ブルームーンあれもこれも!!ザ・昭和の時代を駆け抜けたお勧めのオールディーズを動画でプレイバック!!!! 



このページの記事目次 (カテゴリー: 1984年の洋楽

total 3 pages  次のページ →  



スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ヒート・イズ・オン(The Heat Is On )/グレン・フライ

   ↑  2017/08/05 (土)  カテゴリー: 1984年の洋楽
年度1984年昭和59年
作詞・作曲Harold Faltermeyer
Keith Forsey
ハロルド・フォルターメイヤー
キース・フォーシイ
アーティストGlenn Freyグレン・フライ

この曲は1984年に公開されたエディ・マーフィ主演、アメリカ・アクション映画ビバリー・ヒルズ・コップの挿入歌として使われた。グレン・フライは70年代に一世を風靡したロックバンド、イーグルスのリーダーとしてよく知られている。

►ヒート・イズ・オン(The Heat Is On )の歌詞はこちらから
Glenn Frey ディスコグラフィー

Glenn Frey - The Heat Is On



スポンサーサイト


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : カントリー・ロック  80’s 映画で使われた曲 イーグルス 

FC2スレッドテーマ : 80年代洋楽 (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-565.html

2017/08/05 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

探偵物語(Whose Side Are You On?)/マット・ビアンコ

   ↑  2016/04/24 (日)  カテゴリー: 1984年の洋楽
年度1984年昭和59年
作詞・作曲Peter Ross
Mark  Reilly
Daniel White
ピーター・ローズ
マーク・ライリー
ダニー・ホワイト
アーティストMatt Biancoマット・ビアンコ

マット・ビアンコはサルサやサンバのラテン・ミュージックの要素をファンクに取り入れたイギリスのユニットである。1984年にレイズィー・ベッド(Get Out Of Your Lazy Bed)でシングル・デビューを果たしている。セルフタイトルにもなったこの曲と共にアルバム『探偵物語』に収録された。発表時はマーク・ライリー、ダニー・ホワイト、バーシアの3人である。
このあとダニー・ホワイトと女性ボーカルのバーシアが脱退、残ったマーク・ライリーは新しくマーク・フィッシャーを招きコンビを結成する。ドゥービー・ブラザーズの「ホワット・ア・フール・ビリーヴス」のカヴァーでもよく知られている。

►探偵物語(Whose Side Are You On?)の歌詞はこちらから
Matt Bianco ディスコグラフィー

Matt Bianco - Whose Side Are You On






探偵物語
マット・ビアンコ
ヴォーカルにバーシアを迎え、1980年代のロンドンをオシャレに飾った、マット・ビアンコのデビュー・アルバム。ファンクとラテンを融合させたサウンド=ファンカ・ラ・ティーナの名盤と言える、1984年.......

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : 80’s 

FC2スレッドテーマ : SmoothJazz (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-548.html

2016/04/24 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

イージー・ラヴァー(Easy Lover)/フィリップ・ベイリー&フィル・コリンズ

   ↑  2014/04/12 (土)  カテゴリー: 1984年の洋楽
年度1984年昭和 59 年
作詞・作曲Philip Bailey
Phil Collins
Nathan East
フィリップ・ベイリー
フィル・コリンズ
ネイザン・イースト
アーティストPhilip Bailey & Phil Collinsフィリップ・ベイリー&フィル・コリンズ

1984年に発表されたイージー・ラヴァーはアメリカのファンクバンド「アース・ウィンド・アンド・ファイアー」のメンバー、フィリップ・ベイリーとイギリスのミュージシャン、フィル・コリンズのデュエット曲である。チャートは全英1位、全米2位まで記録されフィリップ・ベイリーのアルバム『チャイニーズ・ウォール』に収録されている。

►イージー・ラヴァー(Easy Lover)の歌詞はこちらから
Philip Bailey ディスコグラフィー

Philip Bailey & Phil Collins - Easy Lover





チャイニーズ・ウォールチャイニーズ・ウォール
フィリップ・ベイリー
商品詳細を見る
アース・ウインド&ファイアーのヴォーカリストで、中心メンバーでもあるフィリップ・ベイリーのソロ2ndアルバム。本作では80年代ポップスを代表する英国ミュージン.....


