あれもこれも!!ザ・昭和の時代を駆け抜けたお勧めのオールディーズを動画でプレイバック!!!!


ロング・トレイン・ランニン(Long Train Running)/ドゥービー・ブラザーズ

年度1973年昭和 48 年
作詞・作曲Tom Johnstonトム・ジョンストン
アーティストThe Doobie Brothersドゥービー・ブラザーズ

ロング・トレイン・ランニンは、アメリカのロック・バンド「ドゥービー・ブラザーズ」が1973年に発表した楽曲。ゴールドディスクとなったアルバム『キャプテン・アンド・ミー(The Captain and Me)』に収録された。全米シングルチャートでは8位まで記録、日本ではトヨタのCMソングにも使用 された。

►ロング・トレイン・ランニン(Long Train Running)の歌詞はこちらから
The Doobie Brothers ディスコグラフィー

The Doobie Brothers - Long Train Running





キャプテン・アンド・ミーキャプテン・アンド・ミー
ドゥービー・ブラザーズ
商品詳細を見る
輝かしい大ヒットを記録し、バンドの地位を不動のものとした、ドゥービー・ブラザーズの記念すべき名3rdアルバム!「ロング・トレイン・ランニン」「チャイナ・グローヴ」収録!!


(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-423.html

[ 2013/12/08 10:49 ] 70’s 1973年の洋楽 | TB(0) | CM(0)

ジョリーン(Jolene)/ドリー・パートン

年度1973年昭和 48 年
作詞・作曲Dolly Partonドリー・パートン
アーティストDolly Parton
Olivia Newton-John
ドリー・パートン
オリビア・ニュートン・ジョン

ジョリーンは、アメリカのカントリー・シガーソングライター、ドリー・パートンが1973年に発表した曲である。全米シングルチャートでは60位、カントリー部門では1位を獲得した。
日本ではオリビア・ニュートン·ジョンのバージョンがよく知られている1976年のアルバム『水のなかの妖精(Come On Over)』に収録されこの曲がシングル・カットされた。

►ジョリーン(Jolene)の歌詞はこちらから
Dolly Parton ディスコグラフィー
Olivia Newton-John ディスコグラフィー

Jolene - Dolly Parton





ベスト・オブ・ドリー・パートンベスト・オブ・ドリー・パートン
ドリー・パートン、ポーター・ワーゴナー 他
商品詳細を見る
アメリカを代表する女性カントリー・シンガー、ドリー・パートンのベスト・コレクション。ホイットニー・ヒューストンがカヴァーしたことで知られる「オールウェイズ・ラヴ・ユー」などを収録。


Olivia Newton-John - Jolene





水のなかの妖精+2水のなかの妖精
オリビア・ニュートン・ジョン
商品詳細を見る
1976年リリース作品。日本独自のシングル・カットにより大ヒット曲となった「ジョリーン」(ドリー・パートンのカヴァー)、全米13位を記録した「ボニー・ライド」を収録したアルバム


(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-397.html

[ 2013/07/28 15:45 ] 70’s 1973年の洋楽 | TB(0) | CM(0)

そよ風のバラード(Seasons In The Sun)/テリー・ジャックス

年度1973年昭和 48 年
作詞・作曲Jacques Brel
Rod McKuen
ジャック・ブレル
ロッド・マッケン(英訳)
アーティストTerry Jacksテリー・ジャックス

シーズン・イン・ザ・サンのオリジナルは1961年に発表されたシャンソン『Le Moribond』である。アメリカのロッド・マッケンによって英訳されテリー・ジャックスがプロデュース、ザ・ビーチ・ボーイズが歌うはずだったという。最終的にビーチ・ボーイズによって発表されずに終わった。
1973年にこの曲をテリー・ジャックスが自ら歌い大ヒットとなった。カナダ、イギリスでも1位を記録、全米シングル・チャートで3週連続1位という記録を打ち立てている。

►そよ風のバラード(Seasons In The Sun)の歌詞はこちらから
Terry Jacks ディスコグラフィー

Terry Jacks - Seasons In The Sun





Seasons in the SunSeasons in the Sun
Terry Jacks
商品詳細を見る
カナダのシンガーソングライターのテリー·ジャックスでデビューアルバム『Seasons In The Sun』タイトルナンバーがシングル化されイギリス、アメリカ、オーストラリア、ドイツ、でNo.1ヒットとなる。希少価値のあるアルバムだ。


