ブルームーン

あれもこれも!!ザ・昭和の時代を駆け抜けたお勧めのオールディーズを動画でプレイバック!!!!

TOP >  オールディーズ >  1940年代の洋楽 >  バラ色の人生(La Vie en Rose)/エディット・ピアフ

バラ色の人生(La Vie en Rose)/エディット・ピアフ

年度1944年昭和 19 年
作詞Edith Piaf
Mack David  
エディット・ピアフ
マック・デヴィッド(英語詩)
作曲Louis Gugliemiルイ・グリェーミ
アーティストSophie Milman
Louis Armstrong
ソフィー・ミルマン
ルイ・アームストロング

ラ・ヴィアン・ローズは、フランスのシャンソン。エディット・ピアフの代表作であり全世界で翻訳されています。日本では邦題「ばら色の人生」で紹介され越路吹雪さんのバージョンが有名です。
この曲は1944年作曲、インストゥルメンタルとして発表され後1947年に歌詞がつけられ現在の形になっています。作詞はエディット・ピアフ 作曲はルイ・グリェーミ、誰もが一度は 耳にしたことがあるスタンダード曲といえばこの曲になるのでしょうか。
カバーをしているアーティストも数多く、映画の中でも多くの作品で使われています。オードリー・ヘプバーンが映画「麗しのサブリナ」のなかでこの曲を歌っていました。
米国ではマック・デヴィッドにより英語の詩が書かれています。英語バージョンでは1950年に発表されたルイ・アームストロングのナンバーがよく知られています。
今夜は、一押しのカナダのジャズ歌手フランス語で歌うソフィー・ミルマンの動画と英語で歌うルイ・アームストロングの動画でどうぞ。

►La Vie en Rose フランス語の歌詞はこちらから
►La Vie En Rose英語の歌詞はこちらから
Edith Piaf ディスコグラフィー
Louis Armstrong ディスコグラフィー
Sophie Milman  ディスコグラフィー

Édith Piaf - La Vie en Rose





エディット・ピアフエディット・ピアフ
エディット・ピアフ
商品詳細を見る
パリの貧民街の路上に生まれ育つが、シャンソンの女王として世界に君臨したエディット・ピアフ。死後も唯一無二の存在として、その名は語り継がれている......


La Vie en Rose - Sophie Milman





ソフィー・ミルマンソフィー・ミルマン
ソフィー・ミルマン
商品詳細を見る
ソフィー・ミルマンのセルフ・タイトルのデビュー・アルバムは、ジャズ・スタンダードとコンテンポラリーの新曲を集め、この若いジャズ・シンガーの成熟と独創性を示している。巧みなプロデュースはカナダのジャズの開祖ビル・キングとダニー・グリーンスプーン。カナダのジャズ・シーンで最高のプレイヤーたちも数人参加している。


Louis Armstrong - La Vie En Rose





ハロー・サッチモ!~ミレニアム・ベストハロー・サッチモ!~ミレニアム・ベスト
ルイ・アームストロング
商品詳細を見る
20世紀が生んだ偉大なジャズマン、ルイ・アームストロングの生誕100年を記念したベスト盤。最近増えているCM使用曲も収録。永遠不滅のサッチモの魅力がいっぱいだ。


La Vie En Rose~I Love Cinemas~La Vie En Rose~I Love Cinemas~
手嶌葵
商品詳細を見る
映画『ゲド戦記』のテーマ曲での清冽な歌声がいまも強く印象に残る手嶌葵。20代前半の大人の女性となった彼女が近年積極的に取り組んでいるテーマのひとつが映画音楽だ。熱心な映画ファンでもある彼女が.....
関連記事

Last Modified : 2017-09-08

Comment







管理者にだけ表示を許可