
ジョン・デンバー
アーティストJohn Denver
Olivia Newton John
ジョン・デンバー
オリビア・ニュートン・ジョン

テイク・ミー・ホーム カントリー・ロード邦題は『故郷へ帰りたい』1971年アメリカのシンガー・ソング・ライター「ジョン・デンバー」が発表した曲。全米ビルボード最高位2位まで記録した大ヒット曲です。 1976年には「オリビア・ニュートン・ジョン」のカバーで再び日本でもヒットしました。
記憶に新しいところでは1995年のアニメ映画スタジオ・ジブリ製作『耳をすませば』で曲が使われています。

故郷に続く道、この道の先には故郷がある。都会の片隅で寂しさに襲われ現実からのがれたく感傷にふける。ふと我に返り思い出すのは生まれ育った故郷、故郷に残した恋人のことや生まれ育った風景。この曲を聴いていると心の奥にしまっていた切ない思い出や美しい風景が脳裏を駆け抜けていきます。
飛行機事故でジョン・デンバーが亡くなったのは1997年のことでした。

►故郷へ帰りたい(Take Me Home Country Roads)の歌詞はこちらから
John Denver  ディスコグラフィー
Olivia Newton John ディスコグラフィー

John Denver - Country Roads





ミュージック・オブ・ジョン・デンバーミュージック・オブ・ジョン・デンバー
ジョン・デンバー、プラシド・ドミンゴ 他
商品詳細を見る
1969年に発表したデビュー・アルバム『ライムズ・アンド・リーズン』から今年で40周年。彼の音楽活動を網羅した3枚組ベスト盤をリリース。出世作となった「悲しみのジェット・プレーン」をはじめ、最初の大ヒット曲「故郷へかえりたい」(全米シングル・チャート2位)、全米シングル・チャートで1位を獲得した「太陽を背にうけて」や「緑の風のアニー」など、代表曲を完全網羅。1969年のデビュー・アルバムからRCAでの最後のアルバムとなった1986年の『ワン・ワールド』までの作品からピック・アップ、彼の音楽活動を網羅したといっていい選曲になっている。さらにメジャーからのリリースとしては約10年振りとなった1995年リリースのスタジオ・ライヴ盤『ワイルドライフ・コンサート』からも1曲(「マシュー」)収録。3CDに全45曲を収録したファン垂涎の内容となっている。<対訳あり>


Olivia Newton John - Take me home Country Roads 1972





オリビア・ニュートン・ジョン 40/40~ベスト・セレクション(初回限定盤)オリビア・ニュートン・ジョン 40/40~ベスト・セレクション(初回限定盤)
オリビア・ニュートン・ジョン
商品詳細を見る
オリビア・ニュートン・ジョンといえば「フィジカル」のプロモーション・ビデオを思い出す。ジャスト・フィットのレオタードを身にまとい、ジムでワークアウトに励む姿を披露。世界中のファンをブラウン管の前に釘付けにさせた。


耳をすませば [DVD]耳をすませば [DVD]
商品詳細を見る
雫は中学3年生。両親と大学生の姉とともに東京近郊の団地に住む、ごく普通の読書好きの女の子だ。そんな雫が親しくなった同級生の少年は、中学を卒業したらすぐに、バイオリン職人になるためにイタリアに渡ると言う。進路について深く考えていなかった自分に気づいた雫が、自分のやりたいこととして選んだのは…。


スタジオジブリの歌スタジオジブリの歌
アニメ主題歌、加藤登紀子 他
商品詳細を見る
「風の谷のナウシカ」から「崖の上のポニョ」まで スタジオジブリ19作品の主題歌・挿入歌全26曲を網羅した主題歌全集。
関連記事

Last Modified : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可