(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-381.html

[ 2013/05/02 00:01 ] 70’s 1973年の洋楽 | TB(0) | CM(0)

悲しみのアンジー(Angie)/ローリング・ストーンズ

年度1973年昭和 48 年
作詞・作曲Sir Michael Philip Jagger
Keith Richards
マイケル・フィリップ・ジャガー
キース・リチャーズ
アーティストThe Rolling Stonesローリング・ストーンズ

アンジーは、ローリング・ストーンズが1973年にリリースしたアルバム『山羊の頭のスープ(Goats Head Soup)』から先行でシングルカットされ、英国のトップ50シングルでは5位、全米ビルボードHot100において1位を記録 しています。出だしのイントロは静寂なキース・リチャーズとミック・テイラーによるアコースティック・ギターの演奏から始まり、 リードヴォーカルのミック・ジャガーが語りかけるように歌いだす......

►悲しみのアンジー(Angie)の歌詞はこちらから
The Rolling Stones ディスコグラフィー

Angie - The Rolling Stones





山羊の頭のスープ山羊の頭のスープ
ザ・ローリング・ストーンズ
商品詳細を見る
バンドの絶頂を示した1972年USツアーの後、ジャマイカに飛んでレコーディングされたローリング・ストーンズ・レーベルからの第3弾アルバム。感傷的なバラード「悲しみのアンジー」、クラヴィネットが活躍する「ドゥー・ドゥー・ドゥー…」他、前作までのアーシーなサウンドに代わる新たな可能性を探るかのような楽曲が並ぶ。


(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-323.html

[ 2012/06/14 10:13 ] 70’s 1973年の洋楽 | TB(0) | CM(0)

イエスタデイ・ワンス・モア(Yesterday Once More)/カーペンターズ

年度1973年昭和 48 年
作詞・作曲Richard Carpenter
John Bettis
リチャード・カーペンター
ジョン・ベティス
アーティストThe Carpentersカーペンターズ

イエスタデイ・ワンス・モアはカーペンターズのアルバム『ア・ソング・フォー・ユー』に収録、1973年にシングルカットされ全米ビルボード・イージー・リスニング部門では1位を記録した。日本では数ある代表曲の中でも最大のヒット曲となっている。
この曲は兄のリチャード・カーペンターとジョン・ベティスが制作しています。ジョン・ベティスは著名なアメリカの作詞家でカーペンターズの曲に限らず多くの歌詞を残しています。この曲の内容は、昔ラジオで聴いていたオールディーズ曲を聴き、あの頃の思い出を懐かしむ内容の歌詞です。

►イエスタデイ・ワンス・モア(Yesterday Once More)の歌詞はこちらから
The Carpenters ディスコグラフィー

Carpenters - Yesterday Once More





ア・ソング・フォー・ユーア・ソング・フォー・ユー
カーペンターズ
商品詳細を見る
“My Generation, My Music”シリーズのブラック&ポップス編。カーペンターズが1972年に発表した通算4枚目のアルバム。コンセプト・アルバム形態を狙ったといわれる、彼らにとって全盛期と言える時期の作品で、最高傑作との呼び声も高い


青春の輝き~ヴェリー・ベスト・オブ・カーペンターズ青春の輝き~ヴェリー・ベスト・オブ・カーペンターズ
カーペンターズ
商品詳細を見る
オルタナティヴ系のアーティストたちがトリビュート盤を作った(これにはビックリしましたが)カーペンターズのベスト。69年のデビュー曲8から最後のヒット曲20まで,ファンにはほとんどがおなじみだろう。無理やりにでも女性版ビートルズと言いたい。


(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-306.html

[ 2011/10/29 15:06 ] 70’s 1973年の洋楽 | TB(0) | CM(0)
全記事表示リンク
Tag List

サイト内キーワード検索

> tags
ロックンロール 50’s スイング・ジャズ アメリカのジャズバンド 60’s ブルース アメリカの男性シンガーソングライター エルヴィス・プレスリー 全米No.1ヒット 90’s ハードロック ディープ・パープル ラテン インストゥルメンタル 70’s ディスコ ポップ 映画で使われた曲 ポップ・ロック カントリー バブルガム・ポップ アメリカの男性ポップ歌手 イギリスのグループ ビージーズ 映画の主題歌 全英No.1ヒット イギリスのロックバンド 80’s アダルト·コンテンポラリー イギリスの男性ロック歌手 ビートルズ イージーリスニング デュエット曲 アメリカのポップ・デュオ ブルー・アイド・ソウル プログレッシブ・ロック ハード・ロック ニュー・ウェーヴ ニューエイジ カントリー・ロック イーグルス レゲエ R&B カンツォーネ フォーク・ロック ユーロ・ポップ アダルト・コンテンポラリー ブルース・ロック アメリカのロック・バンド ソウル ジャズ・ファンク フュージョン ブギウギ カーペンターズ ソフト・ロック グラミー賞 イギリスの女性シンガーソングライター アメリカの女性ヴォーカルグループ イギリスの女性歌手 カナダの女性ジャズ歌手 スムーズジャズ アメリカの女性シンガーソングライター スーパーグループ アメリカのフォークグループ AOR アメリカの男性ポップ・デュオ ファンク ダンス・ポップ マイケル・ジャクソン イギリスの男性歌手 シャンソン ミュージカル サイケデリック・ロック ジャズ・スタンダード アメリカの女性R&B歌手 アカデミー歌曲賞 40’s アメリカの女性ジャズ歌手 アメリカの女性ポップ歌手 クリスマスソング アメリカの男性ヴォーカルグループ ラテン・ポップ エルトン・ジョン イギリスの男性シンガーソングライター イタリアの男性歌手 ヘヴィメタル アメリカの男性カントリー歌手 バート・バカラック アメリカの女性歌手 アメリカのロックバンド ブラス・ロック シカゴ ダンス アメリカの男性R&B歌手 CMソング アメリカの作曲家 ビッグバンド アメリカのファンクグループ ゴスペル フランク・シナトラ ディズニー・ソング ヒップホップ アメリカの男性ロック歌手 ロカビリー ガールズバンド ジャズ・ファンク アカペラ アメリカのヴォーカルグループ ビー・ジーズ マリリン・モンロー アメリカの映画女優 モータウン グラム・ロック アート・ロック クイーン パンク・ロック アメリカの女性カントリー歌手 アントニオ・カルロス・ジョビン ボサノヴァ アンディ・ウィリアムス ダイアナ・ロス イギリスの男性ポップ・デュオ アメリカの男性R&Bボーカルグループ ドゥーワップ オーストラリアの女性歌手 オリビア・ニュートン・ジョン ダスティ・スプリングフィールド イギリスの女性ソウル歌手 サイケデリック・ポップ グロリア・エステファン フランキー・ヴァリ アメリカのR&Bボーカルグループ アメリカの男性ジャズ歌手 スプリームス 日本でリメイクされた曲 フレンチポップス イギリスの女性ポップ歌手 イギリスの女性ヴォーカルグループ アメリカの女性ボーカルグループ アメリカのジャズ・ピアニスト レイ・チャールズ ディオンヌ・ワーウィック ロッド・スチュワート イギリスのヴォーカルグループ マドンナ ジョン・レノン サイモン&ガーファンクル ナット・キング・コール イギリスの男性ポップ歌手 フォーク ルイ・アームストロング ディキシーランド・ジャズ ワルツ アメリカの男性ボーカルグループ チャック・ベリー ア・カペラ ラテン・ロック グレン・ミラー エラ・フィッツジェラルド 浅川マキ トニー・ベネット TVのテーマ曲 アメリカの男性歌手 ベニー・グッドマン ブルーノート ファンキー・ジャズ ソウル・ジャズ ブラジルの女性ジャズ歌手 ローズマリー・クルーニー ブラジルの男性シンガーソングライター イージー・リスニング フランスのシャンソン歌手 ジュリー・ロンドン イギリスの女性R&B歌手 ダイアナ・クラール アメリカのミュージカル女優 アストラッド・ジルベルト コール・ポーター