ブルームーンお勧めのオールディーズを動画で試聴【ポップ・ジャズ・ロック・映画音楽】歌詞・ダウンロード 




このページの記事目次 ( ← 2015年08月 → )

total 2 pages  次のページ →  



フュージョン(Vol.9)キャンディ・ダルファー/サクシュアリティ

   ↑  2015/08/30 (日)  カテゴリー: おすすめのフュージョン
オランダの女性アルト・サックス奏者キャンディ・ダルファー。フュージョンの世界で女性アーティストは少ない、ルックス実力ともに兼ね備わり世界的な人気を博したのは彼女くらいである。派手なステージのりのりのファンキーなサウンドを楽しみたいなら彼女で決まりだろう。
よく知られているが彼女の父はテナー・サックス奏者のハンス・ダルファーである。90年代に日本でも人気あり「"Hyper Beat!"」「"Mickey Mouth"」等の楽曲をヒットさせている。

キャンディ・ダルファー

ベストセラーとなったアルバム1993年『"Sax-A-Go-Go"』や1997年『"For The Love Of You"』があるが、やはり1990年にソロとしてデヴューを果たし記念すべきファーストアルバムとなった『"Saxuality"』が名盤としてたたえるべきなのでしょうか。

Candy Dulfer - Saxuality

Candy Dulfer - Saxuality

デジタル・ダウンロード

収録曲

1. リリィ・ワズ・ヒア(Lily Was Here)
2. ピー・ウィー(Pee Wee)
3. サクシュアリティ(Saxuality)
4. ソー・ホワット(So What)
5. ジャジッド(Jazzid)
6. ヘブンリー・シティ(Heavenly City)
7. ドンジャ(Donja)
8. ネイバーフッド(There Goes The Neighbourhood)
9. MR.リー(Mr. Lee)
10. ゲット・ザ・ファンク(Get The Funk)
11. ホーム・イズ・ノット・ア・ハウス(Home Is Not A House)
12. リリィ・ワズ・ヒア(DNAリミックス)( Lily Was Here (DNA Remix))

Candy Dulfer - Saxuality



関連記事


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : スムーズジャズ 

FC2スレッドテーマ : フュージョン名盤 (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-526.html

2015/08/30 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

フュージョン(Vol.8)アーバン・ナイツ/Urban Knights

   ↑  2015/08/20 (木)  カテゴリー: おすすめのフュージョン
アーバン・ナイツ(Urban Knights)はピアニスト、ラムゼイ・ルイス(Ramsey Lewis)をリーダーとして1995年に結成されたスーパーグループである。1995年にセルフ・タイトルとなったファースト・アルバム『Urban Knights I』が発表されて以来、アルバム・シリーズとして2005年『Urban Knights VI』まで6作品がリリースされている。

Urban Knights1

このグループの名盤として位置付けされるのはやはりデビューアルバムとなったアーバン・ナイツということになるのでしょうか。このアルバムはサックス奏者グローヴァー・ワシントン・ジュニア、元ウェザー・リポートのメンバー、オマー・ハキム(ドラム)、ヴィクター・ベイリー(ベース)ポール・ジャクソン・ジュニア(ギター)大物ミュージシャンを迎えてフィーチャリングされた。ファンク、ブラック・ミュージックのテイストたっぷり、お洒落でクールに味わえる一枚である。

Urban Knights

Urban Knights

デジタル・ダウンロード

収録曲

1. オン・ザ・ラジオ(On The Radio)
2. ウォナ・ビー・ウィズ・ユー(Wanna Be With You)
3. チル(Chill)
4. ハーツ・オブ・ロンギング(Hearts Of Longing)
5. フレンドシップ(Friendship)
6. ミラクル(Miracle)
7. ザ・ローズ(The Rose)
8. アーバン・サンバ(Urban Samba)
9. フォーエヴァー・モア(Forever More)
10. セネガル(Senegal)



関連記事


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : スムーズジャズ スーパーグループ 

FC2スレッドテーマ : フュージョン名盤 (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-525.html

2015/08/20 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

フュージョン(Vol.7)デイブ・グルーシン/マウンテン・ダンス

   ↑  2015/08/18 (火)  カテゴリー: おすすめのフュージョン
GRPレコード創設者、アメリカ合衆国コロラド州出身のデイブ・グルーシン(Dave Grusin)は編曲家、作曲家、プロデューサーとしてよく知られている。特に映画音楽の分野で数多くの功績を残してる。よく知られているのが1968年のアメリカ映画『卒業』のサウンドトラックでグラミー賞を受賞している。この映画のサントラはサイモン&ガーファンクルが大きな脚光を浴び取り沙汰されることが多いがデイブ・グルーシンの存在は大きい。

Dave Grusin

1980年にアルバム『Mountain Dance』を発表している。映画『恋におちて(Falling in Love)』のテーマ曲ともなった.マウンテン・ダンスが収録されたアルバムである。このアルバムは80年代に発表されデイブ・グルーシンのジャズフュージョン・キーボード奏者としての彼の魅力を十分に堪能できる作品だと思う。

Dave Grusin - Mountain Dance

Mountain Dance

デジタル・ダウンロード

収録曲

1.ラグ・バッグ(Rag Bag)
2.フレンズ・アンド・ストレンジャース(Friends and Strangers)
3.シティ・ナイツ(City Lights)
4.ロンド...イフ・ユー・ホールド・アウト・ユア・ハンド(Rondo - 'If You Hold Out Your Hand')
5.マウンテン・ダンス ~映画「恋におちて」テーマ・ソング(Mountain Dance)
6.サンクソング(Thanksong)
7.キャプテン・カリブ(Captain Caribe)
8.イーザー・ウェイ(Either Way)




