あれもこれも!!ザ・昭和の時代を駆け抜けたお勧めのオールディーズを動画でプレイバック!!!!


007私を愛したスパイ(Nobody Does It Better)/カーリー・サイモン

年度1977年昭和52年
作詞Carole Bayer Sagerキャロル・ベイヤー・セイガー
作曲Marvin Hamlischマーヴィン・ハムリッシュ
アーティストCarly Simonカーリー・サイモン

1977年に公開、イアン・フレミングの小説を元に制作されたイギリスのスパイアクション映画、007シリーズ第10作目となった「007私を愛したスパイ」の主題歌として使われ大ヒットした曲。アメリカの女性シンガー、カーリー・サイモンによる 『Nobody Does It Better』が、全英7位、全米2位の大ヒットとなった。
このシリーズも節目の第10作目となり1400万ドルの製作費をかけた超大作となった。主演のロジャー・ムーアも本作で3度目の登板となった。

►007私を愛したスパイ(Nobody Does It Better)の歌詞はこちらから
Carly Simon ディスコグラフフィー

Carly Simon - Nobody Does It Better





(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-552.html

[ 2016/07/29 21:38 ] 70’s 1977年の洋楽 | TB(0) | CM(0)

グレイテスト・ラヴ・オブ・オール(Greatest Love Of All)/ホイットニー・ヒューストン

年度1977年昭和52年
作詞・作曲Michael Masser
Linda Creed
マイケル・マッサー
リンダ・クリード
アーティストWhitney Houstonホイットニー・ヒューストン

これが名曲なのか純粋な愛に満ち溢れた歌詞がついた、グレイテスト・ラヴ・オブ・オールのオリジナルはアメリカのフュージョン・アーティストであるジョージ・ベンソンが1977年にこの曲を発表している。
カバーでこの曲が収録されホイットニー・ヒューストンのファースト・アルバム『そよ風の贈りもの(Whitney Houston)』は1985年に発表された。収録された「すべてをあなたに」「恋は手さぐり」「グレイテスト・ラヴ・オブ・オール」の3曲が全米シングル・チャートで1位を獲得、28回のグラミー賞で最優秀アルバム賞にノミネートされ、最優秀女性ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞を受賞した。
1986年にシングル・リリースされたグレイテスト・ラヴ・オブ・オールは、第29回グラミー賞で最優秀レコード賞にノミネートされている。

►グレイテスト・ラヴ・オブ・オール(Greatest Love Of All)の歌詞はこちらから
George Benson ディスコグラフィー
Whitney Houston ディスコグラフィー

Whitney Houston - Greatest Love Of All







 そよ風の贈りもの
 ホイットニー・ヒューストン
 2012年に急逝したディーヴァ、ホイットニー・ヒューストンの記念すべきファースト・アルバム。NYでティーン・モデルとして活躍していたところ、伝説的プロデューサー、クライヴ・デイヴィスに見出されデビュー。シングル・カットされた.......

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-508.html

[ 2015/06/24 22:59 ] 70’s 1977年の洋楽 | TB(0) | CM(0)

トウキョウ・ジョー(Tokyo Joe)/ブライアン・フェリー

年度1977年昭和 52年
作詞・作曲Bryan Ferryブライアン・フェリー
アーティストBryan Ferryブライアン・フェリー

トウキョウ・ジョーは、イギリスのロック・シンガー、ブライアン・フェリーが1977年に発表した曲。ソロアルバム『あなたの心に(In Your Mind )』に収録された。ロキシー・ミュージックの先駆者であり、デビッド・ボウイなど共に70年代に活躍したアーティストである。

►トウキョウ・ジョー(Tokyo Joe)の歌詞はこちらから
Bryan Ferry ディスコグラフィー

Bryan Ferry - Tokyo Joe





Tokyo Joe~ザ・ベストTokyo Joe~ザ・ベスト
ブライアン・フェリー&ロキシー・ミュージック、ロキシー・ミュージック 他
商品詳細を見る
日本で1997年にギフト (テレビドラマ)の主題歌に使用され再ヒットした「トウキョウ・ジョー」が収録ブライアン・フェリーのベストアルバム


