ブルームーンお勧めのオールディーズを動画で試聴【ポップ・ジャズ・ロック・映画音楽】歌詞・ダウンロード 




この記事に含まれるタグ :
アメリカの女性ポップ歌手  ジャズ・スタンダード  映画の主題歌  日本でリメイクされた曲  全米No.1ヒット  40’s  ドリス・デイ  浅川マキ    



センチメンタル・ジャーニー(Sentimental Journey)/ドリス・デイ

   ↑  2009/06/14 (日)  カテゴリー: 1940年代の洋楽
年度1944年昭和 19 年
作詞Bud Greenバド・グリーン
作曲Lee Brown
Ben Hormer
レス・ブラウン
ベン・ホーマー
アーティストDoris Day ドリス・デイ

今夜ご紹介する曲は「センチメンタル・ジャーニー」作詞はバド・グリーン作曲はレス・ブラウン、ベン・ホーマーです。1944年にタイトルも同じくアメリカでで映画化されています。この時の映画 でドリス・デイが歌が歌って全米ビルボード・シングルチャートでナンバーワンとなり23週もの間記録され大ヒットしました。
この曲も世界中で数多くカバーされていますが日本でもカバーをしたアーティスト数多く、その中でも私の一押しなのが、浅川マキさんが歌う、バージョンなのです。1976年にリリースされた『灯ともし頃 MAKI VII』(ひともしごろ・まき・セブン)に収録されています。一般的に歌われているこの曲のイメージとは一味ちがう暗くダークな世界へ導かれて行く私のお気に入りのアーティストであります。
※ちなみに、センチメンタル・ジャーニーとは、感傷旅行という意味です。

►センチメンタル・ジャーニー (Sentimental Journey)の歌詞はこちらから
Doris Day ディスコグラフィー
浅川 マキ ディスコグラフィー
浅川 マキ オフィシャルサイト

Doris Day - Sentimental Journey





ゴールデン・ガールゴールデン・ガール
ドリス・デイ
商品詳細を見る
歌手、女優として大成功した大スター、ドリス・デイが米コロンビアに残した名唱の数々を収めた2枚組。「ケ・セラ・セラ」「センチメンタル・ジャーニー」といった代表曲を余すことなく収録した決定版。


ライク・イエスタデイライク・イエスタデイ
ベヴァリー・ケニー
商品詳細を見る
昨今増加の一途を辿る白人金髪ヴォーカル愛好家の間で,絶大なる人気を誇るベヴ・ケリーの代表作。スモール・コンボをバックに,往年のバンドシンガー華やかなりし頃の佳曲をあどけなく歌い上げる。この軽さが,どうも病みつきになるのではないか。


Maki Asakawa



灯ともし頃(紙ジャケット仕様)灯ともし頃(紙ジャケット仕様)
浅川マキ
商品詳細を見る
浅川マキの一周忌に合わせ、これまで手に入れることができなかった幻の名盤の誉れ高き70年代のオリジナルアルバム、デビューから10枚目までの10アルバムを一挙紙ジャケ仕様・完全初回限定盤として同時リリース。 70年代の浅川マキのベスト作品と評されることもある、ファンの人気も高い7thアルバム。ジャズのライブハウスとして草分け的存在の「アケタの店」で一気にレコーディングされた。つのだひろ、萩原信義、吉田建らに加えて近藤俊則(現:等則)、坂本龍一といった新しい才能も加わり、レベルの高い、勢いのあるパフォーマンスを聴くことができる。 今回、初のCD化となる。


浅川マキの世界 CD10枚組BOX自選作品集【復刻限定生産】浅川マキの世界 CD10枚組BOX自選作品集【復刻限定生産】
浅川マキ
商品詳細を見る
1990年に発売され、現在入手困難のため復刻の要望がとても強かったアイテムの自選作品集を緊急復刻!
関連記事


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカの女性ポップ歌手 ジャズ・スタンダード 映画の主題歌 日本でリメイクされた曲 全米No.1ヒット 40’s ドリス・デイ 浅川マキ  

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-135.html

2009/06/14 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: センチメンタル・ジャーニー(Sentimental Journey)/ドリス・デイ

お気軽にコメントをどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback