あれもこれも!!ザ・昭和の時代を駆け抜けたお勧めのオールディーズを動画でプレイバック!!!!


ユー・レイズ・ミー・アップ(You Raise Me Up)/シークレット・ガーデン

年度2002年平成14年
作詞・作曲Brendan Graham
Rolf Løvland
ブレンダン・グラハム
ロルフ・ラヴランド
アーティストSecret Gardenシークレット・ガーデン

数多くのアーティストにカバーされている『ユー・レイズ・ミー・アップ』は、シークレット・ガーデンの楽曲。
アイルランド出身でヴァイオリニストのフィンヌーラ・シェリー、ノルウェー出身でこの曲を作曲したピアニスト、ロルフ・ラヴランドが本家本元である。2002年のアルバム『Once in a Red Moon』に収録されている。

►ユー・レイズ・ミー・アップ(You Raise Me Up)の歌詞はこちらから
Secret Garden ディスコグラフィー

Secret Garden - You Raise Me Up






(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-566.html

[ 2017/09/05 18:35 ] 2000年代の洋楽 | TB(0) | CM(0)

ロード・オブ・ザ・リングの主題歌(May It Be)/エンヤ

年度2001年平成13年
作詞・作曲Enyaエンヤ
アーティストEnyaエンヤ

圧倒的な包容力で歌いあげるアイルランドの歌手エンヤ。この曲もそうであるように彼女の楽曲の多くはニューエイジというジャンル分類され優しさと癒しというキーワードでみちあふれている。サラ・ブライトマンも同じジャンルに属する。
メイ・イット・ビーはエンヤが発表した楽曲である。2001年の映画『ロード・オブ・ザ・リング』で使われ、同年11月に発売されたサウンドトラックに収録された。

►メイ・イット・ビー(May It Be)の歌詞はこちら
Enya ディスコグラフィー

Enya - May It Be(The Lord of the Rings)





(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-554.html

[ 2016/09/03 13:24 ] 2000年代の洋楽 | TB(0) | CM(0)

キャンディマン(Candyman)/クリスティーナ・アギレラ

年度2006年平成18年
作詞・作曲Christina Aguilera
Linda Perry
クリスティーナ・アギレラ
リンダ・ペリー
アーティストChristina Aguileraクリスティーナ・アギレラ

どこかで聞き覚えがあり、良きアメリカの香り漂うこの曲は1941年のヒット曲アンドリューズ・シスターズのスイング「ブギウギ・ビューグル・ボーイ(Boogie Woogie Bugle Boy)」に触発されてこの曲が製作されたのは言うまでもない。
クリスティーナ・アギレラはアメリカ・ニューヨーク出身のシンガーソングライターである。2006年に発表した通算5枚のアルバム『Back To Basics』に収録され、2007年にこの曲をシングルで発表している。

►Candyman(キャンディマン)の歌詞はこちらから
Christina Aguilera ディスコグラフィー

Christina Aguilera - Candyman







バック・トゥ・ベーシックス
DJプレミア、リンダ・ペリーらをプロデューサーに迎えた待望のニューアルバム。1920~40年代のソウル、ジャズ、ブルースの世界をモダンに蘇らせるというコンセプトの下に制作された、ピッツバーグ出身の女性シンガー、クリスティーナ・アギレラのオリジナル・アルバム。

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-546.html

[ 2016/04/07 14:09 ] 2000年代の洋楽 | TB(0) | CM(0)

マーシー(Mercy)/ダフィー

年度2008年平成20年
作詞・作曲Steve Booker
Amie Ann Duffy
スティーヴ・ブッカー
エイミー・アン・ダフィー
アーティストDuffyダフィー

1984年生まれの31歳、ダフィーはイギリス・ウェールズ出身のシンガーソングライター。エイミー・ワインハウスとよく比較されソウルフルな歌唱が持ち味のアーティストである。マーシーは2008年にシングルリリース60年代から70年代をモチーフに製作されたアルバム『ロックフェリー』収録された。全英チャート1位、全米でも27位までランキングされた。アメリカ映画『セックス・アンド・ザ・シティ』のサウンドトラックに収録された。グラミーでもノミネートされ『ベスト・ポップ・ヴォーカル・アルバム』賞を受賞している。

►マーシー(Mercy)の歌詞はこちらから
Duffy ディスコグラフィー

Duffy - Mercy






ロックフェリー Limited Edition
デビューアルバム「ロックフェリー」が全世界で350万枚のセールスを記録。60`sR&Bのパワフルなを魅力を大復活、メガ・ヒットとなった「マーシー」他を収録!ストーリーを語れる泣きヴォーカルでエイミー・ワインハウスとも比肩されるニュー・ソウルの新クイーン、ダフィーが遂に日本デビュー盤をリリース。

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-544.html

[ 2016/03/13 18:19 ] 2000年代の洋楽 | TB(0) | CM(0)

リハブ(Rehab)/エイミー・ワインハウス

年度2006年平成 18 年
作詞・作曲Amy Winehouseエイミー・ワインハウス
アーティストAmy Winehouseエイミー・ワインハウス

リハブはイギリス出身の女性ソウル・シンガー、エイミー・ワインハウスが発表したセカンド・アルバム『バック・トゥ・ブラック』に収録された。この曲は薬物中毒やアルコール依存症のためリハビリ施設へ入所、実体験が曲に描かれている。第50回グラミー賞で主要4部門の年間最優秀レコード賞、年間最優秀楽曲賞、最優秀新人賞の3部門を受賞。ポップ部門でも最優秀女性ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞、最優秀ポップ・ボーカル・アルバム賞の全5部門を受賞した。アメリカにビザ発行を拒否され授賞式には姿を見せずイギリスからの衛星中継で出演したのは記憶に新しい。

►リハブ(Rehab)の歌詞はこちらから
Amy Winehouse ディスコグラフィー

Amy Winehouse - Rehab






 バック・トゥ・ブラック
 エイミー・ワインハウス
 2枚目のアルバムで2008年のグラミー賞で最優秀ポップ・ボーカル・アルバム賞を受賞した『Back to Black』洋楽ファンにとって外すことが出来ない名盤である。R&B ソウル ジャズの要素が凝縮されたこの雰囲気は彼女にしか出すことが出来ない。聴くたびにエイミー・ワインハウスの世界から抜け出すことが出来なくなる。

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-497.html

[ 2015/05/17 00:27 ] 2000年代の洋楽 | TB(0) | CM(0)
全記事表示リンク
Tag List

サイト内キーワード検索

> tags
ロックンロール 50’s スイング・ジャズ アメリカのジャズバンド 60’s ブルース アメリカの男性シンガーソングライター エルヴィス・プレスリー 全米No.1ヒット 90’s ハードロック ディープ・パープル ラテン インストゥルメンタル 70’s ディスコ ポップ 映画で使われた曲 ポップ・ロック カントリー バブルガム・ポップ アメリカの男性ポップ歌手 イギリスのグループ ビージーズ 映画の主題歌 全英No.1ヒット イギリスのロックバンド 80’s アダルト·コンテンポラリー イギリスの男性ロック歌手 ビートルズ イージーリスニング デュエット曲 アメリカのポップ・デュオ ブルー・アイド・ソウル プログレッシブ・ロック ハード・ロック ニュー・ウェーヴ ニューエイジ カントリー・ロック イーグルス レゲエ R&B カンツォーネ フォーク・ロック ユーロ・ポップ アダルト・コンテンポラリー ブルース・ロック アメリカのロック・バンド ソウル ジャズ・ファンク フュージョン ブギウギ カーペンターズ ソフト・ロック グラミー賞 イギリスの女性シンガーソングライター アメリカの女性ヴォーカルグループ イギリスの女性歌手 カナダの女性ジャズ歌手 スムーズジャズ アメリカの女性シンガーソングライター スーパーグループ アメリカのフォークグループ AOR アメリカの男性ポップ・デュオ ファンク ダンス・ポップ マイケル・ジャクソン イギリスの男性歌手 シャンソン ミュージカル サイケデリック・ロック ジャズ・スタンダード アメリカの女性R&B歌手 アカデミー歌曲賞 40’s アメリカの女性ジャズ歌手 アメリカの女性ポップ歌手 クリスマスソング アメリカの男性ヴォーカルグループ ラテン・ポップ エルトン・ジョン イギリスの男性シンガーソングライター イタリアの男性歌手 ヘヴィメタル アメリカの男性カントリー歌手 バート・バカラック アメリカの女性歌手 アメリカのロックバンド ブラス・ロック シカゴ ダンス アメリカの男性R&B歌手 CMソング アメリカの作曲家 ビッグバンド アメリカのファンクグループ ゴスペル フランク・シナトラ ディズニー・ソング ヒップホップ アメリカの男性ロック歌手 ロカビリー ガールズバンド ジャズ・ファンク アカペラ アメリカのヴォーカルグループ ビー・ジーズ マリリン・モンロー アメリカの映画女優 モータウン グラム・ロック アート・ロック クイーン パンク・ロック アメリカの女性カントリー歌手 アントニオ・カルロス・ジョビン ボサノヴァ アンディ・ウィリアムス ダイアナ・ロス イギリスの男性ポップ・デュオ アメリカの男性R&Bボーカルグループ ドゥーワップ オーストラリアの女性歌手 オリビア・ニュートン・ジョン ダスティ・スプリングフィールド イギリスの女性ソウル歌手 サイケデリック・ポップ グロリア・エステファン フランキー・ヴァリ アメリカのR&Bボーカルグループ アメリカの男性ジャズ歌手 スプリームス 日本でリメイクされた曲 フレンチポップス イギリスの女性ポップ歌手 イギリスの女性ヴォーカルグループ アメリカの女性ボーカルグループ アメリカのジャズ・ピアニスト レイ・チャールズ ディオンヌ・ワーウィック ロッド・スチュワート イギリスのヴォーカルグループ マドンナ ジョン・レノン サイモン&ガーファンクル ナット・キング・コール イギリスの男性ポップ歌手 フォーク ルイ・アームストロング ディキシーランド・ジャズ ワルツ アメリカの男性ボーカルグループ チャック・ベリー ア・カペラ ラテン・ロック グレン・ミラー エラ・フィッツジェラルド 浅川マキ トニー・ベネット TVのテーマ曲 アメリカの男性歌手 ベニー・グッドマン ブルーノート ファンキー・ジャズ ソウル・ジャズ ブラジルの女性ジャズ歌手 ローズマリー・クルーニー ブラジルの男性シンガーソングライター イージー・リスニング フランスのシャンソン歌手 ジュリー・ロンドン イギリスの女性R&B歌手 ダイアナ・クラール アメリカのミュージカル女優 アストラッド・ジルベルト コール・ポーター