あれもこれも!!ザ・昭和の時代を駆け抜けたお勧めのオールディーズを動画でプレイバック!!!!


ワシントン広場の夜は更けて(Washington Square)/ヴィレッジ・ストンパーズ

年度1963年昭和38年
作詞・作曲Bobb Goldsteinn
David Shire
ボブ・ゴールドスタイン
デヴィッド・シャイア
アーティストThe Village Stompersヴィレッジ・ストンパーズ

バンジョーが奏でるクラシカルな演奏が印象的でやすらぎを覚える『ワシントン・スクエア』は、アメリカのディキシーランド・ジャズ・バンドがヴィレッジ・ストンパーズが1963年に発表、日本でも漣健児氏によって和訳されダニー飯田とパラダイスキングなど 多くのアーティストにカバーされ慣れ親しまれた楽曲である。
ニューヨーク・マンハッタン5番街に位置するワシントン・スクエア公園は,アメリカ合衆国、初代大統領ジョージ・ワシントンにゆかりの地としてよく知られている。公園の北側の正面には凱旋門がそびえ立つ。

►ワシントン広場の夜は更けて(Washington Square)の歌詞はこちらから
The Village Stompers ディスコグラフィー

The Village Stompers - Washington Square





(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-561.html

[ 2017/04/03 15:08 ] 60’s 1963年の洋楽 | TB(0) | CM(0)

グリーン・グリーン(Green Green)/ザ・ニュー・クリスティー・ミンストレルズ

年度1963年昭和38年
作詞・作曲Barry McGuire
Randy Sparks
バリー・マクガイア
ランディ・スパークス
アーティストThe New Christy Minstrelsザ・ニュー・クリスティー・ミンストレルズ

グリーン・グリーンはアメリカのフォーク・グループ「ニュー・クリスティー・ミンストレルズ」が1963年に発表した楽曲。低音で張りのある声で歌っているのはヴォーカルのバリー・マグワイアである。この曲は1960年から始まった反戦運動歌としてよく引用されている。この時期のアメリカの方向性(ベトナム戦争)が間違っていると若者たちが立ち上がり新天地を求めて定住しないヒッピイー族が横行した。「緑でいっぱいのグリーン・グリーン」とはその新天地を意味する。
家庭を持つ父親が長い旅に出る?パパがママに言ったグリーン・グリーンへ永遠の旅に出る。俺がいなくなっても悲しまないでくれ!.....解釈はさまざま、とらえ方も人それぞれであり戦争に出兵する父親の悲しい思い出ともとれる。

みなさんはよくご存じだろうが日本でも片岡 輝氏によって翻訳され合唱歌のレパートリーとして使われている。全部で7番まで歌詞があり歌詞は直訳されず大きく変えられ、何らかの理由でいなくなったパパと残された子供の会話が歌詞になっている。曲が進むにつれて胸がいっぱいになってくる。YouTube可愛い子供を残してパパはどこに行ってしまったんだろうか?

アメリカの内政上の問題で安部政権は安保法案を強行的に押し進めようとしている。なぜそんなに戦争が出来る国にしたいのだろうか?政治情勢や経済情勢が複雑に絡み日本の難しい立場に置かれている状況は解らない事はない。しかし同盟国のアメリカも戦争で大きな過ちを何度も繰り返しているのに日本は懲りずに一緒になって戦争の仲間に加わろうとしている。戦争をしない日本、他国の人々を傷つけない優しい日本人を多くの国民が望んでいるのを今の政権は分からないんでしょうか?もういい加減にアメリカにノー!と言って欲しい。日本は平和国家としての道を自分たちで決める時期が来たのではないでしょうか?戦争で幸せな家族からパパがいなくならないように.........

►グリーン・グリーン(Green Green)の歌詞はこちらから
►グリーン・グリーン(Green Green)の日本語歌詞はこちらから

The New Christy Minstrels - Green Green






 The New Christy Minstrels
 グリーン・グリーン
 男女混成10人組フォーク・コーラス・グループ、ニュー・クリスティ・ミンストレルズのベスト・トラックを中心とした楽しいフォーク・ソング集。アルバムタイトル曲の「グリーン・グリーン」は片岡 輝氏によって和訳の歌詞つけられNHKみんなのうたで放送された。それ以来、子供たちの合唱曲として歌われている。

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-521.html

[ 2015/08/07 23:54 ] 60’s 1963年の洋楽 | TB(0) | CM(0)

007 ロシアより愛をこめて(From Russia with Love)/マット・モンロー

年度1963年昭和38年
作詞・作曲Lionel Bartライオネル・バート
アーティストMatt Monroマット・モンロー

1963年にイギリスの小説家イアン・フレミングの原作を元に007シリーズ2作目となる『007 フローム・ロシア・ウィズ・ラヴ』が映画化された。この時の邦題は『007 危機一発』となっていた。日本で1972年にリバイバル公開され『ロシアより愛をこめて』に改められている。
♪異国の地で出会ったちあなたの事が出が忘れられない......007シリーズの作曲・音楽総指揮はジョン・バリーが行っているが、この主題歌の作詞・作曲はライオネル・バートが書いている。

►ロシアより愛をこめて(From Russia with Love)の歌詞はこちらから
Matt Monro ディスコグラフィー

Matt Monro - From Russia With Love






 007 製作50周年記念版
 ショーン・コネリー, ジョージ・レーゼンビー, ロジャー・ムーア
 007シリーズ製作50周年を記念して 初ブルーレイ化9作品を含む全22作品を完全収録した 究極のジェームズ・ボンドコレクション決定版!

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-512.html

[ 2015/07/07 20:45 ] 60’s 1963年の洋楽 | TB(0) | CM(0)

シャレード(Charade)/ヘンリー・マンシーニ

年度1963年昭和 38 年
作詞Johnny Mercer ジョニー・マーサー
作曲Henry Manciniヘンリー・マンシーニ
アーティストHenry Manciniヘンリー・マンシーニ楽団

アメリカの作曲家、ヘンリー・マンシーニの代表曲であるシャレードは、1963年オードリー・ヘプバーン、ケーリー・グラント主演のアメリカ・サスペンス映画『シャレード』で使われた。サントラではコーラスの部分が挿入され歌詞付となっている。
インスト以外、カバー曲ではマット・モンローやアンディ・ウィリアムスのバージョンがよく知られ、ランキングも36位まで記録されている。

►シャレード(Charade)の歌詞はこちらから
Henry Mancini ディスコグラフィー

Henry Mancini - Charade





ベスト・オブ・ヘンリー・マンシーニベスト・オブ・ヘンリー・マンシーニ
ヘンリー・マンシーニ
商品詳細を見る
「ムーン・リバー」「シャレード」「ひまわり」など数々の名曲を残した、スクリーン・テーマの巨匠ヘンリー・マンシーニのベスト・コレクション。聴けばあの名画のワン・シーンが目に浮かんでくるはず。


(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-473.html

[ 2014/12/08 14:22 ] 60’s 1963年の洋楽 | TB(0) | CM(0)

素晴らしき恋人たち(Wives and Lovers)/ジャック・ジョーンズ

年度1963年昭和 38 年
作詞Hal Davidハル・デビッド
作曲Burt Bacharachバート・バカラック
アーティストJack Jonesジャック・ジョーンズ

邦題は素晴らしき恋人たちワイブス・アンド・ラバーズはアメリカの歌手ジャック・ジョーンズが1963年に歌いヒットした曲である。制作はハル・デビッド、バート・バカラックの名コンビで書かれている。 全米シングル・チャートは14位、1964年ジャック・ジョーンズはこの曲でグラミーの最優秀男性歌唱賞を受賞した。ディオンヌ・ワーウィックのバージョンでもヒットした。

►素晴らしき恋人たち(Wives and Lovers)の歌詞はこちらから
Burt Bacharach ディスコグラフィー

Jack Jones - Wives and Lovers





バート・バカラック・プレゼンツ・スウィート・メロディーズバート・バカラック・プレゼンツ・スウィート・メロディーズ
オムニバス、ジーン・マクダニエルズ 他
商品詳細を見る
このアルバムは、オリジナルのボーカル・シリーズである。バカラック・ファンなら絶対買いの一枚!洗練されたおしゃれなメロディが今なお多くの人を引きつけるバカラックのレーベル/時代を超えた2枚組コンピ。カーペンターズ、ディオンヌ・ワーウィックなどおなじみの曲から........


