ブルームーンあれもこれも!!ザ・昭和の時代を駆け抜けたお勧めのオールディーズを動画でプレイバック!!!! 

このページの記事目次 (カテゴリー: 1979年の洋楽

total 3 pages  次のページ →  

ロンドン行き最終列車 (Last Train To London)/エレクトリック・ライト・オーケストラ

   ↑  2018/12/23 (日)  カテゴリー: 1979年の洋楽
年度1979年昭和54年
作詞・作曲Jeffrey Lynneジェフ・リン
アーティストElectric Light Orchestraエレクトリック・ライト・オーケストラ

イングランドのプログレッシブ・ロック・バンド、クラシックの弦楽三重奏の要素を取り入れた独特のサウンドが特徴。通称「ELO」 1970年代に世界的な人気を博した 。主なメンバーはジェフ・リン、ベヴ・ベヴァン
Last Train To London (ロンドン行き最終列車)は1979年にアルバム「ディスカバリー」に収録された。
ところで、フランス~ロンドンを行き来する列車ユーロスター、イギリスEU離脱でユーロスターの利用が面倒になるらしい。最終列車が出ないことを祈ろう!

►ロンドン行き最終列車 (Last Train To London)の歌詞はこちらから
Electric Light Orchestra ディスコグラフィー

Electric Light Orchestra - Last Train To London




はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : ディスコ 70’s 

FC2スレッドテーマ : 60年代から70年代のPOPs & ROCK (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-582.html

2018/12/23 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ジンギスカン (Dschinghis Khan )/ジンギスカン

   ↑  2016/12/29 (木)  カテゴリー: 1979年の洋楽
年度1979年昭和54年
作詞・作曲Bernd Meinunger
Ralph Siegel
ベルント・マイヌンガー
ラルフ・ジーゲル
アーティストDschinghis Khanジンギスカン

1979年旧西ドイツのグループ、ジンギスカンが放ったユーロ・ポップのヒット曲。グループ名がジンギスカン、曲のタイトもジンギスカン。この人たちはロシア人なんでしょうか?日本でこのグループが紹介されたとき多くの人がそう思ったのではないでしょうか?何はともあれ、ノリノリで楽しければ何でもありということなんでしょうね。皮肉を込めてこの時代の豊かさを感じます。

►ジンギスカン(Dschinghis Khan)の歌詞はこちらから
Dschinghis Khan ディスコグラフィー

Dschinghis Khan - Dschinghis Khan




はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : 70’s ユーロ・ポップ 

FC2スレッドテーマ : 80年代洋楽 (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-557.html

2016/12/29 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ゴー・ウェスト(Go West)/ペット・ショップ・ボーイズ

   ↑  2015/05/30 (土)  カテゴリー: 1979年の洋楽
年度1979年昭和54年
作詞・作曲Jacques Morali
Henri Belolo
Victor Willis
ジャック・モラーリ
ヘンリー・ベロロ
ヴィクター・ウィリス
アーティストPet Shop Boysペット・ショップ・ボーイズ

西部に行け若者よ! ゴー・ウェストのオリジナルはアメリカのグループ、ヴィレッジ・ピープルが1979年に発表した楽曲。1993年にイギリスの音楽デュオ、ペット・ショップ・ボーイズがカバーしている。東西冷戦を皮肉ったパロディー風にリメイクさ、プロモーションビデオが話題となり、こちらのヴァージョンがオリジナルを超えヒットした。

►ゴー・ウェスト(Go West)の歌詞はこちらから
Pet Shop Boys ディスコグラフィー

Pet Shop Boys - Go West






 アルティメイト・ヒッツ
 ペット・ショップ・ボーイズ
 全てがシングル!ヒット曲!!エレクトロ・ポップ・マエストロのキャリアを総括する19曲入り究極ベスト。そして、ファン待望の新曲も収録!!ニール・テナントと、クリス・ロウによる、イギリスを代表するエレポップ・デュオ。 UK企画による今回のベストは、85年の1stヒット「ウエスト・エンド・ガールズ」から........
はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : ディスコ ポップ  70’s 

FC2スレッドテーマ : 今日の1曲 (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-500.html

2015/05/30 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ラジオ・スターの悲劇(Video Killed the Radio Star)/バグルス

   ↑  2015/03/04 (水)  カテゴリー: 1979年の洋楽
年度1979年昭和 54 年
作詞・作曲Geoffrey Downes
Trevor Charles Horn
Bruce Woolley
ジェフ・ダウンズ
トレヴァー・ホーン
ブルース・ウーリー
アーティストThe Bugglesバグルス

イギリスのニュー・ウェイヴ・グループ、バグルスが1979年に発表、全英でNo.1ヒットとなった曲。電子楽器を多用したエレクトロ・ポップは70年代後期から80年代にかけ世界的に流行した。

►ラジオ・スターの悲劇(Video Killed the Radio Star)の歌詞はこちらから
The Buggles ディスコグラフィー

The Buggles - Video Killed The Radio Star





ラジオ・スターの悲劇+9ラジオ・スターの悲劇+9
バグルス
商品詳細を見る
1980年に発表され、ビデオ・クリップ全盛時代の幕開けを告げた名盤。名曲「ラジオ・スターの悲劇」収録。その後、メンバーのトレヴァー・ホーンはプロデューサーとして、ジェフ・ダウンズはエイジアを率いて...

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ :  イギリスのロックバンド ニュー・ウェーヴ 全英No.1ヒット 80’s 

FC2スレッドテーマ : 洋楽ロック (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-481.html

2015/03/04 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

セイリング(Sailing)/クリストファー・クロス

   ↑  2013/07/18 (木)  カテゴリー: 1979年の洋楽
年度1979年昭和 54 年
作詞・作曲Christopher Crossクリストファー・クロス
アーティストChristopher Crossクリストファー・クロス

セイリングは、1979年クリストファー・クロスのデビュー アルバム『Christopher Cross』(南から来た男)に収録され1980年にセカンド・シングルとしてリリースされた。全米シングル・チャートで1位を記録、日本でも大ヒットしたナンバーである。大人向けの落ち着いたヴォーカルが特徴である音楽ジャンル AORの代表格として、ファンが多い。
このアルバムは1980年のグラミー賞の5部門を受賞し名盤として語り継がれている。

►セイリング(Sailing)の歌詞はこちらから
Christopher Cross ディスコグラフィー

Sailing - Christopher Cross





南から来た男南から来た男
クリストファー・クロス
商品詳細を見る
AORを代表する男性シンガー、クリストファー・クロスの記念すべきデビュー・アルバム。「セイリング」「風立ちぬ」収録。1980年度グラミー賞「アルバム・オブ・ザ・イヤー」受賞。(1979年作品)

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカの男性シンガーソングライター ポップ・ロック ソフト・ロック アダルト·コンテンポラリー AOR 全米No.1ヒット グラミー賞 80’s 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-394.html

2013/07/18 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |