ブルームーンお勧めのオールディーズを動画で試聴【ポップ・ジャズ・ロック・映画音楽】歌詞・ダウンロード 




このページの記事目次 ( ← 2014年01月 → )



バタフライ(Butterfly)/スマイル.dk

   ↑  2014/01/31 (金)  カテゴリー: 1998年の洋楽
年度1998年平成10年
作詞・作曲Robert Uhlmann
Robin Rex
ロバート・ウールマン
ロビン・レックス
アーティストSmile.dkスマイル.dk

バブルガム・ポップ!スマイル.dkは、スウェーデンの女性デュオである。1998年にコナミの音楽ビデオゲーム、ダンスダンスレボリューションで起用され日本で一躍有名になる。バタフライの歌詞の中に 『私は蝶、日本にサムライを探しに来た』と歌詞が入れられ日本でヒットした。

►バタフライ(Butterfly)の歌詞はこちらから
Smile.dk ディスコグラフィー

Smile.dk - Butterfly





スマイル.dkーバタフライースマイル.dkーバタフライー
スマイル.dk
商品詳細を見る
CM:東芝「DVD」イメージ・ソング「バタフライ」他を収録した、スウェーデン出身の女性ユニット、スマイル D.Kのデビュー・アルバム
関連記事


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : バブルガム・ポップ 90’s 

FC2スレッドテーマ : 今日の1曲 (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-428.html

2014/01/31 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

タブサンピング(Tubthumping)/チャンバワンバ

   ↑  2014/01/25 (土)  カテゴリー: 1997年の洋楽
年度1997年平成  9年
作詞・作曲Chumbawambaチャンバワンバ
アーティストChumbawambaチャンバワンバ

チャンバワンバというグループ名は何の意味もないそうだ。反社会的な主張が濃いイギリスのパンク・ロックバンド、チャンバワンバが1997年に発表したアルバム『Tubthumper』に「タブサンピング」は収録された。 ヒット・チャートは全英2位、全米6位まで記録された。この曲は、フジTV系の番組「とくダネ!」のオープニングのテーマソングで使われている。

►タブサンピング(Tubthumping)の歌詞はこちらから
Chumbawamba ディスコグラフィー

Chumbawamba - Tubthumping





タブサンパータブサンパー
チャンバワンバ
商品詳細を見る
1997年リリース作品。大ヒット・ナンバー「タブサンピング」をフューチャーした、ヒット・アルバム。
関連記事


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : イギリスのロックバンド パンク・ロック 90’s 

FC2スレッドテーマ : 今日の1曲 (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-429.html

2014/01/25 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン(My Heart Will Go On)/セリーヌ・ディオン

   ↑  2014/01/20 (月)  カテゴリー: 1997年の洋楽
年度1997年平成  9年
作詞Will Jenningsウィル・ジェニングス
作曲James Hornerジェームズ・ホーナー
アーティストCeline Dionセリーヌ・ディオン

カナダの歌姫セリーヌ・ディオンが歌ったラヴ・バラード「タイタニック・愛のテーマ(マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン)」はジェームズ・キャメロン監督のアメリカ映画『タイタニック』の主題歌で使われた曲。アカデミー歌曲賞を受賞し、グラミー賞でも3部門、数々の音楽賞を総なめにした世界的な大ヒット曲である。

►マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン(My Heart Will Go On)の歌詞はこちらから
Celine Dion ディスコグラフィー

Celine Dion - My Heart Will Go On





「タイタニック」オリジナル・サウンドトラック「タイタニック」オリジナル・サウンドトラック
サントラ
商品詳細を見る
ジェイムズ・キャメロン監督・脚本映画『タイタニック』(主演:レオナルド・デカプリオ、ケイト・ウィンスレット)のオリジナル・サウンドトラック。音楽はジェイムズ・ホーナーが担当し、セリーヌ・ディオンによるテーマ曲....
関連記事


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アダルト・コンテンポラリー 映画の主題歌 90’s 

FC2スレッドテーマ : 今日の1曲 (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-427.html

2014/01/20 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

トレイン(The Train )/1910フルーツガム・カンパニー

   ↑  2014/01/11 (土)  カテゴリー: 1969年の洋楽
年度1969年昭和 44 年
作詞・作曲Cordell Ritchie
Jerry  Kasenetz
Jeffry Katz
リッチー・コーデル
ジェリー・カセネッツ
ジェフ・カッツ
アーティスト1910 Fruitgum Companyナインティテン・フルーツガム・カンパニー

親しみやすいポップなサウンド、バブルガム・ポップは、60年代後半から70年代にかけアメリカで流行した。 ナインティテン・フルーツガム・カンパニーは代表的なグループのひとつである。全英2位、全米4位1967年に発表した代表作に『サイモン・セッズ(Simon Says)』がある。トレイン(The Train )は、日本では売れたが全米ではランキングされていない。

►トレイン(The Train )の歌詞はこちらから
1910 Fruitgum Company ディスコグラフィー

1910 Fruitgum Company - The Train





ザ・ベスト・オブ・1910フルーツガム・カンパニーザ・ベスト・オブ・1910フルーツガム・カンパニー
1910フルーツガム・カンパニー
商品詳細を見る
ブッダ・レコード=バブルガム・ポップというイメージを代表するグループ。1968年にデビューし、たった2年という短い活動期間のなか、5枚ものアルバムを残している。実際はジェリー・カセネッツとジェフ・カッツが仕掛けた匿名プロジェクト
関連記事


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : バブルガム・ポップ 70’s 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-426.html

2014/01/11 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

パワー・オブ・ア・ウーマン(Power of a Woman)/エターナル

   ↑  2014/01/07 (火)  カテゴリー: 1995年の洋楽
年度1995年平成 7年
作詞・作曲Carl Sturken
Evan Rogers
カール ・ スターケン
エヴァン・ロジャース
アーティストEternalエターナル

エターナル(Eternal)は1993年に4人で結成され、90年代に活躍したイギリスの女性バンドである。1995年ソウルを代表する女性ヴォーカル・グループとしてバーニー・ベネット、エスター・ベネット、ケリー・ブライアンによってアルバム『パワー・オブ・ア・ウーマン』が発表された。UKチャート最高位は5位。ケリー・ブライアンが抜け、1999年に解散している。

►パワー・オブ・ア・ウーマン(Power of a Woman)の歌詞はこちらから
Eternal ディスコグラフィー

Eternal - Power of a woman





グレイテスト・ヒッツグレイテスト・ヒッツ
エターナル、ビービー・ウィナンス 他
商品詳細を見る
UKソウルを代表する女性ヴォーカル・グループとしての地位を揺るぎないものにしたエターナル。新曲3曲を含めたベストはまだアルバム通算4枚目。シングル・ヒットの多さ所以だろう。しっかりしたヴォーカルとハーモニー,売りのツボを押えた曲の良さが光る。
関連記事


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : ソウル R&B 90’s 

FC2スレッドテーマ : 今日の1曲 (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-424.html

2014/01/07 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |