ブルームーンあれもこれも!!ザ・昭和の時代を駆け抜けたお勧めのオールディーズを動画でプレイバック!!!! 

このページの記事目次 (タグ: ロカビリー の検索結果)

total 2 pages  次のページ →  

月影の渚(Moon-Light Swim)/エルヴィス・プレスリー

   ↑  2014/08/12 (火)  カテゴリー: 1950年代の洋楽
年度1957年昭和 32 年
作詞・作曲Ben Weisman
Sylvia Dee
ベン・ワイズマン
シルビア・ディー
アーティストElvis Presleyエルヴィス・プレスリー

常夏のハワイに行きたいね!ハワイ島のイメージを凝縮した曲ムーンライト・スイムのオリジナルはアメリカの歌手ニック·ノーブル(Nick Noble)が1957年に発表している。全米シングルチャートは37位まで記録された。
同じ年アメリカの映画俳優、アンソニー・パーキンスがこの曲をカバー、24位までランキングされオリジナルを超えている。
やはり最も知られているのはエルヴィス・プレスリー(Elvis Presley)がこの曲を1961年のアメリカ映画『ブルー・ハワイ』でこの曲を歌った事だろう。この映画のサウンドトラック・アルバムは20週間連続1位の記録を残している名盤だ。
※アンソニー・パーキンスは、ヒッチ・コック監督の『サイコ』ノーマン・ベイツ役で主演を演じたことでもよく知られている。

►月影の渚(Moon-Light Swim)の歌詞はこちらから
Elvis Presley ディスコグラフィー

Elvis Presley - Moonlight Swim





「ブルー・ハワイ」ブルー・ハワイ
エルヴィス・プレスリー
商品詳細を見る
エルヴィス・プレスリー8作目の出演映画のサウンドトラック。全米アルバム・チャート20週間連続1位を記録した大ヒット・アルバム。テーマ曲「ブルーハワイ」やハワイアンを取り入れた「ハワイアン・ウエディング・ソング」「ロカ・フラ・ベイビー」など収録
関連記事

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカの男性ロック歌手 ロカビリー ロックンロール  映画で使われた曲 60’s エルヴィス・プレスリー 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-458.html

2014/08/12 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

フジヤマ・ママ(Fujiyama Mama)/ワンダ・ジャクソン

   ↑  2013/12/24 (火)  カテゴリー: 1950年代の洋楽
年度1954年昭和 29 年
作詞・作曲Earl Burrowsアール・バローズ
アーティストWanda Jacksonワンダ・ジャクソン

♪ナガサキ、ヒロシマ、フジヤマ!.......ご機嫌な曲である。この曲のオリジナルは,1954年にアメリカの黒人ブルース歌手アニスティーン・アレン(Annisteen Allen)が歌っている。 1957年にアメリカのカントリー・ミュージック出身で、女性で初のロックンロール歌手となるワンダ・ジャクソンがカバー。 彼女のバージョンがよく知られ、日本でも多くの歌手にカバーされ歌われている。

►フジヤマ・ママ(Fujiyama Mama)の歌詞はこちらから
Wanda Jackson ディスコグラフィー

Wanda Jackson - Fujiyama Mama





ワンダ・ジャクソン、エルヴィスを唄うワンダ・ジャクソン、エルヴィスを唄う
ワンダ・ジャクソン
商品詳細を見る
クイーン・オブ・ロカビリー健在!!"フジヤマ・ママ"などのヒット曲で知られる御年69歳のワンダ・ジャクソンがキング・オブ・ロックンロールことエルヴィス・プレスリーをゴキゲンにカヴァー!!さらにはオリジナル曲「エルヴィスの指輪」も収録され、その上ブックレットにはレアな写真とエルヴィス・コステロによる....
関連記事

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカの女性カントリー歌手 ロックンロール ロカビリー 50’s 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-425.html

2013/12/24 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

悲しき街角(Runaway)/デル·シャノン

   ↑  2012/08/24 (金)  カテゴリー: 1961年の洋楽
年度1961年昭和 36 年
作詞・作曲Del Shannon
Max Crook
デル·シャノン
マックス·クルック
アーティストDel Shannonデル·シャノン

ランナウェイはアメリカ、ミシガン州出身のロックンロール歌手デル·シャノンが歌い1961年全米ヒットチャートで1位となり大ヒットした曲です。 日本でもシャノンの名はよく知られ、花咲く街角(Hats Off To Larry)、さらば街角(So Long Baby)邦題に街角というタイトルが多く通称、街角男としてよく知られています。また和訳されたこの曲をリメイクし飯田久彦や柳ジョージによって歌われています。

►悲しき街角(Runaway)の歌詞はこちらから
Del Shannon ディスコグラフィー

Del Shannon - Runaway





ザ・ベリー・ベスト・オブ・デル・シャノンザ・ベリー・ベスト・オブ・デル・シャノン
デル・シャノン
商品詳細を見る
61年のデビュー・シングル「悲しき街角(ランナウェイ)」でアメリカ、イギリス、そして日本でも大ヒットし、華々しいデビューを飾った。その「悲しき街角」を初め、レノン、マッカートニー作品の初のアメリカにおけるヒットになった.....
関連記事