(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-420.html

[ 2013/11/22 12:53 ] 70’s 1977年の洋楽 | TB(0) | CM(0)

アントニオの歌(Antonio's Song)/マイケル・フランクス

年度1977年昭和 52 年
作詞・作曲Michael Franksマイケル・フランクス
アーティストMichael Franksマイケル・フランクス

アントニオの歌(虹を綴って/The Rainbow)は、アメリカのジャズ・ボーカリストであるマイケル・フランクスによって作られた楽曲である。 1977年のスタジオ・アルバム『Sleeping Gypsy』に収録されている。この曲はボサノヴァの父アントニオ・カルロス・ジョビンに捧げるために、マイケル・フランクス自身が歌った。柔らかい感触に満ちた彼のソフトな声はボサノヴァのリズムに乗り、都会のお洒落な夜を奏でる。

►アントニオの歌(Antonio's Song)の歌詞はこちらから
Michael Franks ディスコグラフィー

Antonio's Song - Michael Franks





スリーピング・ジプシー(紙ジャケット/SHM-CD)スリーピング・ジプシー(紙ジャケット/SHM-CD)
マイケル・フランクス
商品詳細を見る
ミスターAOR” マイケル・フランクスの名作が待望の紙ジャケットSHM-CDで蘇る。メジャー・デビュー・アルバム『アート・オブ・ティー』で絶賛された新感覚のシティ・ミュージックに磨きのかかったセカンド・アルバム(1977年作品)


(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-360.html

[ 2013/01/25 23:53 ] 70’s 1977年の洋楽 | TB(0) | CM(0)

恋のナイト・フィーバー(Night Fever )/ビー・ジーズ

年度1977年昭和 52 年
作詞・作曲Barry Gibb
Robin Gibb
Maurice Gibb
バリー・ギブ
ロビン・ギブ
モーリス・ギブ
アーティストThe Bee Geesビー・ジーズ

邦題「恋のナイト・フィーバー」ナイト・フィーバーは、1978年にシングルカットされた。全英、全米共に1位を達成。この曲は1977年にリリースされたジョン・トラボルタ主演のアメリカ映画『サタデー・ナイト・フィーバー』のサウンドトラックに収められている。このアルバムはグラミー賞最優秀アルバム賞を獲得し全世界で、4000万枚以上の売り上げを記録している。

►恋のナイト・フィーバー(Night Fever)の歌詞はこちらから
The Bee Gees ディスコグラフィー

The Bee Gees - Night Fever





オリジナル・サウンドトラック サタデー・ナイト・フィーバーオリジナル・サウンドトラック サタデー・ナイト・フィーバー
サントラ
商品詳細を見る
1977年に公開され、ディスコ・ムーブメントの象徴的な作品となった映画『サタデー・ナイト・フィーバー』。映画とともに大ヒットしたサウンド・トラックが登場!!


サタデー・ナイト・フィーバー スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]サタデー・ナイト・フィーバー スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]
ジョン・トラボルタ
商品詳細を見る
“フィーバー”という流行語を生み出したダンスムービー。本作で一躍スターになったジョン・トラボルタが、昼はブルックリンのペンキ店で働き、毎週土曜の夜にはダンスフロアのキングと化す主人公、トニー・マニロのふたつの姿を見事に演じ分ける。


アルティメイト・ベスト・オブ・ビー・ジーズ-デラックス・エディションアルティメイト・ベスト・オブ・ビー・ジーズ-デラックス・エディション
ビー・ジーズ
商品詳細を見る
CD-1-Night Out / CD-2-Night Inと名づけられ、文字通り、グルーヴ溢れるナンバーと美しいバラードナンバーに分けて2枚のディスクに収められた、ビー・ジーズのキャリアを代表する、時代に刻みこまれたヒット曲の数々を収録したベスト・アルバム...