(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-417.html

[ 2013/10/10 22:35 ] 60’s 1963年の洋楽 | TB(0) | CM(0)
全記事表示リンク
Tag List

サイト内キーワード検索

> tags
ロックンロール 50’s スイング・ジャズ アメリカのジャズバンド 60’s ブルース アメリカの男性シンガーソングライター エルヴィス・プレスリー 全米No.1ヒット 90’s ハードロック ディープ・パープル ラテン インストゥルメンタル 70’s ディスコ ポップ 映画で使われた曲 ポップ・ロック カントリー バブルガム・ポップ アメリカの男性ポップ歌手 イギリスのグループ ビージーズ 映画の主題歌 全英No.1ヒット イギリスのロックバンド 80’s アダルト·コンテンポラリー イギリスの男性ロック歌手 ビートルズ イージーリスニング デュエット曲 アメリカのポップ・デュオ ブルー・アイド・ソウル プログレッシブ・ロック ハード・ロック ニュー・ウェーヴ ニューエイジ カントリー・ロック イーグルス レゲエ R&B カンツォーネ フォーク・ロック ユーロ・ポップ アダルト・コンテンポラリー ブルース・ロック アメリカのロック・バンド ソウル ジャズ・ファンク フュージョン ブギウギ カーペンターズ ソフト・ロック グラミー賞 イギリスの女性シンガーソングライター アメリカの女性ヴォーカルグループ イギリスの女性歌手 カナダの女性ジャズ歌手 スムーズジャズ アメリカの女性シンガーソングライター スーパーグループ アメリカのフォークグループ AOR アメリカの男性ポップ・デュオ ファンク ダンス・ポップ マイケル・ジャクソン イギリスの男性歌手 シャンソン ミュージカル サイケデリック・ロック ジャズ・スタンダード アメリカの女性R&B歌手 アカデミー歌曲賞 40’s アメリカの女性ジャズ歌手 アメリカの女性ポップ歌手 クリスマスソング アメリカの男性ヴォーカルグループ ラテン・ポップ エルトン・ジョン イギリスの男性シンガーソングライター イタリアの男性歌手 ヘヴィメタル アメリカの男性カントリー歌手 バート・バカラック アメリカの女性歌手 アメリカのロックバンド ブラス・ロック シカゴ ダンス アメリカの男性R&B歌手 CMソング アメリカの作曲家 ビッグバンド アメリカのファンクグループ ゴスペル フランク・シナトラ ディズニー・ソング ヒップホップ アメリカの男性ロック歌手 ロカビリー ガールズバンド ジャズ・ファンク アカペラ アメリカのヴォーカルグループ ビー・ジーズ マリリン・モンロー アメリカの映画女優 モータウン グラム・ロック アート・ロック クイーン パンク・ロック アメリカの女性カントリー歌手 アントニオ・カルロス・ジョビン ボサノヴァ アンディ・ウィリアムス ダイアナ・ロス イギリスの男性ポップ・デュオ アメリカの男性R&Bボーカルグループ ドゥーワップ オーストラリアの女性歌手 オリビア・ニュートン・ジョン ダスティ・スプリングフィールド イギリスの女性ソウル歌手 サイケデリック・ポップ グロリア・エステファン フランキー・ヴァリ アメリカのR&Bボーカルグループ アメリカの男性ジャズ歌手 スプリームス 日本でリメイクされた曲 フレンチポップス イギリスの女性ポップ歌手 イギリスの女性ヴォーカルグループ アメリカの女性ボーカルグループ アメリカのジャズ・ピアニスト レイ・チャールズ ディオンヌ・ワーウィック ロッド・スチュワート イギリスのヴォーカルグループ マドンナ ジョン・レノン サイモン&ガーファンクル ナット・キング・コール イギリスの男性ポップ歌手 フォーク ルイ・アームストロング ディキシーランド・ジャズ ワルツ アメリカの男性ボーカルグループ チャック・ベリー ア・カペラ ラテン・ロック グレン・ミラー エラ・フィッツジェラルド 浅川マキ トニー・ベネット TVのテーマ曲 アメリカの男性歌手 ベニー・グッドマン ブルーノート ファンキー・ジャズ ソウル・ジャズ ブラジルの女性ジャズ歌手 ローズマリー・クルーニー ブラジルの男性シンガーソングライター イージー・リスニング フランスのシャンソン歌手 ジュリー・ロンドン イギリスの女性R&B歌手 ダイアナ・クラール アメリカのミュージカル女優 アストラッド・ジルベルト コール・ポーター