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカの男性シンガーソングライター ロカビリー ロックンロール 全米No.1ヒット 全英No.1ヒット 60’s 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-332.html

2012/08/24 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ハートブレイク・ホテル(Heartbreak Hotel)/エルヴィス・プレスリー

   ↑  2010/12/27 (月)  カテゴリー: 1950年代の洋楽
年度1956年昭和31年
作詞・作曲Mae Boren Axton
Thomas Durden
Elvis Presley
メイ・ボーレン・アクストン
トーマス・ダーデン
エルヴィス・プレスリー
アーティストElvis Presleyエルヴィス・プレスリー

エルヴィス・プレスリー1956年に発表された『ハートブレイク・ホテル』彼にとっての出世曲でもある。またプレスリー代表曲であり初の全米ビルボード・シングル・チャート(ホット100)で1位となった記念すべき曲だ。 メンフィスのインディーズ・レーベル・サンからRCAレコードへ移籍後初のシングル・リリースでもあった。 日本でもカバーされ小坂一也がこの曲を日本語で歌っていた。

►ハートブレイク・ホテル(Heartbreak Hotel)の歌詞はこちらから
Elvis Presley ディスコグラフィー

Elvis Presley - Heartbreak Hotel





MEGAエルヴィス~エルヴィス・プレスリー・エッセンシャル・コレクションMEGAエルヴィス~エルヴィス・プレスリー・エッセンシャル・コレクション
エルヴィス・プレスリー
商品詳細を見る
生きていれば今年60歳のエルヴィスの
エッセンスを集めたCD。R&Rのキングの歴史を知るには最適と言える。若々しさがいっぱいの時代から歌の巧さでジックリ聴かせた晩年まで,これ1枚でOKみたいなお徳用盤だが,中身の濃さも保証しておきたい。


Elvis 30 No. 1 HitsElvis 30 No. 1 Hits
Elvis Presley
商品詳細を見る
没後25年を記念した、30曲に及ぶ全米、全英のNo.1ソング集で、エルヴィスとビートルズ(2000年)だからこそ可能な企画盤だ。No.1の規定に関しては異議があるが、いずれにしろロック・ファンならば知っておきたい超有名曲が数多く収録されている
関連記事

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : ロカビリー ロックンロール カントリー 全米No.1ヒット  50’s エルヴィス・プレスリー 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-249.html

2010/12/27 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

踊りに行こうよ(At The Hop)/ダニー&ジュニアーズ

   ↑  2010/12/11 (土)  カテゴリー: 1950年代の洋楽
年度1957年昭和 32 年
作詞・作曲A.Singer
J.Medora
D.White
A.シンガー
J.メドラ
D.ホワイト
アーティストDanny & The Juniorsダニー&ジュニアーズ

邦題は「踊りに行こうよ」アット・ザ・ホップは1957年にダニー&ジュニアーズのヒット曲です。全米シングル・チャートで1位を獲得。このころのアメリカではロックンロールやロカビリーの全盛期で日本にも数多くのヒット曲が紹介されました。
 お馴染みの1973年アメリカ映画『アメリカン・グラフティ』のステージ演奏で「フラッシュ・ キャデッラック・ アンド ・ザ・ コンチネンタル・ キッズ」がこの曲を歌っているシーンがありました。

►踊りに行こうよ(At The Hop)の歌詞はこちらから
Danny & The Juniors ディスコグラフィー

At the Hop - Danny & The Juniors (1958)





Club Disney スーパーダンシン・マニア~アメリカン・オ-ルディーズClub Disney スーパーダンシン・マニア~アメリカン・オ-ルディーズ
ディズニー、ダニーとジュニアーズ 他
商品詳細を見る
東京ディズニーランドで開催されたイベント「Club Disney スーパー・ダンシン・マニア」の音楽を収録したコンピレーション盤を低価格再発売。


Flash Cadillac and the Continental Kids - At The Hop





アメリカン・グラフィティ ― オリジナル・サウンドトラックアメリカン・グラフィティ ― オリジナル・サウンドトラック
サントラ、テンポズ 他
商品詳細を見る
オールディーズ満載の73年公開米青春映画の決定版『アメリカン・グラフィティ』。映画使用曲をすべてオリジナル・マスターで完全収録した本サントラは、2枚組でヴォリュームたっぷり。


アメリカン・グラフィティ 【プレミアム・ベスト・コレクション1800】 [DVD]アメリカン・グラフィティ 【プレミアム・ベスト・コレクション1800】
リチャード・ドレイファス、ハリソン・フォード 他
商品詳細を見る
高校を卒業し、翌日には都会の大学へ旅立つことになっているカート(リチャード・ドレイファス)とスティーブン(ロン・ハワード)は、高校生活最後の夜を思いっきり楽しもうと、いつものたまり場にやってくる。そこには、仲間のテリー(チャールズ・マーティン・スミス)や、走り屋ジョン・ミルナー(ポール・ル・マット)も集まってきていた。奨学金をもらい、大人の期待を背負って進学するカートは、大学に行かずこのまま街に残ろうかと悩み、一方でスティーブは......
関連記事

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカのR&Bボーカルグループ ロックンロール ドゥーワップ ロカビリー 全米No.1ヒット 映画で使われた曲 50’s 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-243.html

2010/12/11 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。