(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-374.html

[ 2012/03/20 17:21 ] 70’s 1977年の洋楽 | TB(0) | CM(0)
全記事表示リンク
Tag List

サイト内キーワード検索

> tags
ロックンロール 50’s スイング・ジャズ アメリカのジャズバンド 60’s ブルース アメリカの男性シンガーソングライター エルヴィス・プレスリー 全米No.1ヒット 90’s ハードロック ディープ・パープル ラテン インストゥルメンタル 70’s ディスコ ポップ 映画で使われた曲 ポップ・ロック カントリー バブルガム・ポップ アメリカの男性ポップ歌手 イギリスのグループ ビージーズ 映画の主題歌 全英No.1ヒット イギリスのロックバンド 80’s アダルト·コンテンポラリー イギリスの男性ロック歌手 ビートルズ イージーリスニング デュエット曲 アメリカのポップ・デュオ ブルー・アイド・ソウル プログレッシブ・ロック ハード・ロック ニュー・ウェーヴ ニューエイジ カントリー・ロック イーグルス レゲエ R&B カンツォーネ フォーク・ロック ユーロ・ポップ アダルト・コンテンポラリー ブルース・ロック アメリカのロック・バンド ソウル ジャズ・ファンク フュージョン ブギウギ カーペンターズ ソフト・ロック グラミー賞 イギリスの女性シンガーソングライター アメリカの女性ヴォーカルグループ イギリスの女性歌手 カナダの女性ジャズ歌手 スムーズジャズ アメリカの女性シンガーソングライター スーパーグループ アメリカのフォークグループ AOR アメリカの男性ポップ・デュオ ファンク ダンス・ポップ マイケル・ジャクソン イギリスの男性歌手 シャンソン ミュージカル サイケデリック・ロック ジャズ・スタンダード アメリカの女性R&B歌手 アカデミー歌曲賞 40’s アメリカの女性ジャズ歌手 アメリカの女性ポップ歌手 クリスマスソング アメリカの男性ヴォーカルグループ ラテン・ポップ エルトン・ジョン イギリスの男性シンガーソングライター イタリアの男性歌手 ヘヴィメタル アメリカの男性カントリー歌手 バート・バカラック アメリカの女性歌手 アメリカのロックバンド ブラス・ロック シカゴ ダンス アメリカの男性R&B歌手 CMソング アメリカの作曲家 ビッグバンド アメリカのファンクグループ ゴスペル フランク・シナトラ ディズニー・ソング ヒップホップ アメリカの男性ロック歌手 ロカビリー ガールズバンド ジャズ・ファンク アカペラ アメリカのヴォーカルグループ ビー・ジーズ マリリン・モンロー アメリカの映画女優 モータウン グラム・ロック アート・ロック クイーン パンク・ロック アメリカの女性カントリー歌手 アントニオ・カルロス・ジョビン ボサノヴァ アンディ・ウィリアムス ダイアナ・ロス イギリスの男性ポップ・デュオ アメリカの男性R&Bボーカルグループ ドゥーワップ オーストラリアの女性歌手 オリビア・ニュートン・ジョン ダスティ・スプリングフィールド イギリスの女性ソウル歌手 サイケデリック・ポップ グロリア・エステファン フランキー・ヴァリ アメリカのR&Bボーカルグループ アメリカの男性ジャズ歌手 スプリームス 日本でリメイクされた曲 フレンチポップス イギリスの女性ポップ歌手 イギリスの女性ヴォーカルグループ アメリカの女性ボーカルグループ アメリカのジャズ・ピアニスト レイ・チャールズ ディオンヌ・ワーウィック ロッド・スチュワート イギリスのヴォーカルグループ マドンナ ジョン・レノン サイモン&ガーファンクル ナット・キング・コール イギリスの男性ポップ歌手 フォーク ルイ・アームストロング ディキシーランド・ジャズ ワルツ アメリカの男性ボーカルグループ チャック・ベリー ア・カペラ ラテン・ロック グレン・ミラー エラ・フィッツジェラルド 浅川マキ トニー・ベネット TVのテーマ曲 アメリカの男性歌手 ベニー・グッドマン ブルーノート ファンキー・ジャズ ソウル・ジャズ ブラジルの女性ジャズ歌手 ローズマリー・クルーニー ブラジルの男性シンガーソングライター イージー・リスニング フランスのシャンソン歌手 ジュリー・ロンドン イギリスの女性R&B歌手 ダイアナ・クラール アメリカのミュージカル女優 アストラッド・ジルベルト コール・ポーター