ブルームーンお勧めのオールディーズを動画で試聴【ポップ・ジャズ・ロック・映画音楽】歌詞・ダウンロード 




このページの記事目次 (カテゴリー: 1995年の洋楽

total 2 pages  次のページ →  



シャイ・ガイ(Shy Guy )/ダイアナ・キング

   ↑  2017/06/04 (日)  カテゴリー: 1995年の洋楽

年度1995年平成7年
作詞・作曲Diana King
Andy Marvel
Kingsley Gardner
ダイアナ・キング
アンディー・マーベル
キングスレイ・ガードナー
アーティストDiana Kingダイアナ・キング

シャイ・ガイはジャマイカ出身のダイアナ・キングが1995年に発表した楽曲である。ファーストアルバム『タファー・ザン・ラヴ』に収録された。
この曲はウィル・スミス、マーティン・ローレンスが主役を演じた1995年の映画『バッドボーイズ』の主題歌で使われ大ヒットした。

►シャイ・ガイ(Shy Guy )の歌詞はこちらから
Diana King ディスコグラフィー

Diana King - Shy Guy





はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : レゲエ R&B 映画の主題歌  90’s 

FC2スレッドテーマ : Soul, R&B, Funk (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-563.html

2017/06/04 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

パワー・オブ・ア・ウーマン(Power of a Woman)/エターナル

   ↑  2014/01/07 (火)  カテゴリー: 1995年の洋楽
年度1995年平成 7年
作詞・作曲Carl Sturken
Evan Rogers
カール ・ スターケン
エヴァン・ロジャース
アーティストEternalエターナル

エターナル(Eternal)は1993年に4人で結成され、90年代に活躍したイギリスの女性バンドである。1995年ソウルを代表する女性ヴォーカル・グループとしてバーニー・ベネット、エスター・ベネット、ケリー・ブライアンによってアルバム『パワー・オブ・ア・ウーマン』が発表された。UKチャート最高位は5位。ケリー・ブライアンが抜け、1999年に解散している。

►パワー・オブ・ア・ウーマン(Power of a Woman)の歌詞はこちらから
Eternal ディスコグラフィー

Eternal - Power of a woman





グレイテスト・ヒッツグレイテスト・ヒッツ
エターナル、ビービー・ウィナンス 他
商品詳細を見る
UKソウルを代表する女性ヴォーカル・グループとしての地位を揺るぎないものにしたエターナル。新曲3曲を含めたベストはまだアルバム通算4枚目。シングル・ヒットの多さ所以だろう。しっかりしたヴォーカルとハーモニー,売りのツボを押えた曲の良さが光る。


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : イギリスの女性R&Bボーカルグループ ソウル R&B 90’s 

FC2スレッドテーマ : 今日の1曲 (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-424.html

2014/01/07 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ハイパービート!(Hyper Beat)/ダルファー

   ↑  2013/11/14 (木)  カテゴリー: 1995年の洋楽
年度1995年平成 7年
作詞・作曲Hans Dulferハンス・ダルファー
アーティストDulferダルファー

ジャズとヒップホップをミックス、ハイテンションでパンチの効いた音に魅了される。オランダのジャズ・テナーサックス奏者ハンス・ダルファー(Hans Dulfer)1995年の楽曲である。トヨタのRV4のTVコマーシャルで使用され一躍日本で大人気曲となった。彼は美人サックス奏者キャンデー・ダルファーのお父さんでもある。

►ハイパービート!(Hyper Beat)の歌詞はこちらから
Dulfer ディスコグラフィー

Dulfer - Hyper Beat





ハイパー・ビート!ハイパー・ビート!
ダルファー
商品詳細を見る
クルマのCMで使われたタイトル曲の3ヴァージョンを中心に構成した日本独自編集のアルバム。ジャズとヒップホップを力技で結びつけた音楽は豪快そのもの....


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : オランダのジャズバンド ヒップホップ ファンク 90’s 

FC2スレッドテーマ : 今日の1曲 (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-422.html

2013/11/14 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ドゥビ・ドゥビ(Dub-I-Dub)/Me & My

   ↑  2013/11/03 (日)  カテゴリー: 1995年の洋楽
年度1995年昭和 7 年
作詞・作曲Susanne Georgi
Pernille Georgi
スザンヌ・ジョージィ
パーニル・ジョージィ
アーティストMe & Myミー・アンド・マイ

ミー・アンド・マイはデンマーク出身の二人の姉妹によるユニットである。コスプレ・ファッションにに身を包み90年代にダンス・シーンで人気を博した。ドゥビ・ドゥビはデンマークで1位となり、同年にリリースされたデビューアルバム『Me & My』 に収録された。このアルバムは全世界で200万枚の売上を記録した。

►ドゥビ・ドゥビ(Dub-I-Dub)の歌詞はこちらから
Me & My ディスコグラフィー

Me & My - Dub-I-Dub





ドゥビ・ドゥビ~ベスト・オブ・ミー&マイドゥビ・ドゥビ~ベスト・オブ・ミー&マイ
ミー&マイ、ニコル 他
商品詳細を見る
1990年代にミリオン・ヒットを記録した「ドゥビ・ドゥビ」で一世を風靡したミー&マイのベスト・アルバム。「ドゥビ・ドゥビ」のリミックスも収録


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : デンマークのポップ・デュオ ダンス ユーロポップ 90’s 

FC2スレッドテーマ : 今日の1曲 (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-421.html

2013/11/03 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

タイム・トゥ・セイ・グッバイ(Time To Say Goodbye)/サラ・ブライトマン

   ↑  2012/09/30 (日)  カテゴリー: 1995年の洋楽
年度1995年平成 7 年
作詞Lucio Quarantottoルーチョ・クアラントット
作曲Francesco Sartoriフランチェスコ・サルトーリ
アーティストSarah Brightmanサラ・ブライトマン

タイム・トゥ・セイ・グッバイの原曲は「コン・テ・パルティロ」1995年イタリアを代表するテノール歌手アンドレア・ボチェッリのために書かれサンレモ音楽祭で初めて歌われた。1996年に英訳により歌詞の一部とタイトルが変えられイギリスのソプラノ歌手サラ・ブライトマンとアンドレア・ボチェッリがコラボレーション、世界的大ヒットとなる。
特にヨーロッパを中心に大ヒットとなり全世界で2,500万枚以上を売り上げ クラシック音楽とポピュラー音楽が融合、それぞれの音楽の垣根を越えたスタイルそれがクラシカル・クロスオーバーとよばれた。
 秋は旅をするにはとても良い季節、船旅もいいね!この曲を聴いてると愛しい人と地平線の果てまで航海に出たいそんな気分かな。

►タイム・トゥ・セイ・グッバイ(Time To Say Goodbye)の歌詞はこちらから
Sarah Brightman ディスコグラフィー

Sarah Brightman & Andrea Bocelli - Time to Say Goodbye





アマルフィ~サラ・ブライトマン・ラヴ・ソングス~アマルフィ~サラ・ブライトマン・ラヴ・ソングス~
サラ・ブライトマン
サラ・ブライトマンの名曲の中から、とりわけ美しくロマンティックな愛の歌を集めた初のラヴ・ソング・ベスト。至福の時間をあなたに――


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : イギリスの女性歌手 ニューエイジ クラシカル・クロスオーバー デュエット曲 全米No.1ヒット  90’s 

FC2スレッドテーマ : 今日の1曲 (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-341.html

2012/09/30 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |