ブルームーンお勧めのオールディーズを動画で試聴【ポップ・ジャズ・ロック・映画音楽】歌詞・ダウンロード 




このページの記事目次 (カテゴリー: 1975年の洋楽

total 3 pages  次のページ →  



金色の髪の少女(Sister Golden Hair)/アメリカ

   ↑  2015/03/20 (金)  カテゴリー: 1975年の洋楽
年度1975年昭和 50 年
作詞・作曲Gerry Beckleyジェリー・ベックリー
アーティストAmericaアメリカ

1975年に発表したアルバム『ハーツ(Hearts)』にシスター・ゴールデン・ヘアーは収録された。このアルバムは全米アルバムチャートで4位まで記録を残している。この曲もシングカットされ全米1位まで登りつめた。素朴な歌声が持ち味の彼らのサウンドはこの曲がよく似合う。

►金色の髪の少女(Sister Golden Hair)の歌詞はこちらから
America ディスコグラフィー

America - Sister Golden Hair





HeartsHearts
America
商品詳細を見る
70年代から80年代に活躍したカリフォルニア・サウンドの旗手アメリカ、イーグルス等とよく比較されるが彼らの持ち味は素朴さが売りのフォーク・ロックだ。


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカのフォークグループ フォーク・ロック 全米No.1ヒット 70’s 

FC2スレッドテーマ : 今日の1曲 (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-485.html

2015/03/20 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ハッスル(The Hustle)/ヴァン・マッコイ&ザ・ソウル・シティ・シンフォニー

   ↑  2014/10/30 (木)  カテゴリー: 1975年の洋楽
年度1975年昭和 50 年
作詞・作曲Van McCoyヴァン・マッコイ
アーティストVan McCoy and the Soul City Symphonyヴァン・マッコイ&ザ・ソウル・シティ・シンフォニー

日本でディスコと言えばこの曲をすぐに思いだされる方が多いのでは?1975年にヴァン・マッコイが発表したハッスルは全米でナンバー・ワンとなり世界中で1000万枚のセールスを記録、大ヒットとした。全体の曲の流れはインストゥルメンタルであり時折短い歌詞が入る1974年にスリー・ディグリーズのヒットで知られるソウル・トレインのテーマと同じ手法で作られている。

►ハッスル(The Hustle)の歌詞はこちらから
Van McCoy ディスコグラフィー

Van McCoy - The Hustle





ヴァン・マッコイヴァン・マッコイ
ヴァン・マッコイ、ソウル・シティ・シンフォニー 他
商品詳細を見る
親しみやすいメロディと陽気なサウンドで数々のディスコ・ヒットを生んだヴァン・マッコイのベスト盤。アブコ時代の最初の4枚の中から選出された曲で構成されているので,バラード関係は.....


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカの男性シンガーソングライター ディスコ R&B インストゥルメンタル 全米No.1ヒット グラミー賞 70’s 

FC2スレッドテーマ : Soul, R&B, Funk (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-467.html

2014/10/30 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

呪われた夜(One Of These Nights)/イーグルス

   ↑  2014/05/30 (金)  カテゴリー: 1975年の洋楽
年度1975年昭和 50 年
作詞・作曲Don Henley
Glenn Frey
ドン・ヘンリー
グレン・フライ
アーティストEaglesイーグルス

邦題「呪われた夜」ワン・オブ・ジーズ・ナイトはアメリカのロック・バンド、イーグルスが1975年に発表した曲。全米シングルチャートで1位を獲得した。
この曲のタイトルと同じ名盤となった4作目のスタジオアルバム『One Of These Nights』に収録され、全米アルバム・チャートで1位に輝き、グラミー賞も受賞した。

►呪われた夜(One Of These Nights)の歌詞はこちらから
Eagles ディスコグラフィー

Eagles - One of These Nights





呪われた夜呪われた夜
イーグルス
商品詳細を見る
一段とスケール・アップし彼らの名を不動のものにした、初の全米NO.1アルバム。「呪われた夜」「いつわりの瞳」「テイク・イット・トゥ・ザ・リミット」収録。(1975年/第4作目/全米アルバム・チャート:5週連続第1位)


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカのロックバンド ポップ・ロック AOR グラミー賞 全米No.1ヒット 70’s イーグルス 

FC2スレッドテーマ : 洋楽ロック (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-446.html

2014/05/30 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

フェイム(Fame)/デヴィッド・ボウイ

   ↑  2014/03/31 (月)  カテゴリー: 1975年の洋楽
年度1975年昭和 50 年
作詞・作曲David Bowie
Carlos Alomar
John Lennon
デヴィッド・ボウイ
カルロス・アロマー
ジョン・レノン
アーティストDavid Bowieデヴィッド・ボウイ

フェイムは、イギリスの男性シンガーソングライター、ロック歌手デヴィッド・ボウイが1975年に発表した楽曲。ジョン・レノンがこの曲の制作に携わっている。 デヴィッド・ボウイの8枚目のアルバム『ヤング・アメリカン(Young Americans)』に収録、シングルカットされ全米チャートで1位を獲得した。

►フェイム(Fame)の歌詞はこちらから
►David Bowie ディスコグラフィー

David Bowie - Fame





ヤング・アメリカンズヤング・アメリカンズ
デヴィッド・ボウイ
商品詳細を見る
「FOREVER YOUNG」シリーズ“パーロフォン・グループ”編。本作は、デヴィッド・ボウイが1975年に発表したアルバム。フィラデルフィア・ソウルへの接近で自らを“プラスティック・ソウル”と称するまでの変貌を遂げた作品。ヒットを記録したジョン・レノンとの共作曲「フェイム」他を収録。


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : イギリスの男性シンガーソングライター グラム・ロック アート・ロック 全米No.1ヒット 70’s 

FC2スレッドテーマ : 洋楽ロック (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-439.html

2014/03/31 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

サタデー・ナイト(Saturday Night)/ベイ・シティ・ローラーズ

   ↑  2013/10/23 (水)  カテゴリー: 1975年の洋楽
年度1975年昭和 50 年
作詞Bill Martinビル・マーティン
作曲Phil Coulterフィル・クールター
アーティストBay City Rollersベイ・シティ・ローラーズ

サタデー・ナイトは、イギリス・スコットランドのポップロックバンド「ベイ・シティ・ローラーズ」が1975年に発表したナンバーである。彼らはアイドル的な存在で人気を博し日本でも大ヒット、全米チャートではナンバーワンを記録した。

►サタデー・ナイト(Saturday Night)の歌詞はこちらから
Bay City Rollers ディスコグラフィー

Bay City Rollers - Saturday Night





ベスト・オブ・ベイ・シティ・ローラーズベスト・オブ・ベイ・シティ・ローラーズ
ベイ・シティ・ローラーズ
商品詳細を見る
1970年代に活動していた青春アイドル・ポップ・グループ、ベイ・シティ・ローラーズのベスト・アルバム。「二人だけのデート」「サタディ・ナイト」「バイ・バイ・ベイビー」他を含む....


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : イギリスのロックバンド ポップ・ロック 全米No.1ヒット 70’s 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-418.html

2013/10/23 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |