あれもこれも!!ザ・昭和の時代を駆け抜けたお勧めのオールディーズを動画でプレイバック!!!!


リスペクト(Respect)/アレサ・フランクリン

年度1965年昭和40年
作詞・作曲Otis Reddingオーティス・レディング
アーティストAretha Franklinアレサ・フランクリン

夫婦生活も長くなるとお互いの敬う気持ちが薄れがちとなり何もかもが当たり前という関係になっていく。”私にたまには敬意を払って頂戴"とアレサが訴える...男女を問わず言える事だが円満の秘訣はお互いを尊重する気持ちを忘れないようにということだろうか?
オリジナルはアメリカのR&B歌手オーティス・レディングが1965年に発表している。1967年にアレサ・フランクリンがカバー、全米1位オリジナルを超え大ヒットした。アトランティック・レコードからリリースされた名盤『貴方だけを愛して』に収録された。

►リスペクト(Respect)の歌詞はこちらから
Aretha Franklin ディスコグラフィー

Aretha Franklin - Respect






 貴方だけを愛して
 アレサ・フランクリン
 ソウル・ミュージックを象徴するアレサ・フランクリンが1967年に発表した、アトランティック移籍第1弾アルバム。世紀の名バラード「貴方だけを愛して」、アレサの代表曲「リスペクト」に加え......

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-507.html

[ 2015/06/20 12:52 ] 60’s 1965年の洋楽 | TB(0) | CM(0)

イエスタデイ(Yesterday)/ビートルズ

年度1965年昭和 40 年
作詞・作曲Lennon–McCartneyレノン=マッカートニー
アーティストThe Beatlesザ・ビートルズ

バックで流れる弦楽四重奏の演奏がとても印象的なイエスタデイは1965年にザ・ビートルズが発表した曲。
制作はジョン・レノン、ポール・マッカートニーの合作となっているが、この曲はポールの曲であり、主ヴォーカルも彼が担当した。ランキングは全英8位、全米で1位を記録した。
この曲は1965年に発表されたスタジオアルバム『Help!』 に収録され、このアルバムは全英、全米共に1位を獲得した。

►イエスタデイ(Yesterday)の歌詞はこちらから
The Beatles ディスコグラフィー

The Beatles - Yesterday





HELP! - 4人はアイドルHELP! - 4人はアイドル
ザ・ビートルズ
商品詳細を見る
同名の主演映画第2弾のサントラ盤。タイトル曲に代表される内省化し深化したジョンの詞作がいよいよアイドルからの脱却が近いことを物語っているが、全体的にはポールの成長が著しいアルバムといえる。 特に、いまやスタンダードナンバーとなった......


(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-392.html

[ 2013/06/18 10:36 ] 60’s 1965年の洋楽 | TB(0) | CM(0)

ミッシェル(Michelle)/ビートルズ

年度1965年昭和 40 年
作詞・作曲Lennon–McCartneyレノン=マッカートニー
アーティストThe Beatlesザ・ビートルズ

ザ・ビートルズのメンバーであるジョン·レノン、ポール·マッカートニーの合作である。英国のシングルチャート でナンバーワンシングルとなった。アルバムは『ラバー・ソウル(Rubber Soul)』に収録された。この曲はポールがフランス語で歌いフランスで最も有名なビートルズの曲の一つとなっている。この曲で1967年度のグラミー賞最優秀楽曲賞を獲得している。

►ミッシェル(Michelle)の歌詞はこちらから
The Beatles ディスコグラフィー

The Beatles - Michelle





1962~1966【期間限定価格】1962~1966
ザ・ビートルズ
商品詳細を見る
ザ・ビートルズのベスト盤として、長年にわたり世界中の多くのファンに親しまれてきた『ザ・ビートルズ/1962~1966』(通称:赤盤)、『ザ・ビートルズ/1967~1970』(通称:青盤)が1993年の初CD化以来初めて、最新リマスター音源で登場....


(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-373.html

[ 2013/03/15 22:18 ] 60’s 1965年の洋楽 | TB(0) | CM(0)

ストップ・イン・ザ・ネーム・オブ・ラブ(Stop! In the Name of Love)/スプリームス

年度1965年昭和 40 年
作詞・作曲Eddie Holland, Jr
Brian Holland
Lamont Dozier
エディ・ホーランド・ジュニア
ブライアン・ホーランド
ラモント・ドジャー
アーティストThe Supremesザ・スプリームス

待って!お願い!!ストップ・イン・ザ・ネーム・オブ・ラブは、60年代に活躍したスプリームスのナンバー、1965年全米ビルボードホット100で1位を記録し大ヒットした。
ザ・スプリームス(The Supremes)は アメリカのR&B女性ボーカル・グループ。ダイアナ・ロス&スプリームスと紹介した方が分かりやすいかもしれない。ダイアナ・ロスは3人のメンバーの中でも飛び抜けた存在であり、後にソロとなり大スターとなった。アーティストだ。1959 年結成され1977年には解散している。
このグループの曲の制作は、モータウン専属の大物作曲家ホーランド=ドジャー=ホーランド が行っている。

►ストップ・イン・ザ・ネーム・オブ・ラブ(Stop! In the Name of Love)の歌詞はこちらから
The Supremes ディスコグラフィー

The Supremes - Stop In The Name Of Love





モア・ヒッツ・バイ・ザ・シュープリームス(紙ジャケット仕様)モア・ヒッツ・バイ・ザ・シュープリームス
ダイアナ・ロス&シュープリームス
商品詳細を見る
デビュー50周年(2012年時)を迎えたガールズ・グループ、ダイアナ・ロス&ザ・シュープリームス。全曲の制作をホーランド/ドジャー/ホーランドに委ね、ポップスの王道を突き進んだ1965年発表のサード


(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-345.html

[ 2012/10/24 00:13 ] 60’s 1965年の洋楽 | TB(0) | CM(0)

よくあることさ(It's Not Unusual)/トム・ジョーンズ

年度1965年昭和40年
作詞・作曲Les Reed
Gordon Mills
レス・リード
ゴードン・ミルズ
アーティストTom Jonesトム・ジョーンズ

邦題『よくあることさ』イッツ・ノット・アンユージュアル1965年にイギリスの歌手トム・ジョーンズが歌って全英チャートでナンバーワンを記録、全米でも最高位10位までランキングされ大ヒットした楽曲です。
そのほかの彼の代表作に ラブ・ミー・トゥナイト シーズ・ア・レイディ 何かいいことないか子猫チャン などがあり多くのヒット曲を配信した大物アーティストです。
1966年にはシュープリームスがこの曲をカバーしている。今もっとも話題になっているのが、アメリカFOXテレビでオンエア中の『グリー 踊る♪合唱部!?』 2011年にはシーズン3でグリー・キャストによるこの曲が紹介されている。

►よくあることさ(It's Not Unusual)の歌詞はこちらから
Tom Jones ディスコグラフィー

Tom Jones - It's Not Unusual





グレイテスト・ヒッツグレイテスト・ヒッツ
トム・ジョーンズ
商品詳細を見る
「何かいいことないか仔猫チャン」のヒットで知られるトム・ジョーンズのベスト・アルバム。ヒット・シングルでCM使用曲「恋はメキメキ」ほか、ねちっこい彼のヴォーカルが存分に堪能できる一枚。


(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-287.html

[ 2011/06/12 18:32 ] 60’s 1965年の洋楽 | TB(0) | CM(0)
全記事表示リンク
Tag List

サイト内キーワード検索

> tags
ロックンロール 50’s スイング・ジャズ アメリカのジャズバンド 60’s ブルース アメリカの男性シンガーソングライター エルヴィス・プレスリー 全米No.1ヒット 90’s ハードロック ディープ・パープル ラテン インストゥルメンタル 70’s ディスコ ポップ 映画で使われた曲 ポップ・ロック カントリー バブルガム・ポップ アメリカの男性ポップ歌手 イギリスのグループ ビージーズ 映画の主題歌 全英No.1ヒット イギリスのロックバンド 80’s アダルト·コンテンポラリー イギリスの男性ロック歌手 ビートルズ イージーリスニング デュエット曲 アメリカのポップ・デュオ ブルー・アイド・ソウル プログレッシブ・ロック ハード・ロック ニュー・ウェーヴ ニューエイジ カントリー・ロック イーグルス レゲエ R&B カンツォーネ フォーク・ロック ユーロ・ポップ アダルト・コンテンポラリー ブルース・ロック アメリカのロック・バンド ソウル ジャズ・ファンク フュージョン ブギウギ カーペンターズ ソフト・ロック グラミー賞 イギリスの女性シンガーソングライター アメリカの女性ヴォーカルグループ イギリスの女性歌手 カナダの女性ジャズ歌手 スムーズジャズ アメリカの女性シンガーソングライター スーパーグループ アメリカのフォークグループ AOR アメリカの男性ポップ・デュオ ファンク ダンス・ポップ マイケル・ジャクソン イギリスの男性歌手 シャンソン ミュージカル サイケデリック・ロック ジャズ・スタンダード アメリカの女性R&B歌手 アカデミー歌曲賞 40’s アメリカの女性ジャズ歌手 アメリカの女性ポップ歌手 クリスマスソング アメリカの男性ヴォーカルグループ ラテン・ポップ エルトン・ジョン イギリスの男性シンガーソングライター イタリアの男性歌手 ヘヴィメタル アメリカの男性カントリー歌手 バート・バカラック アメリカの女性歌手 アメリカのロックバンド ブラス・ロック シカゴ ダンス アメリカの男性R&B歌手 CMソング アメリカの作曲家 ビッグバンド アメリカのファンクグループ ゴスペル フランク・シナトラ ディズニー・ソング ヒップホップ アメリカの男性ロック歌手 ロカビリー ガールズバンド ジャズ・ファンク アカペラ アメリカのヴォーカルグループ ビー・ジーズ マリリン・モンロー アメリカの映画女優 モータウン グラム・ロック アート・ロック クイーン パンク・ロック アメリカの女性カントリー歌手 アントニオ・カルロス・ジョビン ボサノヴァ アンディ・ウィリアムス ダイアナ・ロス イギリスの男性ポップ・デュオ アメリカの男性R&Bボーカルグループ ドゥーワップ オーストラリアの女性歌手 オリビア・ニュートン・ジョン ダスティ・スプリングフィールド イギリスの女性ソウル歌手 サイケデリック・ポップ グロリア・エステファン フランキー・ヴァリ アメリカのR&Bボーカルグループ アメリカの男性ジャズ歌手 スプリームス 日本でリメイクされた曲 フレンチポップス イギリスの女性ポップ歌手 イギリスの女性ヴォーカルグループ アメリカの女性ボーカルグループ アメリカのジャズ・ピアニスト レイ・チャールズ ディオンヌ・ワーウィック ロッド・スチュワート イギリスのヴォーカルグループ マドンナ ジョン・レノン サイモン&ガーファンクル ナット・キング・コール イギリスの男性ポップ歌手 フォーク ルイ・アームストロング ディキシーランド・ジャズ ワルツ アメリカの男性ボーカルグループ チャック・ベリー ア・カペラ ラテン・ロック グレン・ミラー エラ・フィッツジェラルド 浅川マキ トニー・ベネット TVのテーマ曲 アメリカの男性歌手 ベニー・グッドマン ブルーノート ファンキー・ジャズ ソウル・ジャズ ブラジルの女性ジャズ歌手 ローズマリー・クルーニー ブラジルの男性シンガーソングライター イージー・リスニング フランスのシャンソン歌手 ジュリー・ロンドン イギリスの女性R&B歌手 ダイアナ・クラール アメリカのミュージカル女優 アストラッド・ジルベルト コール・ポーター