ブルームーンお勧めのオールディーズを動画で試聴【ポップ・ジャズ・ロック・映画音楽】歌詞・ダウンロード 




このページの記事目次 ( ← 2012年06月 → )

total 2 pages  次のページ →  



ボラーレ(Volare)/ドメニコ・モドゥーニョ

   ↑  2012/06/30 (土)  カテゴリー: 1950年代の洋楽
年度1958年昭和 33 年
作詞Domenico Modugno
Franco Migliacci
ドメニコ・モドゥーニョ
フランコ・ミリアッチ
作曲Domenico Modugnoドメニコ・モドゥーニョ
アーティストDomenico Modugno
The Gipsy Kings
ドメニコ・モドゥーニョ
ジプシー・キングス

オリジナルは『Nel Blu, Dipinto di Blu』イタリアのカンツォーネ歌手ドメニコ・モドゥーニョが1958年に発表した楽曲である。
第8回サンレモ音楽祭で優勝し、この年から開催された記念すべき第1回グラミー賞において最優秀レコード賞と最優秀楽曲賞に輝いた。
1989年にフランスの音楽バンド、ジプシー・キングスがこの曲のカバーでリバイバルヒットをしています。リードボーカルのニコラス・レイエスの歌声には迫力がありラテン系特有な世界観でとても陽気にさせてくれます。この曲はアルバム『モザイク』に収録されています。

►ボラーレ(Volare)の歌詞はこちらから
Domenico Modugnoディスコグラフィー
The Gipsy Kings ディスコグラフィー

Volare - Domenico Modugno - Nel blu dipinto di blu





Volare - Gipsy Kings





モザイクモザイク
ジプシー・キングス
商品詳細を見る
サルサのルベン・ブレイズとの共作曲1を含む新作。今回は激しさを抑えた洗練味のある曲が中心で,初期の彼らのファンだった人にはちょっと物足りないかも。が,いかがわしい魅力は健在で,カンツォーネの名曲7をちゃっかりカバーしている。


ジプシー・キングスジプシー・キングス
商品詳細を見る
フランスで人気のジプシー・キングスの本邦デビュー盤。メンバーは皆,本物のジプシーで,大家族集団と共に移動生活をしているらしい。スパニッシュなギターやダンサブルなビートを基調にしたサウンドとフレンチ・ボヘミアンなメロディーがイカしてる。
関連記事


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : イタリアの男性歌手 カンツォーネ 全米No.1ヒット グラミー賞 50’s  

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-325.html

2012/06/30 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

愛のハーモニー(That's What Friends Are For)/ディオンヌ・ワーウィック

   ↑  2012/06/26 (火)  カテゴリー: 1985年の洋楽
年度1985年昭和 60 年
作詞・作曲Burt Bacharach
Carole Bayer Sager
バート・バカラック
キャロル・ベイヤー・セイガー
アーティストRod Stewart
Dionne Warwick
ロッド・スチュワート
ディオンヌ・ワーウィック

ザッツ・ホワット・フレンズ・アー・フォー、のオリジナルは1982年アメリカのコメディ映画映画『ラブ IN ニューヨーク 』のサウンドトラック使われエンディングでイギリスの歌手ロッド・スチュワートが歌った。
後1985年にディオンヌ&フレンズ(ディオンヌ・ワーウィック、グラディス・ナイト、エルトン・ジョン、スティーヴィー・ワンダー) によるエイズ撲滅チャリティーソングとしてカバーされた。1986年にはビルボードホット100では4週連続1位を記録し世界中で大ヒット。この曲はディオンヌ・ワーウィックのアルバム『フレンズ』に収録されている。

►愛のハーモニー(That's What Friends Are For )の歌詞はこちらから
Burt Bacharach ディスコグラフィー
Rod Stewart ディスコグラフィー
Dionne Warwick ディスコグラフィー

That's What Friends Are For - Rod Stewart





Encore: Very Best of 2Encore: Very Best of 2
Rod Stewart
商品詳細を見る
日本でのプレスはなく、インポート盤このアルバムは希少価値が高い。バート・バカラック、キャロル・ベイヤー・セイガー作の「愛のハーモニー(That's What Friends Are For )」が収録されています。後にディオンヌ&フレンズがカヴァーし、「愛のハーモニー」の邦題で全米1位を記録した名曲です。ロッドのヴァージョンです。要チェックのベスト盤です。


That's What Friends Are For - Dionne Warwick & Friends HQ





グレイテスト・ヒッツ1962-1987グレイテスト・ヒッツ1962-1987
ディオンヌ・ワーウィック、スピナーズ 他
商品詳細を見る
「恋よ、さようなら」をはじめ、バート・バカラックの幾多の名曲のオリジナル・シンガーとして知られるポップ・シンガーのキャリアを集大成したベスト盤。ジャケはありきたりだが、セプター、アリスタなどレーベルを超えた選曲は{究極}にふさわしい。
関連記事


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカの女性R&B歌手 イギリスの男性ロック歌手 全米No.1ヒット 映画で使われた曲 グラミー賞 80’s ロッド・スチュワート ディオンヌ・ワーウィック バート・バカラック 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-327.html

2012/06/26 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ハートに火をつけて(Light My Fire)/ザ・ドアーズ

   ↑  2012/06/23 (土)  カテゴリー: 1967年の洋楽
年度1967年昭和 42 年
作詞・作曲The Doorsザ・ドアーズ
アーティストThe Doorsザ・ドアーズ

