あれもこれも!!ザ・昭和の時代を駆け抜けたお勧めのオールディーズを動画でプレイバック!!!!


サイモン・セッズ(Simon Says)/1910フルーツガム・カンパニー

年度1967年昭和 42 年
作詞・作曲Elliot Chiprutエリオット・チップラット
アーティスト1910 Fruitgum Company1910フルーツガム・カンパニー

アメリカのポップバンド、「ナインティーン・テン・フルーツ・ガム・カンパニー」が1967年に発表した楽曲である。どこかの企業みたいなグループ名である。しかし何とこの曲が全米シングルチャート4位、全英で2位まで記録されていた。
1960年代後半から70年代初頭にかけてはやったバブルガム・ポップ。明るくリズミカルなサウンドが特徴的でおもに若者向けに発信された楽曲が多い。この時期にティーンエイジャー向けのアメリカテレビドラマ「ザ・モンキーズ」に出演していたモンキーズもこのジャンルに入る。

►サイモン・セッズ(Simon Says)の歌詞はこちらから
1910 Fruitgum Company ディスコグラフィー

Fruitgum Company - Simon Says





ザ・ベスト・オブ・1910フルーツガム・カンパニーザ・ベスト・オブ・1910フルーツガム・カンパニー
1910フルーツガム・カンパニー
商品詳細を見る
ブッダ・レコード=バブルガム・ポップというイメージを代表するグループ。1968年にデビューし、たった2年という短い活動期間のなか、5枚ものアルバムを残している。実際はジェリー・カセネッツとジェフ・カッツが仕掛けた匿名プロジェクト


(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-489.html

[ 2015/04/04 11:41 ] 60’s 1967年の洋楽 | TB(0) | CM(0)

マサチューセッツ(Massachusetts)/ビー・ジーズ

年度1967年昭和 42 年
作詞・作曲Barry Gibb
Robin Gibb
Maurice Gibb
バリー・ギブ
ロビン・ギブ
モーリス・ギブ
アーティストBee Geesビー・ジーズ

マサチューセッツは、オーストラリアのグループ「ビー・ジーズ」 が1967年9月にイギリスで発表した曲。このシングルは500万枚超のセールスとなり全英1位、全米11位世界的な大ヒットとなった。1968年のアルバムは『Horizontal』に収録された。架空の故郷アメリカ・マサチューセッツの思いを歌にした。

►マサチューセッツ(Massachusetts)の歌詞はこちらから
►►The Bee Gees ディスコグラフィー

Bee Gees - Massachusetts





アルティメイト・ベスト・オブ・ビー・ジーズアルティメイト・ベスト・オブ・ビー・ジーズ
ビー・ジーズ
商品詳細を見る
Disc1-Night Out / Disc2-Night Inと名づけられ、文字通り、グルーヴ溢れるナンバーと美しいバラードナンバーに分けて2枚のディスク収められた、ビー・ジーズのキャリアを代表する、時代に刻みこまれたヒット曲の数々を収録したベスト・アルバム。数多くのチャート上位作品、さらに彼らが他人のために書いた曲も収録された、ビー・ジーズの世界が凝縮された特別なアルバムです。


(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-445.html

[ 2014/05/24 22:44 ] 60’s 1967年の洋楽 | TB(0) | CM(0)

デイドリーム・ビリーバー(Daydream Believer)/モンキーズ

年度1697年昭和42年
作詞・作曲John Stewartジョン・スチュワート
アーティストThe Monkeesモンキーズ

最近、日本ではセブンイレブンのテーマ曲としてよく耳にするデイドリーム・ビリーバーはアメリカのポップ・グループ「モンキーズ」が1697年にシングル・リリースした曲。全米1位、全英5位を記録大ヒットした。作詞・作曲はキングストン・トリオ(The Kingston Trio) のジョン・スチュワートが書いている。1968年のアルバム小鳥と蜂とモンキーズ(The Birds, The Bees & The Monkees)に収録された。

►デイドリーム(Daydream Believer)の歌詞はこちらから
The Monkees ディスコグラフィー

The Monkees - Daydream Believer





小鳥と蜂とモンキーズ小鳥と蜂とモンキーズ
ザ・モンキーズ
商品詳細を見る
モンキーズにとって代表曲ともいえる全米ナンバーワン・ヒット「デイドリーム・ビリーヴァー」、「すてきなバレリ」をフィーチャーした5枚目のアルバム。1968年作品。


(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-444.html

[ 2014/05/14 19:14 ] 60’s 1967年の洋楽 | TB(0) | CM(0)

悲しいうわさ(I Heard It Through The Grapevine)/マーヴィン・ゲイ

年度1967年昭和 42 年
作詞・作曲Norman Whitfield
Barrett Strong
ノーマン・ホイットフィールド
バレット・ストロング
アーティストMarvin Gayeマーヴィン・ゲイ

悲しいうわさ「アイ・ハード・イット・スルー・ザ・グレイプヴァイン」のオリジナルは、アメリカR&Bグループ、グラディス・ナイト&ザ・ピップスンが1967年にリリース全米チャート2位に記録された。
翌1968年にアメリカのR&B歌手マーヴィン・ゲイがこの曲を歌い、全米7週連続でチャート1位を獲得大ヒットとなる。

►悲しいうわさ(I Heard It Through The Grapevine)の歌詞はこちらから
Marvin Gaye ディスコグラフィー

Marvin Gaye - I Heard It Through The Grapevine





悲しいうわさ悲しいうわさ
マーヴィン・ゲイ
商品詳細を見る
マーヴィン・ゲイは、アメリカのR&B・ソウル歌手。モータウンに所属し数多くのヒット曲を量産してきた。スモーキー・ロビンソン&ザ・ミラクルズ(Smokey Robinson & The Miracles)によって初めて記録されゲイの代表曲でもある「悲しいうわさ」が収録。


(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-414.html

[ 2013/09/29 23:24 ] 60’s 1967年の洋楽 | TB(0) | CM(0)

青春の光と影(Both Sides, Now)/ジュディ・コリンズ

年度1967年昭和 42 年
作詞・作曲Joni Mitchellジョニ・ミッチェル
アーティストJudy Collinsジュディ・コリンズ

邦題「青春の光と影」ボス・サイズ・ナウのオリジナルは言わずと知れたカナダ出身の女性フォーク・シンガー・ソングライター、ジョニ・ミッチェルの曲である。彼女は1967年に、この曲を書き下ろしている。1969年に発表されたスタジオ・アルバム『Clouds』に収録された。
1968年にアメリカのジュディ・コリンズがこの曲をカバー、1969年のアメリカ映画『青春の光と影(Changes)』の主題歌で彼女の曲が使われ全米チャートは8位まで記録され世界的にこの曲が知られる事になる。

►青春の光と影(Both Sides, Now)の歌詞はこちらから
Judy Collins ディスコグラフィー
Joni Mitchell ディスコグラフィー

Judy Collins - Both Sides, Now

 



ジュディ・コリンズのすべてジュディ・コリンズのすべて
ジュディ・コリンズ
商品詳細を見る
上品なまでのイメージのフォーク歌手ジュディ・コリンズは68年にジョニ・ミッチェルの「青春の光と影」をいち早く取り上げ、それを全米8位のヒットとしたほか、あのCS&Nの「青い瞳のジュディ」のモデルとなる女性......


Joni Mitchell - Both Sides, Now





CloudsClouds
Joni Mitchell
商品詳細を見る
ジョニ・ミッチェルのこの2作目では、アーティストとしての輝きがはじめて発揮されている。デビュー作『Song to a Seagull』で予感させた偉大な才能が本物であったことを見せつけているのだ。メロディーと詞を効率的にコントロールすることを新たに発見したミッチェルは、とっつきやすくて簡単に鼻歌で歌えそうな....


