ブルームーンお勧めのオールディーズを動画で試聴【ポップ・ジャズ・ロック・映画音楽】歌詞・ダウンロード 




このページの記事目次 (カテゴリー: 1973年の洋楽

total 3 pages  次のページ →  



ロング・トレイン・ランニン(Long Train Running)/ドゥービー・ブラザーズ

   ↑  2013/12/08 (日)  カテゴリー: 1973年の洋楽
年度1973年昭和 48 年
作詞・作曲Tom Johnstonトム・ジョンストン
アーティストThe Doobie Brothersドゥービー・ブラザーズ

ロング・トレイン・ランニンは、アメリカのロック・バンド「ドゥービー・ブラザーズ」が1973年に発表した楽曲。ゴールドディスクとなったアルバム『キャプテン・アンド・ミー(The Captain and Me)』に収録された。全米シングルチャートでは8位まで記録、日本ではトヨタのCMソングにも使用 された。

►ロング・トレイン・ランニン(Long Train Running)の歌詞はこちらから
The Doobie Brothers ディスコグラフィー

The Doobie Brothers - Long Train Running





キャプテン・アンド・ミーキャプテン・アンド・ミー
ドゥービー・ブラザーズ
商品詳細を見る
輝かしい大ヒットを記録し、バンドの地位を不動のものとした、ドゥービー・ブラザーズの記念すべき名3rdアルバム!「ロング・トレイン・ランニン」「チャイナ・グローヴ」収録!!


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカのロックバンド R&B ファンク  70’s 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-423.html

2013/12/08 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ジョリーン(Jolene)/ドリー・パートン

   ↑  2013/07/28 (日)  カテゴリー: 1973年の洋楽
年度1973年昭和 48 年
作詞・作曲Dolly Partonドリー・パートン
アーティストDolly Parton
Olivia Newton-John
ドリー・パートン
オリビア・ニュートン・ジョン

ジョリーンは、アメリカのカントリー・シガーソングライター、ドリー・パートンが1973年に発表した曲である。全米シングルチャートでは60位、カントリー部門では1位を獲得した。
日本ではオリビア・ニュートン·ジョンのバージョンがよく知られている1976年のアルバム『水のなかの妖精(Come On Over)』に収録されこの曲がシングル・カットされた。

►ジョリーン(Jolene)の歌詞はこちらから
Dolly Parton ディスコグラフィー
Olivia Newton-John ディスコグラフィー

Jolene - Dolly Parton





ベスト・オブ・ドリー・パートンベスト・オブ・ドリー・パートン
ドリー・パートン、ポーター・ワーゴナー 他
商品詳細を見る
アメリカを代表する女性カントリー・シンガー、ドリー・パートンのベスト・コレクション。ホイットニー・ヒューストンがカヴァーしたことで知られる「オールウェイズ・ラヴ・ユー」などを収録。


Olivia Newton-John - Jolene





水のなかの妖精+2水のなかの妖精
オリビア・ニュートン・ジョン
商品詳細を見る
1976年リリース作品。日本独自のシングル・カットにより大ヒット曲となった「ジョリーン」(ドリー・パートンのカヴァー)、全米13位を記録した「ボニー・ライド」を収録したアルバム


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカの女性シンガーソングライター カントリー ポップ オリビア・ニュートン・ジョン 70’s 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-397.html

2013/07/28 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

そよ風のバラード(Seasons In The Sun)/テリー・ジャックス

   ↑  2013/05/02 (木)  カテゴリー: 1973年の洋楽
年度1973年昭和 48 年
作詞・作曲Jacques Brel
Rod McKuen
ジャック・ブレル
ロッド・マッケン(英訳)
アーティストTerry Jacksテリー・ジャックス

シーズン・イン・ザ・サンのオリジナルは1961年に発表されたシャンソン『Le Moribond』である。アメリカのロッド・マッケンによって英訳されテリー・ジャックスがプロデュース、ザ・ビーチ・ボーイズが歌うはずだったという。最終的にビーチ・ボーイズによって発表されずに終わった。
1973年にこの曲をテリー・ジャックスが自ら歌い大ヒットとなった。カナダ、イギリスでも1位を記録、全米シングル・チャートで3週連続1位という記録を打ち立てている。

