ブルームーン

あれもこれも!!ザ・昭和の時代を駆け抜けたお勧めのオールディーズを動画でプレイバック!!!!

TOP >  70’s >  1972年の洋楽 >  カリフォルニアの青い空 (It Never Rains In Southern California)/アルバート・ハモンド

カリフォルニアの青い空 (It Never Rains In Southern California)/アルバート・ハモンド

年度1972年昭和 47 年
作詞・作曲Mike Hazlewood
Albert Hammond
マイク・ハーゼルウッド
アルバート・ハモンド
アーティストAlbert Hammondアルバート・ハモンド

イット・ネヴァー・レインズ・イン・サザン・カリフォルニア 邦題は『カリフォルニアの青い空』1972年イギリスのシンガーソングライター「アルバート・ハモンド」が歌ってヒットした曲です。全米チャートで5位まで記録されました。日本でもオリコンで1位となり大ヒットしています。この曲の他にも『落葉のコンチェルト』等の名曲もあり当時はとても人気があったシンガーでした。 この曲をバリー·マニロウ、日本では南沙織がカバーしていたようですね。

►カリフォルニアの青い空の歌詞はこちらから
Albert Hammond  ディスコグラフィー

Albert Hammond - It Never Rains In Southern California





カリフォルニアの青い空(紙ジャケット仕様)カリフォルニアの青い空(紙ジャケット仕様)
アルバート・ハモンド
商品詳細を見る
カリフォルニアの青い空(紙ジャケット仕様)カリフォルニアの青い空, 落葉のコンチェルト 他11曲を収録
関連記事

Last Modified : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可