関連記事


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : スムーズジャズ 

FC2スレッドテーマ : フュージョン名盤 (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-524.html

2015/08/18 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

フュージョン(Vol.6)アール・クルー/リヴィング・インサイド・ユア・ラヴ

   ↑  2015/08/12 (水)  カテゴリー: おすすめのフュージョン
アメリカのギタリスト、アール・クルーの持ち味は幻想的で軽やか、またダイナミックな力強さも兼ね備わった心地よい世界観にある。アコースティック・ギターが、かもし出す音色はナイロン弦の使用とギターテクニックによって最大限に表現される。

Earl Klugh

名盤としてのおすすめは、やはりキャピトル・レコード時代に発表されたファーストとセカンドアルバムに尽きると思う。アール・クルーは名プロデューサー、デイヴ・グルーシン(Dave Grusin)に見出さ1976年にファーストアルバム『Earl Klugh』を発表、代表作品となったヴォネッタ(Vonetta)が収録されている。全8曲収録されているがどの曲も十分アール・クルーの演奏が堪能できる。

同じ年1976年に続けてセカンド・アルバムとなる『Living Inside Your Love』を発表した。リヴィング・インサイド・ユア・ラヴ(Living Inside Your Love)もファーストアルバムと同様アレンジはデイヴ・グルーシンが携わっている。トロピカルなサウンドで人気の「キャプテン・カリブ」この曲も代表する曲にかぞえられる。圧巻は何と言ってもアルバムタイトルにもなった「リヴィング・インサイド・ユア・ラヴ」である。バックコーラスにアメリカのR&B歌手パティ・オースティン(Patti Austin)が参加している。

Earl Klugh - Living Inside Your Love

Living Inside Your Love

デジタル・ダウンロード

収録曲

1. キャプテン・カリブ(Captain Caribe)
2. 悲しいうわさ(I Heard It Through The Grapevine)
3. フェリシア(Felicia)
4. リヴィング・インサイド・ユア・ラヴ(Living Inside Your Love)
5. アナザー・タイム、アナザー・プレイス(Another Time, Another Place)
6. エイプリル・フールズ(The April Fools)
7. キコ(Kiko)




関連記事


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : スムーズジャズ 

FC2スレッドテーマ : フュージョン名盤 (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-523.html

2015/08/12 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

グリーン・グリーン(Green Green)/ザ・ニュー・クリスティー・ミンストレルズ

   ↑  2015/08/07 (金)  カテゴリー: 1963年の洋楽
年度1963年昭和38年
作詞・作曲Barry McGuire
Randy Sparks
バリー・マクガイア
ランディ・スパークス
アーティストThe New Christy Minstrelsザ・ニュー・クリスティー・ミンストレルズ

グリーン・グリーンはアメリカのフォーク・グループ「ニュー・クリスティー・ミンストレルズ」が1963年に発表した楽曲。低音で張りのある声で歌っているのはヴォーカルのバリー・マグワイアである。この曲は1960年から始まった反戦運動歌としてよく引用されている。この時期のアメリカの方向性(ベトナム戦争)が間違っていると若者たちが立ち上がり新天地を求めて定住しないヒッピイー族が横行した。「緑でいっぱいのグリーン・グリーン」とはその新天地を意味する。
家庭を持つ父親が長い旅に出る?パパがママに言ったグリーン・グリーンへ永遠の旅に出る。俺がいなくなっても悲しまないでくれ!.....解釈はさまざま、とらえ方も人それぞれであり戦争に出兵する父親の悲しい思い出ともとれる。

みなさんはよくご存じだろうが日本でも片岡 輝氏によって翻訳され合唱歌のレパートリーとして使われている。全部で7番まで歌詞があり歌詞は直訳されず大きく変えられ、何らかの理由でいなくなったパパと残された子供の会話が歌詞になっている。曲が進むにつれて胸がいっぱいになってくる。YouTube可愛い子供を残してパパはどこに行ってしまったんだろうか?

アメリカの内政上の問題で安部政権は安保法案を強行的に押し進めようとしている。なぜそんなに戦争が出来る国にしたいのだろうか?政治情勢や経済情勢が複雑に絡み日本の難しい立場に置かれている状況は解らない事はない。しかし同盟国のアメリカも戦争で大きな過ちを何度も繰り返しているのに日本は懲りずに一緒になって戦争の仲間に加わろうとしている。戦争をしない日本、他国の人々を傷つけない優しい日本人を多くの国民が望んでいるのを今の政権は分からないんでしょうか?もういい加減にアメリカにノー!と言って欲しい。日本は平和国家としての道を自分たちで決める時期が来たのではないでしょうか?戦争で幸せな家族からパパがいなくならないように.........

►グリーン・グリーン(Green Green)の歌詞はこちらから
►グリーン・グリーン(Green Green)の日本語歌詞はこちらから

The New Christy Minstrels - Green Green






 The New Christy Minstrels
 グリーン・グリーン
 男女混成10人組フォーク・コーラス・グループ、ニュー・クリスティ・ミンストレルズのベスト・トラックを中心とした楽しいフォーク・ソング集。アルバムタイトル曲の「グリーン・グリーン」は片岡 輝氏によって和訳の歌詞つけられNHKみんなのうたで放送された。それ以来、子供たちの合唱曲として歌われている。
関連記事


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカのフォークグループ 60’s 

FC2スレッドテーマ : 今日の1曲 (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-521.html

2015/08/07 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |