ブルームーン

あれもこれも!!ザ・昭和の時代を駆け抜けたお勧めのオールディーズを動画でプレイバック!!!!

TOP >  オールディーズ >  1940年代の洋楽 >  ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ/ヘレン・メリル

ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ/ヘレン・メリル

年度1943年昭和 18 年
作詞・作曲Cole Porterコール・ポーター
アーティストHelen Merrill ヘレン・メリル

ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥは、コール・ポーターの作品です。1943年の映画「サムシング・トゥ・シャウト・アバウト (Something To Shout About)」で主題歌で紹介されています。 長ったらしいタイトルにも関わらず邦題がない!ことで話題になった曲でもあります。大橋巨泉さんが「帰ってくれたらうれしいわ」と命名したが意味が異なったためボツになったと云う事であります。
1954年に発表されたヘレン・メリルのアルバム『ヘレン・メリル(ウィズ・クリフォード・ブラウン)』この中にこの曲が収録されています。やはりヘレン・メリル この人しかいないでしょう!多くのアーティストにカバーされていますが彼女以上にこの歌を感情込めて歌いあげる歌手は他にいません。ハスキーな声で情感たっぷりに歌い上げています。このアルバムは「ニューヨークのため息」と称される彼女の世界感が堪能できる作品となっています。このアルバムはジャズ・トランペット奏者クリフォード・ブラウンが全面協力クインシー・ジョーンズが編曲を担当し最高傑作と評価されています。

ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥの歌詞はこちらから
Helen Merrill  ディスコグラフィー

Helen Merrill - You'd Be So Nice To Come Home To with Clifford Brown





ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン(紙ジャケット仕様)ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン(紙ジャケット仕様)
ヘレン・メリル
商品詳細を見る
クインシー・ジョーンズが指揮と編曲を担当した1954年録音の名盤。ハスキーなヘレン・メリルのヴォーカル、天才クリフォード・ブラウンのトランペットによるゴージャスなアンサンブルにため息。
関連記事

Last Modified : 2015-07-07

Comment







管理者にだけ表示を許可