ブルームーン

あれもこれも!!ザ・昭和の時代を駆け抜けたお勧めのオールディーズを動画でプレイバック!!!!

TOP >  60’s >  1966年の洋楽 >  サマー・サンバ(Summer Samba)/アストラッド・ジルベルト

サマー・サンバ(Summer Samba)/アストラッド・ジルベルト

年度1966年昭和 41 年
作詞P.S.Valle
Norman Gimbel
パウロ・セルジオ・ヴァッレ
ノーマン・ギンベル (英語詩)
作曲M.Valleマルコス・ ヴァッレ
アーティストAstrud Gilbertoアストラッド・ジルベルト

真夏の暑い日にピッタリの曲サマー・サンバは1966年に発表されたブラジルのボサノヴァです。タイトルが「ソ・ナイス」で紹介される事も....原題は、サンバ・ジ・ヴェラォン(Samba de Verao)邦題は後にアメリカでリメイクされ英語の歌詞がノーマン・ギンベルによって付けられました。
サマー・サンバと言えば、全米シングル・チャートで26位、全米イージーリスニング・チャートで3位まで記録されたウォルター·ワンダレイ·トリオのオルガン演奏も外せませんね。一視聴されてはいかがでしょうか?インストゥルメンタルの洗練された透明感のオルガン演奏は何度聞いても飽きない名曲です。ヴォーカルでは1967年に記録されたアストラッド・ジルベルトのバージョンがよく知られています。
暑い夏の季節にピッタリです。青い海、何処までも続く白い砂浜が目の前に現れてきそうです。

Summer Samba (So Nice)の英語歌詞はこちらから
Samba de Verao (So Nice)のポルトガル歌詞はこちらから
Walter Wanderley  ディスコグラフィー
Astrud Gilberto ディスコグラフィー

Walter Wanderley - Summer Samba





サマー・サンバ(紙ジャケット仕様)サマー・サンバ(紙ジャケット仕様)
ワルター・ワンダレイ
商品詳細を見る
66年にアメリカでレコーディングされたアルバム。ジョビンのボサ・ノヴァは海辺のリゾートによく似合うが,ワンダレイのボサ・ノヴァには都市生活のリズムがある。下町の縁日的感覚とも共通するその楽しさは,それを聴く者の気分を浮き立たせる。


Astrud Gilberto - Summer Samba (So Nice) 1967





ザ・ガール・フロム・ボサ・ノヴァ~デビュー40周年記念ベストザ・ガール・フロム・ボサ・ノヴァ~デビュー40周年記念ベスト
アストラッド・ジルベルト
商品詳細を見る
デビュー作であるボサ・ノヴァの名盤『ゲッツ/ジルベルト』から40年。本作は40周年記念ベスト・アルバム。ヴァーヴに残された9枚のオリジナル・アルバムから名演ばかりをセレクト。


ボッサ・カリオカ【HQCD】ボッサ・カリオカ【HQCD】
小野リサ
商品詳細を見る
ボサノヴァ40周年にふさわしく、ジョビン・ファミリー(アントニオ・カルロス・ジョビンの息子パウロと、孫のダニエル)をプロデューサーに迎え、ボサノヴァ生誕の地、リオ・デ・ジャネイロで録音した「小野リサのボサノヴァ・ベスト」的なアルバム。ボサノヴァらしさ、小野リサらしさをテーマに、ボサノヴァのスタンダードを中心に選曲。ボサノヴァ・ファンは当然のこと、「ボサノヴァ入門編」としてJ-POPファン、フリーソウル・ファンも必聴! オリジナル曲3曲を含む全13曲入り。1998年の作品。


フレスカ~ボサノヴァ~フレスカ~ボサノヴァ~
オムニバス、セルジオ・メンデスとブラジル’66 他
商品詳細を見る
「ボサノヴァってオシャレだけど思うんだけど、何を聴いたらいいかわからない」という人におすすめしたいアルバムがこの『フレスカ・ボサノバ』。ブラジル音源を豊富にストックしているEMIオデオンの音源を中心に、日本が誇る小野リサ、そして、アントニオ・カルロス・ジョビンなどボサノヴァ界のトップミュージシャンの楽曲をパッケージングしている.....
関連記事

Last Modified : 2017-09-08

Comment







管理者にだけ表示を許可