シリアス・ヒッツ…ライヴ! [DVD]シリアス・ヒッツ…ライヴ!
フィル・コリンズ
商品詳細を見る
フィル・コリンズがメガヒットを記録したアルバム「BUT SERIOUSLY...」のリリース後に行ったワールドツアーの中からベルリンでのライブを収録。


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカの男性R&B歌手 アダルト·コンテンポラリー R&B ソウル ポップ・ロック 全英No.1ヒット デュエット曲 80’s  

FC2スレッドテーマ : 80年代洋楽 (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-440.html

2014/04/12 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ケアレス・ウィスパー(Careless Whisper)/ジョージ・マイケル

   ↑  2013/09/19 (木)  カテゴリー: 1984年の洋楽
年度1984年昭和 59 年
作詞・作曲George Michael
Andrew  Ridgeley
ジョージ・マイケル
アンドリュー・リッジリー
アーティストWham!ワム!

ケアレス・ウィスパーはポップ・デュオ、ワム(Wham!)のメンバー、ジョージ・マイケルのソロ・シングル として1984年に発表された。全英、全英共に シングル・チャートでナンバーワンの座を射止め大ヒットした。アルバム『Make It Big』に収録された。このアルバムもまた全世界で売れ、全英全英をはじめ多くの国で1位を記録した名盤となっている。

►ケアレス・ウィスパー(Careless Whisper)の歌詞はこちらから
Wham! ディスコグラフィー

George Michael - Careless Whisper





ザ・ファイナルザ・ファイナル
ワム!
商品詳細を見る
ジョージ・マイケルとアンドリュー・リッジリーからなるロンドン出身のポップ・デュオ、ワム!。解散時に本国イギリスで編集されたベスト盤は、世界が解散を惜しんだ彼らの軌跡を辿る14曲。「ラスト・クリスマス」「ケアレス・ウィスパー」「アイム・ユア・マン」他、誰もが一度は聴いたことのある名曲を収録。


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : イギリスの男性ポップ・デュオ ニュー・ウェーヴ ダンス 全米No.1ヒット 全英No.1ヒット 80’s 

FC2スレッドテーマ : 80年代洋楽 (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-411.html

2013/09/19 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

フットルース(Footloose)/ケニー・ロギンス

   ↑  2013/05/24 (金)  カテゴリー: 1984年の洋楽
年度1984年昭和 59 年
作詞・作曲Kenny Loggins
Dean Pitchford
ケニー・ロギンス
ディーン・ピッチフォード
アーティストKenny Logginsケニー・ロギンス

フットルースは1984年に公開されたアメリカ映画『フットルース』の主題歌で使われた曲である。アメリカのシンガーソングライターであるケニー・ロギンスによって歌われた。全米シングル・チャートで3週連続1位を記録大ヒットしている。
同じくこの映画でボニー・タイラーが歌ったヒーローも挿入歌としてヒットしている。
ケニー・ロギンスは1986年のアメリカ映画『トップ・ガン』テーマ曲としてデンジャー・ゾーンが使われシングルチャートで全米2位を記録した。

►フットルース(Footloose)の歌詞はこちらから
Kenny Loggins ディスコグラフィー

Footloose - Kenny Loggins





フットルースフットルース
サントラ、クワイエット・ライオット 他
商品詳細を見る
80年代のサントラ・ブームのきっかけを作ったアルバムで、オリジナル収録曲6曲がヒットしたモンスター・サントラ。クワイエット・ライオット、フォリナーのヒット曲などをボーナス収録。


フットルース [Blu-ray]フットルース [Blu-ray]
ケビン・ベーコン、ロリ・シンガー 他
商品詳細を見る
アメリカのとある小さな町に都会から転校してきたレン。その町では、数年前に起こった事故が原因でダンスが禁じられていた。
厳しい規律に憤りを覚えた彼は、自分たちの自由を取り戻すべく仲間を集めてダンスパーティを企画するが……。


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカの男性シンガーソングライター ソフト・ロック ニュー・ウェーヴ ポップ・ロック 映画の主題歌 全米No.1ヒット 80’s 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-386.html

2013/05/24 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。