ブルームーン

あれもこれも!!ザ・昭和の時代を駆け抜けたお勧めのオールディーズを動画でプレイバック!!!!

TOP >  60’s >  1968年の洋楽 >  悲しき天使(Those were the days)/メリー・ホプキン

悲しき天使(Those were the days)/メリー・ホプキン

年度1968年昭和 43 年
作詞・作曲Gene Raskinジーン・ラスキン
アーティストMary Hopkinメリー・ホプキン

邦題は『悲しき天使』ゾーズ・ワー・ザ・デイズの元々の原曲はロシアの民謡とされており、1963年にアメリカのジーン・ラスキンによって編曲されされています。
1968年ビートルズのポール・マッカートニーがプロデュースした英国のフォーク女性歌手メリー・ホプキンによってこの曲が発表された。その容姿や美声から「アップルの歌姫」と呼ばれた。全英で1位、全米でも第2位までランキングされ世界中で大ヒットしました。
※ゾーズ・ワー・ザ・デイズとは「あの頃がなつかしい」などの表現で使われている。

►悲しき天使(Those were the days)の歌詞はこちらから
Mary Hopkin ディスコグラフィー  

Mary Hopkins - Those Were The Days





ベスト・オブ・メリー・ホプキン(紙ジャケット仕様)ベスト・オブ・メリー・ホプキン(紙ジャケット仕様)
メリー・ホプキン
商品詳細を見る
彼女自身が編集したべス卜盤。アップル・レコード時代のポップス調から,そこを離れてのしっとりした趣のものまで,感動しながら,しんみりと聴いてしまいました。ジャケット内に当時のシングルのジャケット
関連記事

Last Modified : 2017-09-08

Comment







管理者にだけ表示を許可