ブルームーンお勧めのオールディーズを動画で試聴【ポップ・ジャズ・ロック・映画音楽】歌詞・ダウンロード 




このページの記事目次 (カテゴリー: 1968年の洋楽

total 3 pages  次のページ →  



チキ・チキ・バン・バン(Chitty Chitty Bang Bang)/オリジナル・ブロードウェイ・キャスト

   ↑  2015/01/24 (土)  カテゴリー: 1968年の洋楽
年度1968年昭和 43 年
作詞・作曲Robert Sherman
Richard Sherman
ロバート・シャーマン
リチャード・シャーマン
アーティストOriginal Broadway Castオリジナル・ブロードウェイ・キャスト

チキ・チキ・バン・バン!とは1968年にイギリスで製作されたミュージカル映画に登場する車の名前である。主演はディック・ヴァン・ダイク(Dick Van Dyke)劇中でテーマ曲となったこの曲を子供らと一緒に歌った。
この男優さんはたしか1964年に製作されたメリー・ポピンズ(Mary Poppins)にも出演していました。
このテーマ曲を製作したのはシャーマン兄弟(ロバート・シャーマン、リチャード・シャーマン)である。このコンビはディズニー映画の楽曲を数多く手がけている。
1969年のアカデミー歌曲賞にノミネートされたが惜しくも受賞を逃している。この年の歌曲賞はバート・バカラックの『雨にぬれても』が受賞している。

►チキ・チキ・バン・バン(Chitty Chitty Bang Bang)の歌詞はこちらから
Musical ディスコグラフィー

Chitty Chitty Bang Bang Movie





チキ・チキ・バン・バン [Blu-ray]チキ・チキ・バン・バン [Blu-ray]
ディック・ヴァン・ダイク、サリー・アン・ハウズ 他
商品詳細を見る
夢見る発明家のポッツはポンコツ自動車のチキ・チキ・バン・バンを救い出し、手を加えて走らせることに成功する。二人の子供ジェレミーとジェニファーを乗せて海辺へ遊びに出かけた3人は途中、美しい女性トルーリーと出会い楽しい時間を過ごす。ところがポッツの空想癖がもとで海上に浮かぶヨットが、暴君ボンバースト男爵が乗るヨットに変身して……。


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカの映画男優 映画の主題歌 ミュージカル 

FC2スレッドテーマ : 今日の1曲 (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-478.html

2015/01/24 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

マッカーサー・パーク(MacArthur Park)/ドナ・サマー

   ↑  2013/06/02 (日)  カテゴリー: 1968年の洋楽
年度1968年昭和 43 年
作詞・作曲Jimmy Webbジミー・ウェッブ
アーティストDonna Summerドナ・サマー

マッカーサー・パークは1968年にイギリスの舞台俳優であるリチャード・ハリス(Richard Harris)が歌ったのが初めてのバージョンとなる。全米シングル・チャートで2位、全英で4位まで記録された。
リチャード・ハリスはイギリス映画『ハリー・ポッター』シリーズで校長先生役を演じていた。
この曲を書いた米国のカントリーシンガーソング・ライター、ジミー・ウェッブはフィフス・ディメンションのヒット曲ビートでジャンプ(Up, Up and Away)を提供したことで知られる。
1978年にアメリカの歌手ドナ・サマーがこの曲をカバー、リバイバル・ヒットとなったこの曲は全米シングル・チャートで1位を記録し大ヒットした。

►マッカーサー・パーク(MacArthur Park)の歌詞はこちらから
Donna Summer ディスコグラフィー

Donna Summer - McArthur Park





ドナ・サマー・ゴールドドナ・サマー・ゴールド
ドナ・サマー
商品詳細を見る
1970年代ディスコ・ブームの中、「ディスコ・クィーン」の名をほしいままにした女性シンガー、ドナ・サマー。本作は、2005年発表の2枚組ベスト・アルバム。大ヒット「ホット・スタッフ」「愛の誘惑」といった全盛期のヒット曲を収録。


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカの女性ポップ歌手 ディスコ ポップ・ロック 全米No.1ヒット 70’s  ドナ・サマー 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-387.html

2013/06/02 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ドック・オブ・ベイ((Sittin' On) The Dock of the Bay)/オーティス・レディング

   ↑  2013/05/22 (水)  カテゴリー: 1968年の洋楽
年度1968年昭和43年
作詞・作曲Otis Redding
Steve Cropper
オーティス・レディング
スティーヴ・クロッパー
アーティストOtis Reddingオーティス・レディング

ドック・オブ・ベイはアメリカのシンガーソング・ライター 、オーティス・レディングが1968年に発表したソウル・ミュージックである。アルバム『The Dock of the Bay』に収録されている。 1967年12月7日に録音を済ませ3日後に飛行機事故で帰らぬ人となりこの曲はオーティス・レディングにとって遺作となってしまった。オーティスの死後にこの曲が発表されて全米チャートで1位となった曲である。

►ドック・オブ・ベイ((Sittin' On) The Dock of the Bay)の歌詞はこちらから
オーティス・レディング ディスコグラフィー

Otis Redding - Sitting on the dock of the bay





ドック・オブ・ベイドック・オブ・ベイ
オーティス・レディング
商品詳細を見る
1967年に不慮の事故により26歳の若さでこの世を去ったオーティス・レディングの代表的作品。彼の死後に発表された第8弾アルバムで、全米No.1に輝いた名曲「ドック・オブ・ベイ」他を収録


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : シンガーソング・ライター ソウル R&B 全米No.1ヒット 60’s 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-385.html

2013/05/22 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

恋よさようなら(I'll Never Fall In Love Again)/ディオンヌ・ワーウィック

   ↑  2012/08/18 (土)  カテゴリー: 1968年の洋楽
年度1968年昭和 43 年
作詞Hal Davidハル·デヴィッド
作曲Burt Bacharachバート・バカラック
アーティストDionne Warwickディオンヌ・ワーウィック

邦題『恋よさようなら』アイル・ネバー・フォール・イン・ラブ・アゲインはバート・バカラック、ハル·デヴィッドの名コンビで制作されました。 1969年にはこの曲をディオンヌ・ワーウィックがコラボレーションし全英のシングルチャートで1位、全米アダルトコンテンポラリー部門でも1位を記録隣世界中で大ヒットしています。1970年度のグラミーで女性ベスト・ポップ・ヴォーカル賞をこの曲で受賞しました。

►恋よさようなら(I'll Never Fall In Love Again)の歌詞はこちらから
Burt Bacharach  ディスコグラフィー
Dionne Warwick ディスコグラフィー

Burt Bacharach - I'll Never Fall In Love Again





ベスト・プライス~バート・バカラック・ベストベスト・プライス~バート・バカラック・ベスト
バート・バカラック
商品詳細を見る
「遥かなる影」、「雨にぬれても」、「恋の面影」、「アルフィー」、「恋よ、さようなら」などなどの名曲を書いた、アメリカを代表する作曲家、バート・バカラックのベスト。


Dionne Warwick - I'll Never Fall In Love Again





グレイテスト・ヒッツ1962-1987グレイテスト・ヒッツ1962-1987
ディオンヌ・ワーウィック、スピナーズ 他
商品詳細を見る
「恋よ、さようなら」をはじめ、バート・バカラックの幾多の名曲のオリジナル・シンガーとして知られるポップ・シンガーのキャリアを集大成したベスト盤。ジャケはありきたりだが、セプター、アリスタなどレーベルを超えた選曲は{究極}にふさわしい。


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカの女性R&B歌手 R&B アダルト·コンテンポラリー インストゥルメンタル グラミー賞 全英No.1ヒット 60’s  バート・バカラック ディオンヌ・ワーウィック 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-247.html

2012/08/18 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ(Ob-La-Di, Ob-La-Da)/マーマレード

   ↑  2012/08/18 (土)  カテゴリー: 1968年の洋楽
年度1968年昭和 43 年
作詞・作曲John Lennon
Paul McCartney
ジョン・レノン
ポール・マッカートニー
アーティストThe Beatles
The Marmalade
ザ・ビートルズ
マーマレード

人生は続くよ!オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダはビートルズのレノン=マッカートニーのナンバー。1968年にリリースされた『ホワイト・アルバム』に収録されている。異国情緒あふれるリズミカルな曲調はロックンロールを基本とした彼らの作品のなかでは異端の作品である。日本でもお馴染みの曲であり、全米チャートでは49位にとどまっている。
同じ英国のマーマレードのカバーバージョンで全英シングルチャートで1位を記録している。

►オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ(Ob-La-Di, Ob-La-Da)の歌詞はこちらから
The Beatles ディスコグラフィー
The Beatles オフィシャルサイト

The Beatles - Ob-La-Di, Ob-La-Da





ザ・ビートルズザ・ビートルズ
ザ・ビートルズ
商品詳細を見る
"ビートルズが設立したアップル・レーベルからの第1弾アルバム。最初で最後の2枚組のオリジナル・アルバム。まっ白なジャケットから『ホワイト・アルバム』と呼ばれている。サイケデリック花盛りの当時としては、かえって新鮮である。チャック・ベリーの「バック・イン・ザ・U.S.A.」をパロディにしてビーチ・ボーイズ風コーラスを聴かせるオープニング・ナンバー


The Marmalade - Ob-La-Di, Ob-La-Da





BBCセッションズBBCセッションズ
マーマレード
商品詳細を見る
60年代後半にイギリスをはじめヨーロッパ諸国でも成功を収めたソフト・ロック・バンド、マーマレードのBBC出演時の録音を集めたコンピレーション。No.1ヒットとなった「オブ・ラ・ディ・オブ・ラ・ダ」をはじめジミ・ヘンドリックスもお気に入りだった「アイ・シー・ザ・レイン」、「リフレクションズ・オブ・マイ・ライフ」「ラヴィング・シングス」「ベイビー・メイク・イット・スーン」、「メルティング・ポット」など25曲とインタヴューを収録。


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : イギリスのロックバンド ソフト・ロック 全英No.1ヒット  ビートルズ 60’s 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-234.html

2012/08/18 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |