ブルームーンあれもこれも!!ザ・昭和の時代を駆け抜けたお勧めのオールディーズを動画でプレイバック!!!! 

このページの記事目次 (タグ: 40’s の検索結果)

← 前のページ  

誰かが誰かを愛してる(Everybody Loves Somebody)/ディーン・マーチン

   ↑  2009/05/05 (火)  カテゴリー: 1940年代の洋楽
年度1947年昭和 22 年
作詞Irving Taylorアーヴィング・ティラー
作曲Ken Laneケン・レーン
アーティストDean Martinディーン・マーチン

今夜は1964年ディーン・マーチンの代表曲「エブリバディ・ラブズ・サムバディ・サムタイム」邦題は「誰かが誰かを愛してる」のご紹介です。
1947年アメリカのソング・ライター、ケン・レーンによって曲が書かれ歌詞はアーヴィング・ティラーが書いています。
ジャジーにアレンジされ、ゆっくりとしたテンポで歌われた彼のナンバーは全米シングル・チャートで1位を記録、8週間もの間チャートに記録され大ヒットしました。
アメリカではディノの愛称で親しまれているディーン・マーチンはイタリア系アメリカ人、映画俳優。1950年代後半から1960年代にかけてフランク・シナトラ、サミー・デイヴィスJr、とともに歌や映画で活躍したアメリカを代表するエンターテイナーです。
代表する映画作品に1959年ジョン・ウェイン、リッキィー・ネルソンと共演した西部劇「リオ・ブラボー」や1983年バート・レイノルズ、ジャッキー・チェン、と共演したアクション・コメディーの「キャノンボール」などがあります。
彼は1995年12月25日に78歳で他界しています。

►誰かが誰かを愛してる (Everybody Loves Somebody Sometime)の歌詞はこちらから
Dean Martin ディスコグラフィー
Dean Martin imdb

Dean Martin - Everybody Loves Somebody Sometime





ディーノ ジ・エッセンシャル・ディーン・マーティンディーノ ジ・エッセンシャル・ディーン・マーティン
ディーン・マーティン
商品詳細を見る
アメリカが誇るヴォーカリスト。ビートルズを抑えて全米1位となった「エヴリボディ・ラブズ・サムバディ」をはじえめ、49~69年までのヒット曲を収録。
関連記事

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカの男性ポップ歌手 ジャズ・スタンダード アダルト・コンテンポラリー 全米No.1ヒット 40’s 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-121.html

2009/05/05 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ブラック・コーヒー(Black Coffee)/サラ・ヴォーン

   ↑  2008/06/22 (日)  カテゴリー: 1940年代の洋楽
年度1948年昭和 23 年
作詞Paul Francis Websterポール・フランシス・ウェブスター
作曲Sonny Burkeソニー・バーク
アーティストJulie London
Sarah Vaughan
ジュリー・ロンドン
サラ・ヴォーン

ブラック・コーヒーは1948年にアメリカの歌手サラ・ヴォーンで初めて記録されている。1956年にはペギー・リーがサラ・ヴォーンのバージョンをカバー、リバイバルヒットをしています。
この曲を作曲したソニー・バークはディズニーアニメ『わんわん物語(Lady and the Tramp)』の作曲を手掛けたことでも知られています。作詞家ポール・フランシス・ウェブスターは1955年に公開されたアメリカ映画『慕情(Love Is a Many Splendored Thing)』の主題曲となった歌詞を書いた人物であります。
やはり私の一押しのバージョンはアメリカのジャズ歌手であるジュリー・ロンドン! お色気と哀愁をかもし出すジュリーのハスキーな声はどんなアーティストも真似ができるものではありません。 

►ブラック・コーヒー(Black Coffee)の歌詞はこちらから。 
Julie London ディスコグラフィー
Sarah Vaughan ディスコグラフィー

Sarah Vaughan - Black Coffee





ベスト・オブ・サラ・ボーンベスト・オブ・サラ・ボーン
サラ・ヴォーン
商品詳細を見る
90年に肺ガンで逝去したジャズ・ヴォーカルの女王サラ。CBS専属時代(49~50年)と,70~80年代に再び同レーベルに録音(371216)した音源からのベスト選曲。これぞCDの原題{ディス・イズ・ジャズ}! 168はマイルスの貴重な歌伴参加トラック。


Julie London - Black Coffee





アラウンド・ミッドナイト(紙ジャケット仕様)アラウンド・ミッドナイト(紙ジャケット仕様)
ジュリー・ロンドン
商品詳細を見る
囁きかけるハスキー・ヴォイスに身も心も溶けてしまいそうなロンドンの、リバティにおける最高傑作をノルバーグのリマスターで。お洒落なデザインのジャケットだけでも持っている価値あり。


ブラック・コーヒーブラック・コーヒー
ペギー・リー
商品詳細を見る
’50年代中期の録音。デビュー→結婚→引退→カムバック→離婚とまあ波乱万丈の人生経験の後という時期にあたり,歌手としてもスケールアップしたところを聴かせてくれる。ジャズ歌手としての,彼女の魅力がつめこまれた作品だ。ペギーの最高傑作です。
関連記事

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカの女性ジャズ歌手 ジャズ・スタンダード 40’s ジュリー・ロンドン サラ・ヴォーン  

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-26.html

2008/06/22 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。