ブルームーン

あれもこれも!!ザ・昭和の時代を駆け抜けたお勧めのオールディーズを動画でプレイバック!!!!

TOP >  70’s >  1973年の洋楽 >  やさしく歌って(Killing Me Softly with His Song)/ロバータ・フラック

やさしく歌って(Killing Me Softly with His Song)/ロバータ・フラック

年度1973年昭和 48 年
作詞Norman Gimbelノーマン・ギンベル
作曲Charles Ira Foxチャールズ・フォックス
アーティストRoberta Flack
Fugees
ロバータ・フラック
フージーズ

邦題『やさしく歌って』キリング・ミー・ソフトリー・ウィズ・ヒズ・ソングは、アメリカのシンガーソングライター、ロバータ・フラックが1973年に発表、5週連続全米シングルチャート1位、1974年にはグラミー最優秀レコード賞を受賞しました。日本ではインスタントコーヒーのCMでお馴染みの曲です。
この曲には原曲(オリジナル)があり1971年にソングライターであるロリ・リーバーマン(Lori Lieberman)が曲を発表しています。その曲を元にノーマン・ギンベルとチャールズ・フォックスによって曲がアレンジされました。1973年このバージョンをロバータ・フラックのカバーで世界的な大ヒットとなった。
作詞を書いたのはアメリカのノーマン・ギンベルこのサイトでも何度か紹介していますが偉大なヒットメーカーです。
アルバム「ザ・スコア」でグラミー賞を受賞したフージーズ(The Fugees)ヒップホップの3人組のグループが1996年に、『キリング・ミー・ソフトリー』のタイトルでこの曲をカバーしていました。このバージョンも全米シングル・チャートで2位まで記録されています。

►やさしく歌って(Killing Me Softly with His Song)の歌詞はこちらから
Roberta Flack  ディスコグラフィー
Fugees ディスコグラフィー

Roberta Flack - Killing Me Softly with His Song





ベスト・オブ・ロバータ・フラックベスト・オブ・ロバータ・フラック
ロバータ・フラック、マキシ・プリースト 他
商品詳細を見る
まさに彼女のソングスタイリストと呼ぶにふさわしい人物。ロバータのこれまで,アトランティックに在籍した22年余の作品から選んだベスト。主なヒット曲は,ほとんど網羅されており,改めて,彼女の実績のすごさを感じる。知性を感じさせるアーティスト。


Fugees - Killing Me Softly





GREATEST HITSGREATEST HITS
フージーズ
商品詳細を見る
1994年にアルバム『BLUNTED ON REALITY』でデビューを飾った、ローリン・ヒル、ワイクリフ・ジョン、プラーズの3人組ヒップホップユニット、フージーズのベストアルバム。ティーナ・マリーのR&Bヒット「Ooh La La La」を使った<3>、ロバータ・フラックの同名曲をヒップホップビートでリメイクする<5>、ワイクリフが歌う.....


ネスカフェ・イメージ・アルバム~コーヒー・ブレイク・ジャズネスカフェ・イメージ・アルバム~コーヒー・ブレイク・ジャズ
オムニバス、エリサ・フィオリオ 他
商品詳細を見る
コーヒーメーカー、ネスカフェのイメージ楽曲を集めたオムニバス、コーヒーを飲みながら、聞き流す曲はいかが?
関連記事

Last Modified : 2014-09-01

Comment







管理者にだけ表示を許可