(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-382.html

[ 2013/05/06 11:44 ] 60’s 1967年の洋楽 | TB(0) | CM(0)
全記事表示リンク
Tag List

サイト内キーワード検索

> tags
ロックンロール 50’s スイング・ジャズ アメリカのジャズバンド 60’s ブルース アメリカの男性シンガーソングライター エルヴィス・プレスリー 全米No.1ヒット 90’s ハードロック ディープ・パープル ラテン インストゥルメンタル 70’s ディスコ ポップ 映画で使われた曲 ポップ・ロック カントリー バブルガム・ポップ アメリカの男性ポップ歌手 イギリスのグループ ビージーズ 映画の主題歌 全英No.1ヒット イギリスのロックバンド 80’s アダルト·コンテンポラリー イギリスの男性ロック歌手 ビートルズ イージーリスニング デュエット曲 アメリカのポップ・デュオ ブルー・アイド・ソウル プログレッシブ・ロック ハード・ロック ニュー・ウェーヴ ニューエイジ カントリー・ロック イーグルス レゲエ R&B カンツォーネ フォーク・ロック ユーロ・ポップ アダルト・コンテンポラリー ブルース・ロック アメリカのロック・バンド ソウル ジャズ・ファンク フュージョン ブギウギ カーペンターズ ソフト・ロック グラミー賞 イギリスの女性シンガーソングライター アメリカの女性ヴォーカルグループ イギリスの女性歌手 カナダの女性ジャズ歌手 スムーズジャズ アメリカの女性シンガーソングライター スーパーグループ アメリカのフォークグループ AOR アメリカの男性ポップ・デュオ ファンク ダンス・ポップ マイケル・ジャクソン イギリスの男性歌手 シャンソン ミュージカル サイケデリック・ロック ジャズ・スタンダード アメリカの女性R&B歌手 アカデミー歌曲賞 40’s アメリカの女性ジャズ歌手 アメリカの女性ポップ歌手 クリスマスソング アメリカの男性ヴォーカルグループ ラテン・ポップ エルトン・ジョン イギリスの男性シンガーソングライター イタリアの男性歌手 ヘヴィメタル アメリカの男性カントリー歌手 バート・バカラック アメリカの女性歌手 アメリカのロックバンド ブラス・ロック シカゴ ダンス アメリカの男性R&B歌手 CMソング アメリカの作曲家 ビッグバンド アメリカのファンクグループ ゴスペル フランク・シナトラ ディズニー・ソング ヒップホップ アメリカの男性ロック歌手 ロカビリー ガールズバンド ジャズ・ファンク アカペラ アメリカのヴォーカルグループ ビー・ジーズ マリリン・モンロー アメリカの映画女優 モータウン グラム・ロック アート・ロック クイーン パンク・ロック アメリカの女性カントリー歌手 アントニオ・カルロス・ジョビン ボサノヴァ アンディ・ウィリアムス ダイアナ・ロス イギリスの男性ポップ・デュオ アメリカの男性R&Bボーカルグループ ドゥーワップ オーストラリアの女性歌手 オリビア・ニュートン・ジョン ダスティ・スプリングフィールド イギリスの女性ソウル歌手 サイケデリック・ポップ グロリア・エステファン フランキー・ヴァリ アメリカのR&Bボーカルグループ アメリカの男性ジャズ歌手 スプリームス 日本でリメイクされた曲 フレンチポップス イギリスの女性ポップ歌手 イギリスの女性ヴォーカルグループ アメリカの女性ボーカルグループ アメリカのジャズ・ピアニスト レイ・チャールズ ディオンヌ・ワーウィック ロッド・スチュワート イギリスのヴォーカルグループ マドンナ ジョン・レノン サイモン&ガーファンクル ナット・キング・コール イギリスの男性ポップ歌手 フォーク ルイ・アームストロング ディキシーランド・ジャズ ワルツ アメリカの男性ボーカルグループ チャック・ベリー ア・カペラ ラテン・ロック グレン・ミラー エラ・フィッツジェラルド 浅川マキ トニー・ベネット TVのテーマ曲 アメリカの男性歌手 ベニー・グッドマン ブルーノート ファンキー・ジャズ ソウル・ジャズ ブラジルの女性ジャズ歌手 ローズマリー・クルーニー ブラジルの男性シンガーソングライター イージー・リスニング フランスのシャンソン歌手 ジュリー・ロンドン イギリスの女性R&B歌手 ダイアナ・クラール アメリカのミュージカル女優 アストラッド・ジルベルト コール・ポーター