►そよ風のバラード(Seasons In The Sun)の歌詞はこちらから
Terry Jacks ディスコグラフィー

Terry Jacks - Seasons In The Sun





Seasons in the SunSeasons in the Sun
Terry Jacks
商品詳細を見る
カナダのシンガーソングライターのテリー·ジャックスでデビューアルバム『Seasons In The Sun』タイトルナンバーがシングル化されイギリス、アメリカ、オーストラリア、ドイツ、でNo.1ヒットとなる。希少価値のあるアルバムだ。


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : ソフト・ロック ポップ 全英No.1ヒット 全米No.1ヒット  70’s 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-381.html

2013/05/02 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

悲しみのアンジー(Angie)/ローリング・ストーンズ

   ↑  2012/06/14 (木)  カテゴリー: 1973年の洋楽
年度1973年昭和 48 年
作詞・作曲Sir Michael Philip Jagger
Keith Richards
マイケル・フィリップ・ジャガー
キース・リチャーズ
アーティストThe Rolling Stonesローリング・ストーンズ

アンジーは、ローリング・ストーンズが1973年にリリースしたアルバム『山羊の頭のスープ(Goats Head Soup)』から先行でシングルカットされ、英国のトップ50シングルでは5位、全米ビルボードHot100において1位を記録 しています。出だしのイントロは静寂なキース・リチャーズとミック・テイラーによるアコースティック・ギターの演奏から始まり、 リードヴォーカルのミック・ジャガーが語りかけるように歌いだす......

►悲しみのアンジー(Angie)の歌詞はこちらから
The Rolling Stones ディスコグラフィー

Angie - The Rolling Stones





山羊の頭のスープ山羊の頭のスープ
ザ・ローリング・ストーンズ
商品詳細を見る
バンドの絶頂を示した1972年USツアーの後、ジャマイカに飛んでレコーディングされたローリング・ストーンズ・レーベルからの第3弾アルバム。感傷的なバラード「悲しみのアンジー」、クラヴィネットが活躍する「ドゥー・ドゥー・ドゥー…」他、前作までのアーシーなサウンドに代わる新たな可能性を探るかのような楽曲が並ぶ。


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : イギリスのロックバンド ロックンロール ブルース・ロック サイケデリック・ロック 全米No.1ヒット 70’s 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-323.html

2012/06/14 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

イエスタデイ・ワンス・モア(Yesterday Once More)/カーペンターズ

   ↑  2011/10/29 (土)  カテゴリー: 1973年の洋楽
年度1973年昭和 48 年
作詞・作曲Richard Carpenter
John Bettis
リチャード・カーペンター
ジョン・ベティス
アーティストThe Carpentersカーペンターズ

イエスタデイ・ワンス・モアはカーペンターズのアルバム『ア・ソング・フォー・ユー』に収録、1973年にシングルカットされ全米ビルボード・イージー・リスニング部門では1位を記録した。日本では数ある代表曲の中でも最大のヒット曲となっている。
この曲は兄のリチャード・カーペンターとジョン・ベティスが制作しています。ジョン・ベティスは著名なアメリカの作詞家でカーペンターズの曲に限らず多くの歌詞を残しています。この曲の内容は、昔ラジオで聴いていたオールディーズ曲を聴き、あの頃の思い出を懐かしむ内容の歌詞です。

►イエスタデイ・ワンス・モア(Yesterday Once More)の歌詞はこちらから
The Carpenters ディスコグラフィー

Carpenters - Yesterday Once More





ア・ソング・フォー・ユーア・ソング・フォー・ユー
カーペンターズ
商品詳細を見る
“My Generation, My Music”シリーズのブラック&ポップス編。カーペンターズが1972年に発表した通算4枚目のアルバム。コンセプト・アルバム形態を狙ったといわれる、彼らにとって全盛期と言える時期の作品で、最高傑作との呼び声も高い


青春の輝き~ヴェリー・ベスト・オブ・カーペンターズ青春の輝き~ヴェリー・ベスト・オブ・カーペンターズ
カーペンターズ
商品詳細を見る
オルタナティヴ系のアーティストたちがトリビュート盤を作った(これにはビックリしましたが)カーペンターズのベスト。69年のデビュー曲8から最後のヒット曲20まで,ファンにはほとんどがおなじみだろう。無理やりにでも女性版ビートルズと言いたい。


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカのポップ・デュオ ソフト・ロック 全米No.1ヒット 70’s カーペンターズ 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-306.html

2011/10/29 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |