ブルームーンお勧めのオールディーズを動画で試聴【ポップ・ジャズ・ロック・映画音楽】歌詞・ダウンロード 




この記事に含まれるタグ :
アメリカの男性シンガーソングライター    R&B  ロックンロール  50’s  ビートルズ  



のっぽのサリー(Long Tall Sally)/リトル・リチャード

   ↑  2010/08/27 (金)  カテゴリー: 1950年代の洋楽
年度1956年昭和 31 年
作詞・作曲Little Richard
Robert Blackwell
Enotris Johnson
リトル・リチャード
ロバート・ブラックウェル
エノトリス・ジョンスン
アーティストLittle Richard
The Beatles
リトル・リチャード
ザ・ビートルズ

邦題のっぽのサリー、ロング・トール・サリーはアメリカのシンガーソングライター、 リトル・リチャードが1956年に発表したロックン・ロール、全米ビルボードR&B部門で1位を獲得し大ヒットした曲でである。
ロックン・ロールの創始者といっても過言ではないキング・オブ・ロックン・ロール日本でもミッキィー・カーチスによってカバーされ紹介されています。
この曲はロックン・ロールの定番曲であり彼の作品は多くのロック・アーティストに大きな影響をもたらした。カバーも多くのアーティストによって行われていますが、1956年にはエルヴィス・プレスリー、やはり1964年にビートルズがトリビュートしたのが一番ポピュラーなのでしょうか。

►ロング・トール・サリー(Long Tall Sally)の歌詞はこちらから
Little Richard  ディスコグラフィー

Little Richard - Long Tall Sally





Very Best of Little Richard (Dig)Very Best of Little Richard (Dig)
Little Richard
商品詳細を見る
キング・オブ・ロックン・ロール リトル・リチャードのベスト・アルバム。50年代から60年代にかけての代表曲を収録。ビートルズがカヴァーしたのっぽのサリー 以下,ヒット曲が収録されている。


ザ・ベスト・オブ・リトル・リチャード(DVD付)ザ・ベスト・オブ・リトル・リチャード(DVD付)
リトル・リチャード
商品詳細を見る
ゴスペルやブルースの影響を受けアグレッシヴにシャウトするヴォーカル・スタイルと、破天荒でエキサイティングなライヴ・パフォーマンスで人気を博したキング・オブ・ロックン・ロール、リトル・リチャードのヒット曲満載のベスト・セレクションCD。


The Beatles - Long tall sally





パスト・マスターズ vol.1&2パスト・マスターズ vol.1&2
ザ・ビートルズ
商品詳細を見る
世界を変えたザ・ビートルズオリジナル作品14タイトルを最新サウンドで!
初のCD化(1987年)以来の新訂リマスター遂に登場!
オリジナル・アルバムのCD化は完了したが、それではアルバムに収録されなかった名曲があぶれてしまう。ビートルズがアルバムとシングルの制作意図を区別していた結果である。その29曲に加えて「ラヴ・ミー・ドゥ」「ゲット・バック」「レット・イット・ビー」の.....


オン・ステージ・レガシー・エディションオン・ステージ・レガシー・エディション
エルヴィス・プレスリー
商品詳細を見る
発売から40周年を記念したレガシー・エディション
1969年7月31日~8月28日、初のラスヴェガス・インターナショナル・ホテルでの公演が行なわれた。この時の模様を収めたアルバムが『Elvis In Person』。日本では『エルヴィス・オン.....
関連記事


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカの男性シンガーソングライター  R&B ロックンロール 50’s ビートルズ 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-216.html

2010/08/27 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: のっぽのサリー(Long Tall Sally)/リトル・リチャード

お気軽にコメントをどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback