ブルームーン

あれもこれも!!ザ・昭和の時代を駆け抜けたお勧めのオールディーズを動画でプレイバック!!!!

TOP >  オールディーズ >  1940年代以降の洋楽 >  マック・ザ・ナイフ(Mack the Knife)/ボビー・ダーリン

マック・ザ・ナイフ(Mack the Knife)/ボビー・ダーリン

年度1928年昭和 3 年
作詞Bertolt Brecht
Marc Blitzstein
ベルトルト・ブレヒト
マーク・ブリッツスタイン(英語詩)
作曲Kurt Weillクルト・ワイル
アーティストBobby Darinボビー・ダーリン

マック・ザ・ナイフは、1928年ドイツ作曲家、クルト・ワイルによって作曲され『三文オペラ』で使われた。原題はモリタートで紹介されこの歌詞の内容は、主人公であるナイフの使い手で殺し屋のマックが街に帰ってきたという内容から始まっています。
1954年にマーク・ブリッツスタインによって英語に翻訳され現在の表題になっています。さまざまな歌手によって歌われいますが特に有名なのがボビー・ダーリン、エラ・フィッツジェラルドのバージョンでしょう。
1959年にボビー・ダーリンが歌って全米シングル・チャートでナンバーワンを記録1960年にはグラミー最優秀レコード賞を受賞し世界中で大ヒットしました。
1960年に発表されたエラ・フィッツジェラルドのライブ・アルバム『マック・ザ・ナイフ~エラ・イン・ベルリン』にこの曲が収録されこちらもグラミー賞を獲得しています。この曲は歌詞がとても長いためエラ・フィッツジェラルドがライブで歌詞を忘れてしまいアドリブで歌ったエピソードは有名です。

►マック・ザ・ナイフ (Mack the Knife)の歌詞はこちらから
Bobby Darin ディスコグラフィー

Bobby Darin - Mack The Knife





Mack the KnifeMack the Knife
Bobby Darin
商品詳細を見る
アメリカが誇る伝説のエンターテイナー、ボビー・ダーリン1959年の大ヒット曲「マック・ザ・ナイフ」が収録されたベストアルバム。
関連記事

Last Modified : 2015-04-13

Comment







管理者にだけ表示を許可