ブルームーンあれもこれも!!ザ・昭和の時代を駆け抜けたお勧めのオールディーズを動画でプレイバック!!!! 



このページの記事目次 (カテゴリー: 1971年の洋楽

total 4 pages  次のページ →  



デイ・アフター・デイ(Day After Day)/バッドフィンガー

   ↑  2018/10/14 (日)  カテゴリー: 1971年の洋楽
年度1971年昭和46年
作詞・作曲Pete Hamピート・ハム
アーティストBadfingerバッドフィンガー

1970年に名曲「ウィズアウト・ユー」を大ヒットさせたイギリスのロックバンド、バッドフィンガー。翌71年に「デイ・アフター・デイ」を発表、全米4位まで記録された。
リーダーであるピート・ハムが作曲、プロデュースに今は亡きビートルズのメンバー(ジョージ・ハリスン)が参加している。

►デイ・アフター・デイ(Day After Day)の歌詞はこちらから
Badfinger ディスコグラフィー

Badfinger - Day After Day





はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : ポップ・ロック 70’s 

FC2スレッドテーマ : 60年代から70年代のPOPs & ROCK (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-580.html

2018/10/14 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

いとしのレイラ(Layla)/デレク・アンド・ザ・ドミノス

   ↑  2016/05/20 (金)  カテゴリー: 1971年の洋楽
年度1971年昭和46年
作詞・作曲Eric Clapton
Jim Gordon
エリック・クラプトン
ジム・ゴードン
アーティストDerek and the Dominosデレク・アンド・ザ・ドミノス

エリック・クラプトンのファンで無くても一度は耳にした事のあるイントロ、印象的で何度もリピートされるギターの伴奏。いとしのレイラはアメリカのブルース・バンド「デレク・アンド・ザ・ドミノス」が1971年に発表した楽曲である。
ペルシャの詩人ニザーミーが書いた『ライラとマジュヌーン』からインスパイアされ、この曲が作られたことはロックファンの間では有名な話である。美女ライラへの切ない気持ちを歌ったラブソングである。アルバム『Layla and Other Assorted Love Songs』に収録されている。

►いとしのレイラ(Layla)の歌詞はこちらから
Derek and the Dominos ディスコグラフィー

Eric Clapton - Layla






いとしのレイラ
デレク&ザ・ドミノス
クリーム解散~ブラインド・フェイスでの短い活動を経たエリック・クラプトン率いるデレク&ザ・ドミノスの歴史的名盤であるデビュー・アルバム。ロック史上不朽の名曲「いとしのレイラ」他を収録。

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカのロック・バンド ブルース・ロック 70’s 

FC2スレッドテーマ : BLUES (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-549.html

2016/05/20 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

天国への階段(Stairway to Heaven)/レッド・ツェッペリン

   ↑  2015/05/05 (火)  カテゴリー: 1971年の洋楽
年度1971年昭和46年
作詞・作曲Jimmy Page
Robert Plant
ジミー・ペイジ
ロバート・プラント
アーティストLed Zeppelinレッド・ツェッペリン

ロック史上最も有名な楽曲であり、ハードロックファンであれば誰もが一度は聴いたことがある「天国への階段」ステアウェイ・トゥ・ヘブン、イギリスのロックバンド、レッド・ツェッペリンが1971年に発表した楽曲である。第一部~第三部まで振り分けられ収録時間は8分にも及ぶ。静寂~躍動、徐々に盛り上がり頂点に達する。アルバム『レッド・ツェッペリン IV』に収録されている。

►天国への階段(Stairway to Heaven)の歌詞はこちらから
Led Zeppelin ディスコグラフィー

Led Zeppelin - Stairway to Heaven





Led Zeppelin IV [DELUXE EDITION 2CD]Led Zeppelin
ジミー・ペイジによる超最新リマスターが切り拓く、新たな飛行船伝説! レッド・ツェッペリン・リイシュー・プロジェクト 第2弾として早くも歴史的名盤『レッド・ツェッペリンIV』、そして『聖なる館』が登場.....


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : イギリスのロックバンド ハード・ロック  ヘヴィメタル ブルース・ロック 70’s 

FC2スレッドテーマ : 洋楽ロック (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-494.html

2015/05/05 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ブラック・ドッグ(Black Dog)/レッド・ツェッペリン

   ↑  2015/04/02 (木)  カテゴリー: 1971年の洋楽
年度1971年昭和 46 年
作詞・作曲Jimmy Page
Robert Plant
John Paul Jones
ジミー・ペイジ
ロバート・プラント
ジョン・ポール・ジョーンズ
アーティストLed Zeppelinレッド・ツェッペリン

イギリスのロックバンド、レッド・ツェッペリンが1971年に発表した名盤『レッド・ツェッペリン IV』に収録された。全米チャート最高位15位まで記録された。
ハード・ロックはライヴがいいね!1976年に公開されたドキュメンタリー映画『レッド・ツェッペリン 狂熱のライヴ』ではレッド・ツェッペリンの代表作品が演奏された。

►ブラック・ドッグ(Black Dog)の歌詞はこちらから
Led Zeppelin ディスコグラフィー

Led Zeppelin - Black Dog





Led Zeppelin IV [DELUXE EDITION 2CD]Led Zeppelin IV 
Led Zeppelin
商品詳細を見る
ジミー・ペイジによる超最新リマスターが切り拓く、新たな飛行船伝説! レッド・ツェッペリン・リイシュー・プロジェクト 第2弾として早くも歴史的名盤『レッド・ツェッペリンIV』、そして『聖なる館』が登場.....


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : イギリスのロックバンド ハード・ロック ヘヴィメタル ブルース・ロック 70’s 

FC2スレッドテーマ : 洋楽ロック (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-487.html

2015/04/02 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ロックン・ロール(Rock and Roll)/レッド・ツェッペリン

   ↑  2015/03/29 (日)  カテゴリー: 1971年の洋楽
年度1971年昭和 46 年
作詞・作曲John Bonham
John Paul Jones
Jimmy Page
Robert Plant
ジョン・ボーナム
ジョン・ポール・ジョーンズ
ジミー・ペイジ
ロバート・プラント
アーティストLed Zeppelinレッド・ツェッペリン

ロックン・ロールは、イギリスのロックバンド、レッド・ツェッペリンが1971年に発表したアルバム『レッド・ツェッペリン IV』の収録された。このアルバムにはロック史に永遠と輝く名作「天国への階段」が収録されている。
この曲は翌年1972年にシングルで発表されている。

►ロックン・ロール(Rock and Roll)の歌詞はこちらから
Led Zeppelin ディスコグラフィー

Led Zeppelin - Rock And Roll





Led Zeppelin IV [DELUXE EDITION 2CD]Led Zeppelin IV 
Led Zeppelin
商品詳細を見る
ジミー・ペイジによる超最新リマスターが切り拓く、新たな飛行船伝説! レッド・ツェッペリン・リイシュー・プロジェクト 第2弾として早くも歴史的名盤『レッド・ツェッペリンIV』、そして『聖なる館』が登場.....


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : イギリスのロックバンド ハード・ロック  ヘヴィメタル ブルース・ロック 70’s 

FC2スレッドテーマ : 洋楽ロック (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-486.html

2015/03/29 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |