ブルームーンお勧めのオールディーズを動画で試聴【ポップ・ジャズ・ロック・映画音楽】歌詞・ダウンロード 




このページの記事目次 (カテゴリー: 1962年の洋楽

total 3 pages  次のページ →  



ダンス天国(Land Of A Thousand Dances)/ウォーカー・ブラザーズ

   ↑  2016/06/13 (月)  カテゴリー: 1962年の洋楽
年度1962年昭和37年
作詞・作曲Chris Kennerクリス・ケナー
アーティストThe Walker Brothersウォーカー・ブラザーズ

この曲のオリジナルはアメリカ・ニューオリンズのR&B歌手、クリス・ケナーが1962年に発表している。R&B歌手ウィルソン・ピケット(Wilson Pickett)、日本ではアメリカ・オハイオ出身のスコット・ウォーカー率いるイギリスのバンド、ウォーカー・ブラザーズのカバーがよく知られている。

►ダンス天国(Land Of A Thousand Dances)の歌詞はこちらから
The Walker Brothers ディスコグラフィー

The Walker Brothers - Land Of A Thousand Dances





はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : 60’s R&B 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-550.html

2016/06/13 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

リバティバランスを射った男(The Man Who Shot Liberty Valance)/ジーン・ピットニー

   ↑  2015/04/27 (月)  カテゴリー: 1962年の洋楽
年度1962年昭和 37 年
作詞Hal Davidハル・デビッド
作曲Burt Bacharachバート・バカラック
アーティストGene Pitneyジーン・ピットニー

ザ・マン・フー・ショット・リバティ・バランス 。タイトルがいいですね!アメリカ西部劇映画『リバティバランスを射った男』は1962年に公開された。監督はジョン・フォード、主演にジョン・ウェインジェームズ・ステュアート、リバティ・バランス役にリー・マーヴィンが演じていた。
この映画のタイトルと同じ主題歌をハロー・メリー・ルーなどののヒット曲で知られるアメリカのカントリー歌手ジーン・ピットニーが歌っている。
この曲の製作にあたったのは、サン・ホセへの道恋よさようなら、など数々の名曲を生んだバート・バカラックとハル・デビッドの名コンビで製作された。

►リバティバランスを射った男(The Man Who Shot Liberty Valance)の歌詞はこちらから
Burt Bacharach  ディスコグラフィー

Gene Pitney - The Man Who Shot Liberty Valance





グレイテスト・ヒッツグレイテスト・ヒッツ
ジーン・ピットニー
商品詳細を見る
日本では「ルイジアナ・ママ」で知られる,60年代を代表するアメリカのシンガー,ジーン・ピットニー。といってもピンとくるのは50代以上……!?ともあれ,チャートを賑わしたヒット曲を全部収録したCDなのであります。ポップス黄金時代の懐メロです。


リバティ・バランスを射った男 [DVD]リバティ・バランスを射った男 [DVD]
ジョン・ウェイン、ジェイムズ・スチュワート 他
商品詳細を見る
『荒野の決闘』の巨匠、ジョン・フォード監督が、名優、ジョン・ウェインとジェームズ・スチュワートの共演で描く名作ウエスタンアクション。若き青年・ランスは、無法者リバティ・バランスとの決闘に赴くが…。


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカの男性カントリー歌手 カントリー 映画の主題歌 60’s  バート・バカラック 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-493.html

2015/04/27 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ブリング・イット・オン・ホーム・トゥ・ミー(Bring It On Home To Me)/サム・クック

   ↑  2014/10/01 (水)  カテゴリー: 1962年の洋楽
年度1962年昭和 37 年
作詞・作曲Sam Cooke サム・クック
アーティストSam Cooke サム・クック

ブリング・イット・オン・ホーム・トゥ・ミーは1962年にアメリカのR&B歌手 サム・クックが発表した曲である。ジャンルを越え現在も数多くの歌手によってカバーされている。よく知られるところでは、アニマルズ、ロッド・スチュワート、日本では柳ジョージ&レイニーウッドがカバーしていた。個性の強いアーティストに人気のソウル・バラードだ 。

►ブリング・イット・オン・ホーム・トゥ・ミー(Bring It On Home To Me)の歌詞はこちらから
Sam Cooke ディスコグラフィー

Sam Cooke - Bring It On Home To Me





ベスト・オブ・サム・クックベスト・オブ・サム・クック
サム・クック
商品詳細を見る
1988年に発売されたベスト・アルバムから「サマータイム」(別ヴァージョン)がカットされ、代わりに「ウィン・ユア・ラヴ・フォー・ミー」他3曲を追加。全15曲となり......


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカの男性シンガーソングライター R&B ソウル ゴスペル 60’s 

FC2スレッドテーマ : 今日の1曲 (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-466.html

2014/10/01 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

酒とバラの日々(Days of Wine and Roses)/ヘンリー・マンシーニ

   ↑  2013/10/04 (金)  カテゴリー: 1962年の洋楽
年度1962年昭和 37 年
作詞Johnney Mercerジョニー・マーサー
作曲Henry Manciniヘンリー・マンシーニ
アーティストHenry Manciniヘンリー・マンシーニ

1962年に封切られたアメリカ映画『酒とバラの日々(デイズ・オブ・ワイン・アンド・ローゼズ)』のテーマ曲として使われた楽曲である。同年にアカデミー歌曲賞を受賞した。ジャズのスタンダード・ナンバーとしてもよく知られ、オスカー・ピーターソン等の演奏でもお馴染みの曲だ。ヴォーカルでは、1963年にアンディ・ウィリアムスのカバーでヒットしている。
この曲を制作したジョニー・マーサー、ヘンリー・マンシーニは1962年にも『ムーン・リバー』でアカデミー歌曲賞を受賞。2年連続の受賞となった。

►酒とバラの日々(Days of Wine and Roses)の歌詞はこちらから
Henry Mancini ディスコグラフィー

Henry Mancini - Days of Wine and Roses





ザ・ベリー・ベスト・オブ・ヘンリー・マンシーニザ・ベリー・ベスト・オブ・ヘンリー・マンシーニ
ヘンリー・マンシーニ楽団
商品詳細を見る
生誕80周年、没後10周年、さらに『ピンク・パンサー』誕生40周年を記念したベスト盤。グラミー受賞の「ピーターガン」や名曲「ムーン・リヴァー」など一度は耳にした名曲ばかりを収録。


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカの作曲家 イージーリスニング 映画の主題歌 アカデミー歌曲賞 60’s アンディ・ウィリアムス 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-415.html

2013/10/04 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ツイストで踊りあかそう(Twistin' the Night Away)/サム・クック

   ↑  2013/08/06 (火)  カテゴリー: 1962年の洋楽
年度1962年昭和 37 年
作詞・作曲Samuel Cookeサム・クック
アーティストSamuel Cookeサム・クック

ツイスティン・ザ・ナイト・アウェイは、アメリカのシンガーソングライター、サム・クックことサミュエル・クックが1962年に発表した曲。全米チャート9位、R&Bチャートでは1位を記録した。 日本では2012年にトータス松本 がこの曲が収録されたサム・クックのアルバム『Twistin' the Night Away』をフルカバーした事で話題となった。 ソウル・シンガー、サム・クックは、数多くのアーティストにカバーされたブリング・イット・オン・ホーム・トゥ・ミー等の名曲を数多く残している。

►ツイストで踊りあかそう(Twistin' the Night Away)の歌詞はこちらから
Sam Cooke ディスコグラフィー

Sam Cooke - Twistin' The Night Away





ツイストで踊りあかそう(紙ジャケット仕様)ツイストで踊りあかそう
サム・クック
商品詳細を見る
1962年リリースのRCA第5弾作品。全米シングル・チャートで第9位まで上昇したタイトル曲をはじめ、彼のゴスペル的な感情がほとばしる楽曲が詰まった名盤。大ヒットしたタイトル曲以外にも「サムバディズ・ゴナ・ミス・ミー」「誰かがあわれみを」など名演揃い内容はソウル・ファン必聴の1枚。


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカの男性シンガーソングライター R&B ソウル 60’s 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-401.html

2013/08/06 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |