ブルームーン

あれもこれも!!ザ・昭和の時代を駆け抜けたお勧めのオールディーズを動画でプレイバック!!!!

TOP >  オールディーズ >  1940年代以降の洋楽 >  ザ・マン・アイ・ラブ(The Man I Love)/アニタ・オデイ

ザ・マン・アイ・ラブ(The Man I Love)/アニタ・オデイ

年度1924年大正 13 年
作詞Ira Gershwinアイラ・ガーシュウィン
作曲George Gershwinジョージ・ガーシュウィン
アーティストAnita O'Dayアニタ・オデイ

邦題は「私の彼氏」マン・アイラブはブロードウェイミュージカル『レディー、ビー·グッド』の為に作曲された楽曲です。
1924年米国のクラシック作曲家ジョージ・ガーシュウィンの作品です。ガーシュウィンは米国のおもに、クラッシックを書いた作曲家です。パリのアメリカ人、ラプソディ・イン・ブルー、サマータイムなどはガーシュインの作品です。どこかで聞いたことのある曲ばかりです。 
カバーを行なったアーティストも多く ビリー・ホリデイ、ペギー・リー、エラ・フィッツジェラルド、ジャンルを問わず歌われスタンダドー・ナンバーとなっています。  
今夜は,ソフィー・タッカー、私のお気に入りのジャズ歌手アニタ・オデイのヴォーカルでどうぞ。
ソフィータッカーとはボードヴィルの女王と呼ばれたジャズ界の大御所歌手で、女優・歌手のジュディ・ガーランドに歌を教えた人物としても知られる。

►ザ・マン・アイ・ラブ (The Man I Love)の歌詞はこちらから
George Gershwin ディスコグラフィー
Anita O'Day ディスコグラフィー
George Gershwin
Anita O'Day オフィシャルサイト

Sophie Tucker - The Man I Love (1928)





Anita O'Day - The Man I Love





イヴニング・ウィズ・アニタ・オデイ(紙ジャケット仕様)イヴニング・ウィズ・アニタ・オデイ(紙ジャケット仕様)
アニタ・オデイ
商品詳細を見る
日本でファンが多いアニタ・オデイ、日本で制作編集されたベストアルバム代表曲12曲を収録。


By MyselfBy Myself
Inger Marie Gundersen
商品詳細を見る
2004年、彗星の如く登場した一人の無名のノルウェー出身の女性シンガーのデビュー・アルバムが、主要外資CD店のジャズ・チャートのTOPを独走し、大ヒットを記録した・・・その女性シンガーの名はインガー・マリエ。


アート・ペッパー・ミーツ・ザ・リズム・セクション+1(紙ジャケット仕様)アート・ペッパー・ミーツ・ザ・リズム・セクション+1(紙ジャケット仕様)
アート・ペッパー
商品詳細を見る
アルト・サックス奏者、アート・ペッパーがマイルスのリズム・セクションとプレイしたイースト・ミーツ・ウエストの名盤。ヘレン・メリルの名唱で名高い(1)における明るい快演が心地良い。

ソフィー・ミルマンソフィー・ミルマン
ソフィー・ミルマン
商品詳細を見る
ソフィー・ミルマンのセルフ・タイトルのデビュー・アルバムは、ジャズ・スタンダードとコンテンポラリーの新曲を集め、この若いジャズ・シンガーの成熟と独創性を示している。巧みなプロデュースはカナダのジャズの開祖ビル・キングとダニー・グリーンスプーン。カナダのジャズ・シーンで最高のプレイヤーたちも数人参加している。
関連記事

Last Modified : 2017-09-08

Comment







管理者にだけ表示を許可