邦題「ハートに火をつけて」ライト・マイ・ファイアーは1967年に発表されたはアメリカのロックバンド、ドアーズの代表曲です。 1966年のデビューアルバムである『The Doors』に収録され翌年にシングル・リリースされ全米ナンバーワンを記録。
ヴォーカルのジム・モリソン神がかりな雰囲気と歌い回し.... 長く続くギター(ロビー・クリーガー)とオルガン(レイ・マンザレク)が奏でる超越した独特な世界を作り出す。1960年代にブームとなった サイケデリック・ロックの筆頭とも言うべきグループでもありました。
プエルトリコ出身の歌手であり天才ギタリストのホセ・フェリシアーノ がこの曲をカバーした事でもよく知られた楽曲でもあります。

►ハートに火をつけて(Light My Fire)の歌詞はこちらから
The Doors ディスコグラフィー

The Doors - Light My Fire





ハートに火をつけて (SACD/CDハイブリッド盤)ハートに火をつけて (SACD/CDハイブリッド盤)
ザ・ドアーズ
商品詳細を見る
60-70年代のアメリカン・ロックの歴史の中で独特の魅力を放ち、根強い人気を誇るドアーズ。彼らを一躍有名にした衝撃的デビューアルバム。全米アルバム・チャート第2位。
関連記事


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカのロックバンド サイケデリック・ロック ブルース・ロック 全米No.1ヒット  60’s 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-324.html

2012/06/23 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

なぎさの誓い(So Much in Love)/ザ・タイムズ

   ↑  2012/06/17 (日)  カテゴリー: 1963年の洋楽
年度1963年昭和 38 年
作詞・作曲George Williams
Bill Jackson
 Roy Straigis
ジョージ・ウィリアムズ
ビル・ジャクソン
ロイ・ストレイジス
アーティストThe Tymesザ・タイムズ

ソー・マッチ・イン・ラヴのオリジナルは、1963年に アメリカのアカペラR&Bグループのザ・タイムズが歌い全米ビルボードシングルチャートでナンバーワンとなった名曲です。邦題は「なぎさの誓い」で紹介されました。
1982年イーグルスのメンバーでもあったティモシー・B・シュミット、1988年にはアート・ガーファンクル、1993年にはアメリカのアカペラグループのオール・フォー・ワンがカバー全米ビルボードで第5位まで記録され大ヒットしている。日本では 山下達郎2001年にアルバム 「君の声に恋してる」に収録された。それぞれにヒットしカバーを行ったアーティストは実力派ぞろいであり、この曲のオリジナルはだったのか?迷ってしまいそうだ!

►なぎさの誓い(So Much in Love)の歌詞はこちらから
The Tymesディスコグラフィー

The Tymes - So Much In Love





グレース&サヴァイヴァー:コンプリート・トラストメイカー&ピープル・アルバムグレース&サヴァイヴァー:コンプリート・トラストメイカー&ピープル・アルバム
ザ・タイムス
商品詳細を見る
オール・フォー・ワンや山下達郎など多くのカヴァー・ヴァージョンを生んだドゥーワップ・バラードの名曲「ソー・マッチ・イン・ラブ」でしられるペンシルバニア出身の黒人コーラス・グループ、ザ・タイムス。本作は彼らのフィリー・ソウル時代の2作品、『TRUSTMAKER』(RCA/1974年)と『PEOPLE』(CBS/1968年)にシングル・トラックなどを追加カップリングで初CD化。
関連記事


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカの男性R&Bボーカルグループ ドゥーワップ アカペラ R&B 60’s 全米No.1ヒット 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-326.html

2012/06/17 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

悲しみのアンジー(Angie)/ローリング・ストーンズ

   ↑  2012/06/14 (木)  カテゴリー: 1973年の洋楽
年度1973年昭和 48 年
作詞・作曲Sir Michael Philip Jagger
Keith Richards
マイケル・フィリップ・ジャガー
キース・リチャーズ
アーティストThe Rolling Stonesローリング・ストーンズ

アンジーは、ローリング・ストーンズが1973年にリリースしたアルバム『山羊の頭のスープ(Goats Head Soup)』から先行でシングルカットされ、英国のトップ50シングルでは5位、全米ビルボードHot100において1位を記録 しています。出だしのイントロは静寂なキース・リチャーズとミック・テイラーによるアコースティック・ギターの演奏から始まり、 リードヴォーカルのミック・ジャガーが語りかけるように歌いだす......

►悲しみのアンジー(Angie)の歌詞はこちらから
The Rolling Stones ディスコグラフィー

Angie - The Rolling Stones





山羊の頭のスープ山羊の頭のスープ
ザ・ローリング・ストーンズ
商品詳細を見る
バンドの絶頂を示した1972年USツアーの後、ジャマイカに飛んでレコーディングされたローリング・ストーンズ・レーベルからの第3弾アルバム。感傷的なバラード「悲しみのアンジー」、クラヴィネットが活躍する「ドゥー・ドゥー・ドゥー…」他、前作までのアーシーなサウンドに代わる新たな可能性を探るかのような楽曲が並ぶ。
関連記事


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : イギリスのロックバンド ロックンロール ブルース・ロック サイケデリック・ロック 全米No.1ヒット 70’s ローリング・ストーンズ 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-323.html

2012/06/14 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |